インドネシア進出支援ブログ/東京コンサルティンググループ

毎週火曜日更新
TCFのインドネシア駐在員より、現地から生の情報を発信し、インドネシア進出をサポートいたします。

KBLIコードの新旧について

2018年02月06日 10時14分06秒 | インドネシアの法務

いつもお世話になっております。東京コンサルティングの早川でございます。インドネシアの日系企業様からいただいた、KBLIコードに関するご質問をご紹介します。

 

<KBLIコードとは>

投資調整庁(BKPM)が発令しているネガティブリスト上で用いられる、各種ビジネス内容を表した番号(コード)のことです。このコード(つまり事業内容)によって、インドネシアで外資規制があるかどうかが分かります。

 

<ご質問>

 法務関連の書類を見ていましたところ、それぞれの書類でKBLIコードが異なっていることに気づきました。どうやら、IU(BKPMからの営業許可)では2016年の法令にあわせたKBLIコードなのですが、TDP(市役所への会社登録証)には2014年の法令にあわせた古いKBLIコードが記載されているようです。

 どのように処理したらよいでしょうか。

 

<回答>

 貴社のビジネスが最新のKBLIコードでいうとどれなのかを確認し、それにあわせる必要があります。IU上のKBLIコードと実際の事業内容が合致していれば、TDPのみを最新のKBLIコードに訂正するだけです。

しかしIU上のKBLIコードがそもそも実際の事業内容と合致していない、ということが起きた場合にはBKPMの登録情報から変更していく必要がございます。

また、TDP上のKBLIコードが古いということは、TDPの期限が切れている可能性がございます。TDPは基本的に5年に1回の更新となりますので、更新がされていないため古いKBLIコードが記載されている可能性が高いです。今一度御確認ください。

 

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 就業規則における法令・慣習 | トップ | 就業規則における法令・慣習2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

インドネシアの法務」カテゴリの最新記事