東京コンサルティンググループ インド事業ブログ

毎週月曜日更新
インド駐在員から最新情報をお届けします。~グルガオン・バンガロール・チェンナイ・プネ・ムンバイ~

Wiki Investment


 

~就業規則の作成ついて④~

2017年10月27日 | インドの労務

皆さん、こんにちは。

 

デリー駐在員の武田です。

 

 本日の話題は、就業規則の作成について③です。

さて、今回から、EMPLOYEE POLICYの記載内容について確認していきます。

 

①採用の流れ

 

 ここでは、採用の手順について記載される必要があります。具体的は、採用面接の回数、面接官は、どのポジションなのか。など採用に関わる全てです。

 

②入社時に従業員へ実施する事項

 

 例えば、従業員への貸与品、ネームプレートなど支給。また、会社の一般的なルールも入社時に説明する必要があります。HRが対応する箇所かと思いますが、その際のルール、方法などを就業規則に明記しておくと良いでしょう。

 

③試用期間

 

 会社において、試用期間がどのように捉えられているかが異なります。例えば、一般的な例としては、Sick Leave以外の休みは取得できない。などのルールが存在したり、試用期間は給与が低い。また、試用期間の延長について等です。雇用に関する部分は従業員と揉め易い部分ですので、就業規則にきちんと記載し、定義づけておく必要があります。

 

本日は以上です。

 

東京コンサルティングファーム

武田 麻利奈

 


 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報を基に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び弊社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Private Limitedは、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。

 

コメント

~2016年・2017年の労働法改正について ~

2017年10月27日 | インドの労務

皆さん、こんにちは。

チェンナイ駐在員の中村です。

 

先週はDiwaliの話をしました。

今週はちょっと気を引き締めて、2016年~2017年間に改正・追加された労働法を見ていこうと思います。

 

ちなみにインドでは労働法が次から次へと改正されていきますね。

人事担当者様はインド人HRマネージャーと協力し、政府からの通達を見逃さないようにすること、就業規則が最新の改正案の規定に則っているかを定期的に確かめる姿勢が必要ですね。

 

それでは法律毎に改正点や追加項目を箇条書きします。

 

児童労働法改正(Child Labour Amendment Act, 2016)改正

 

2016年7月30日より児童労働法改正案が有効になりました。14歳以下の児童が就業することを禁止しています。具体的な変更点は下記の通りです。

 

・児童が放課後に家族の手伝いをする場合を除き、その他全業種への従事禁止

・同規定を不履行の場合、半年から2年間までの禁固刑とINR 20,000 ~50,000の罰金

 

産休育休法(Maternity Benefit Amendment Act, 2017)改正

 

2017年3月28日よりMaternity Benefit (Amendment) Act, 2017が改正施工されました。

 

・出産回数が2回以下の女性の産休日数が従来の12週から26週に増加(出産予定日の8 週間前から取得可能)

・出産回数が3回を超える女性の産休日数は12週(出産予定日の6 週間前から取得可能)

・従業員を50名以上雇用する職場における託児所施設の設置規定と、母親の1日4回までの託児施設訪問可

・代理母への12週の産休と、養母への乳児引受日から12週の育休付与

・雇用者は女性従業員の雇用時に書面かメールにて産休育休制度を知らせる義務有

 

従業員補償法(The Employee’s Compensation Amendment, 2016)改正案

 

2016年8月9日に同法改正案が提出され、認可待ちとなっています。改正案は下記です。

・雇用者は従業員雇用時に同法の規定を説明する必要があり、怠った場合はINR 50,000~ 100,000の罰金

・雇用者がCommissionerの命令に対して上訴する場合、従業員への支払を一時的に保留するという規定の削除

 

従業員国家保険法(The Employees' State Insurance Central) Amendment Rules, 2016)改正

 

同法は2016年度6月より4度目の改正に至りました。

 

・日給がINR137に満たない従業員の負担額が全面免除

・同法適応後、最初の2年間は雇用者負担分が賃金の3%、従業員負担分が賃金の1%

・保険対象者の賃金上限がINR 15,000 から21,000に変更

・養母と代理母まで保険対象者が拡大適応

 

店舗および施設法(Model Shops and Establishments Bill, 2016)改正案

 

店舗および施設法の改正案が全州に交付されました。当改正の目的は州毎に異なる同法規定を一本化することで、労働環境の単一化とビジネス環境の簡易化を図り、雇用を創出することです。

                                       

・同法は製造業者を除く従業員が10名以上の施設にのみ適用

・365営業日において営業時間を任意に設定可能

・女性用休憩室を完備した店舗及び施設内にて、移動時の安全性が確保される条件の基、女性の深夜労働を許可

・雇用、訓練、昇進等で女性に対する差別的待遇を禁止

・法定休日に加えて5日間の祭日有給休暇の付与

・ITや生物工学、研究開発に従事する特定技能者は1日9時間、週48時間、4半期毎に残業時間125時間とする勤務時間規定の適用外

 

 

本日は以上です。

 

 

東京コンサルティングファーム

中村 匠吾

 


 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報を基に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び弊社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Private Limitedは、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。

 

コメント

目標管理制度運用上のポイント②

2017年10月27日 | インドの労務

皆様 こんにちは

インドムンバイ駐在員の谷川です。

 

早速ですが、先週は目標管理制度を実施したときに散見される問題点や注意点を確認しました。

それは例えば、下記の点でしたね。

 

1、 目標内容が明確でない

2、 指標が明確でない

3、 アクションプランが明確でない

4、 責任分担が明確でない

 

今週は先週に続き、具体的な解決策をステップ毎に見ていきましょう。

一般的な目標管理制度構築のステップは下記の通りです。

 

Step1:バランススコアカード(BSC)の視点で会社目標を網羅する

Step2:各目標に対して達成度を測る指標を設ける(KPIの設定)

Step3:指標に対して今期の目標数字を決定する

Step4:決定した目標/KPI/目標数字を担当部署へ振り分ける

Step5:各部署でさらにKPIをブレークダウンできるかどうか確認しKPIを追加する

Step6:各部署のアクションプランを決定する

Step7:アクションブランの責任分担を決定する

Step8:定期的(毎月/四半期/半期など)にアクションプランをレビューする

 

<Step1:バランススコアカード(BSC)の視点で会社目標を網羅する>

バランススコアカード(BSC)とは戦略経営のためのマネジメントシステムで、財務評価だけではなく顧客や人材など非財務評価を加えて多角的な指標から会社業績を評価する指標です。

つまりBSCの活用により会社ビジョンや目標達成のために会社としてすべきことを可視化することができます。

多くの企業は翌期の予算を組み立てる際に会社目標とブレークダウンされた目標(=部署目標)を作成されていますので、BCSの視点から目標の抜け漏れを行うと良いです。

 

<Step2:各目標に対して達成度を測る指標を設ける(KPIの設定)>&

<Step3:指標に対して今期の目標数字を決定する>

Step1で決定した目標に対して、達成度を測るための指標を設定し、今期の数値目標を設定します。

 

<Step4:決定した目標/KPI/目標数字を担当部署へ振り分ける>&

<Step5:各部署でさらにKPIをブレークダウンできるかどうか確認しKPIを追加する>

 

Step2、3で決定したKPIと目標数字は会社としてのものであるため、それらを関連部署へ振り分けます。

各部署では与えられた目標を達成するためにStep3以外に考えられるKPIを設定します。

 

例えば販売増の場合、会社目標では販売数前年比のみを指標としていても、営業部では見積件数や新規訪問件数も指標として考えられます。

各部署で補足すべきKPIと目標数値が決定した後に各社員へそれらを振り分けることになります。

上述の通り、ここまではマネジメントが決定すべきポイントとなります。

 

 

<Step6:各部署のアクションプランを決定する>

アクションプランを決定する際には下記のポイントに従うことが重要です。

・すぐに実行できる具体的な行動である

・実行可能な行動である

・実行頻度、実行量を明確にする

・これまでの行動より改善された行動もしくは革新的行動

 

<Step7:アクションブランの責任分担を決定する>

RACIと呼ばれるフレームワークを活用しても良いでしょう。

・Responsible(実行責任者)

実際の作業を行う役割。複数存在することもある(チームで作業する場合)。

・Accountable(説明責任者)

作業の完了を承認し、全体に責任を負う役割。A は常に1つとすべきである。

・Consulted(協業先)

作業遂行に必要な情報や能力をもっている役割。双方向のやりとり(通常、R と C の間)がある。

・Informed(報告先)

進捗と成果について報告を受ける役割。一方向のやりとり(通常、R から I へ)がある。

 

 

今週は以上となります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

東京コンサルティングファーム

谷川 千裕

 

 


 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報を基に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び弊社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Private Limited, Tokyo Consulting Firm Human Resources Private Limited)は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。

 

コメント

~インド支店化と在庫販売~

2017年10月27日 | インドの経営

皆さま、こんにちは。

バンガロール支店マネージャーの坂本です。

 

日頃お客様から寄せられるご質問につきまして、Q&A形式でお答えしていきたいと思います。

今週は、支店化と在庫販売に関連したテーマにてお話していきます。

 

《質問内容》

インドにおいて駐在員事務所を閉鎖し、現地法人化、若しくは、支店化を検討しています。

支店化を選択した場合は、業務内容にも制限があるようですが、例えば弊社が現地で製品を在庫販売することは可能でしょうか??(この場合、自社で倉庫を構えるのか、物流会社の倉庫を借りるのか等は別途検討を致します。)

主に、日本本社から円建てで輸入を行い、自社倉庫、若しくは物流会社から間借りした倉庫にて在庫を受け入れ、インド国内での販売を行いたいと考えています。まずは在庫販売の可否と留意点についてご教示いただければ幸いです。

 

《回答》

結論としては、製造を伴わない本社製品の在庫販売に限り可能となります。(SEZ内に支店を設立する場合は、例外あり)

支店で認められている活動範囲には、物品の輸出入もこれに含まれます。支店形態では製造行為は認められていませんから、材料などを国外から輸入してインド国内でなんらかの加工を加えるなどの行為は認められていません。

支店名義で行う輸入品は本社の製品に限定され、インド国内で調達した物品の国内での再販売は禁止されています。

したがって、物品の輸出入が認められている以上、自社倉庫、もしくはレンタル倉庫のいずれにおいても一定の条件のもと在庫を保有して頂く事は可能とされます。また、通関申告書(Bill of Entry)は、支店の名義にて行うこととなりますので、本社との売買契約に基づき、インド国内へのユーザーへ在庫販売を行うことは可能かと思います。

 

弊社では、会計・税務、人事労務、行政の対応まで幅広くサポートを行っております。

個別のご相談等ございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

 

今週は、以上です。

 

東京コンサルティングファーム

坂本 佳代

 


 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報を基に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び弊社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Private Limited, Tokyo Consulting Firm Human Resources Private Limited)は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。

コメント

~弊社で毎月行われる勉強会について~

2017年10月27日 | インドの経営

皆さま、こんにちは。

デリーの久野です。

本日は、弊社で毎月行われております勉強会について紹介致します。

 

ご存じない方も多いかもしれませんが、弊社では毎月全拠点で勉強会が行われています。

人事労務関連のものから会計税務関連のものと毎月違うテーマにて開催しております。

 

-インドの会計基準が分からなくて。

-税務申告について教えてほしい。

-今年からインド人を雇おうと思うんだけどどうしたらいいのかわからない。

-セクハラ騒ぎが起きてしまって。

 

日々多くのご相談を頂く中で、是非これは多くの方に知って頂きたいと思うものをテーマに選んでおります。

 

今月のテーマは、

・会社法とコンプライアンスについて

・GSTの申告と実務上の変更点について

・人事制度の全体像とポイント

 

今月より、各拠点にいるインド人会計士とともに勉強会を開催するようになりましたので、是非インド人担当者の方とともにご出席頂ければと思います。

 

予めご連絡頂ければテーマについてご指定頂く事も可能でございますので、ご連絡頂ければと思います。

 

また、弊社では、会計・税務、人事労務、行政の対応まで幅広くサポートを行っております。

個別のご相談等ございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

 

東京コンサルティングファーム

久野未稀

 


 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報を基に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び弊社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Private Limited, Tokyo Consulting Firm Human Resources Private Limited)は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。

コメント

赴任前の手続き

2017年10月27日 | インドの法務

こんにちは、デリー駐在員の清水です。

本日も、皆様から頂くご質問にQ&A形式でお答えしていきます。

 

質問

初めてインドに駐在員(取締役)を送ります。

赴任前に行うべき手続きについて教えて下さい。

 

回答

・就労ビザの取得:書類提出後3週間程

・PANの取得*:申請後3週間程(PANカードは、申請住所に郵送される。)

・PAN付きDSCの取得*:PAN取得後申請を行い3週間程(インドではE-Filingが近年推奨されているため、通常のDSCではなく可能であればPAN付きDSCの取得をした方が法人税の確定申告等にも使用でき実用的である。)

・DINの取得*(代表取締役もしくは取締役に就任する方のみ):申請後1日

・社宅の確保*:ニューデリー日本人学校からのスクールバス停車地区に関しては、【http://ndjs.org/】よりスクールバスのタブを参考。

 

赴任の手続き、赴任後の手続き等、弊社でサポートしておりますので、

赴任の際にご不明な点が御座いましたら、お気軽にご連絡下さい。

 

本日は以上です。

 

会社名 東京コンサルティングファーム

名前 清水 啓良

 


 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報をもとに、最新の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。該当情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び当社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co., Ltd.)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承ください。

コメント

~就業規則の作成ついて③~

2017年10月20日 | インドの労務

皆さん、こんにちは。

 

デリー駐在員の武田です。

 

 本日の話題は、就業規則の作成について③です。

さて、前回に引き続き、COMPANY POLICYの記載内容について確認していきます。

 

⑤セクシャルハラスメント規定

 

 インドにおいては、近年女性の就労者が増加しています。それに伴い職場でセクハラの被害に遭遇する女性の数も増加しています。その防止の為、女性従業員が1名以上在籍する企業においては、セクシャルハラスメント規定を作成する必要があります。また、セクシャルハラスメント委員会を設置する必要があり、その過半数は女性で構成されなければなりません。就業規則内には、先に述べたセクシャルハラスメント委員会のメンバーと実際に、セクハラが発生した場合どのようにしてその問題を解決するのか(情報伝達の方法)についても併せて記載する必要があります。このルールは見落としがちな部分ですが、実際に何かが起きてからでは、遅いので早急に整備を進める必要があります。

 

⑥道徳(社員としてあるべき行動や態度)

 

 社員としての理想の姿を説明する部分です。会社として、従業員に何を求めるのか。明確に記載しておく必要があります。また、前述の②と同様にシンプルで分かり易い内容である事も重要です。

 

以上COMPANY POLICYのパートに記載の必要な項目は6となります。

 

本日は以上です。

 

東京コンサルティングファーム

武田 麻利奈

 


 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報を基に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び弊社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Private Limitedは、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。

 

コメント

~インドのお正月Diwaliについて ~

2017年10月20日 | その他

皆さん、こんにちは。

チェンナイ駐在員の中村です。

 

インドは今週からインドのお正月「Diwali」に入りますね。

なので今週は堅い話はやめて、Diwaliについて触れたいと思います。

 

そもそもDiwaliは日本でいうところのお正月に当たります。

大掃除をし、新しい服に着替え、親戚や近所の人へお菓子を配ります。

女性はサリーやパンジャビドレスと靴を、男性と子供は洋服を新調します。

 

時期的には毎年10月末から11月初め、インド歴だと第7番目の月初めの日に行われるそうで、

2017年のディワリは10月18日から22日になります。

 

Wikipediaによると、大体こんなスケジュールだそうです。

 

・前日:断食をする

・1日目: ダンテーラス

・2日目: ナラクチャトゥルダシー

・3日目: ラクシュミー・プージャー(ラクシュミーというインドの女神様にお祈りをする)

・4日目: 新年

・5日目: バーイー・ドゥージュ

 

一応歴史的にもちゃんと意味があるんです。

 

インドで有名な2大叙事詩と言えば、「マハーバーラタ」と「ラーマーヤナ」ですね。

ディワリはラーマーヤナの方に由来し、サンスクリット語で書かれた全7巻の長編叙事詩になります。

ちなみにラーマーヤナの総行数が聖書に並ぶ48,000行なのに対して、マハーバーラタは聖書の4倍ほどの長さだとか・・・

補足ですがマハーバーラタはイーリアス、オデュッセイアと共に世界3大叙事詩の1つとして数えられています。

 

さて話をラーマーヤナに戻しますが、

ヒンドゥー教の神様ヴィシュヌの化身とされている英雄ラーマ王子が、

誘拐された妻シータを助けるために、魔王ラーバナを倒し、14年ぶりに故郷アヨッデヤに帰国する物語になります。

そしてディワリは彼らが無事に帰還したことを祝うお祭りだそうです。

 

ラーマ王子が悪の魔王を倒して、民衆の心に光を取り戻したというストーリーから「光のお祭り」と言われているようで、実際に名前の通り、街中の至るところで花火や爆竹が放たれます。

また2日間は家じゅうの電気をつけたままにするので、電気消費量がすごいらしいです。

 

同時期は収穫のシーズンであることから、豊穣と幸運を象徴する女神ラクシュミーに祈りを捧げるお祭りでもあります。ラクシュミーを家の中に迎え入れられるように、家の中では「ディヤ」と呼ばれる灯明がともされるようです。日本でお盆のときにご先祖様をお迎えする為に迎え火をたくのと似ていますね。

 

みなさんもDiwaliにはディヤを灯して明るい未来を祈念されてみては如何でしょうか。

(ちなみに私はスリランカに旅行に行きます…)

 

それでは「Happy Diwali!!」

 

 

東京コンサルティングファーム

中村 匠吾

 


 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報を基に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び弊社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Private Limitedは、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。

 

コメント

海外送金時に必要となる15CA, 15CBについて

2017年10月20日 | インドの会計

皆様 こんにちは

インドムンバイ駐在員の谷川です。

ムンバイは段々暑さを増してきました。。皆さん夏バテにはご注意ください。

さて、今週もお客様から寄せられたご質問にお答えしていきます。

 

Q: 当社では、日本親会社が管理するサーバー、およびウィルスソフトをインド法人でも使用し、インド法人が親会社に対して請求金額を送ることとなりました。この時、15CA, 15CBなるものが必要と伺ったのですが、どんなものでしょうか?

 

A: インドから海外送金を行う際は、海外送金の対象となっている取引が源泉課税取引である場合に、正しい税率でTDS(源泉所得税)が控除されているかどうかを確認・証明するための書類としてインド勅許会計士が発行するForm 15CAおよびForm 15CBを銀行に対して提出する必要があります。

 

Form 15CA:海外送金にかかる源泉徴収報告書(税務当局指定の用紙)

 

Form 15CB:海外送金にかかる源泉税に関するインド勅許会計士の証明書で50万ルピー以上の送金の際に必要となります。

 

また、各お支払いを行う度に上記が必要となる為、月額でお支払いを行う場合は毎月15CA(金額により15CB)が必要となります。 また、15CAには支払い内容を記入する必要があります。今回の貴社の場合ですと、メール・ウィルスソフトと内容が異なる為、15CAは2枚必要する必要がございます。

 

今週は以上となります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

東京コンサルティングファーム

谷川 千裕

 


 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報を基に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び弊社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Private Limited, Tokyo Consulting Firm Human Resources Private Limited)は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。

 

コメント

~GST導入後の変更点~

2017年10月20日 | インドの税務

皆さま、こんにちは。

バンガロール支店マネージャーの坂本です。

 

日頃お客様から寄せられるご質問につきまして、Q&A形式でお答えしていきたいと思います。

今週も、インドのGSTに関連したテーマにてお話していきます。

 

《質問内容》

弊社は、様々な商品を取り扱う輸出業者です。旧制度では、特定の工場から購入した物品については、CT1やARE1(※1)といった書類を準備することによって、物品税の免税措置を受けておりました。

そのため、輸出が完了後、輸出のエビデンスとなる書類やForm H(※2)を関連の工場に提出することによって、税制上の優遇措置を受けておりました。

GSTが導入された以降は、どのような変更があるのか、ご教示ください。

 

※1: Application for Removal of Excisable goods for export 1の略称。

インドから輸出する際、インド国内での調達時に発生する物品税の免税措置を受ける為に取得する書類。

※2: インドからの輸出時に使用する、VAT税額控除申請書類。

 

《回答》

GST法が規定する課税取引には、Supply of goodsと呼ばれる物品の供給が含まれます。これまで免税措置を受けていた物品税については、GSTに統合されますから、以下変更点についてご留意いただければと思います。

例えば、輸出取引は国を越えた物品の供給に該当しますので、Supply of goodsとして、まず貴社にてGST登録番号をご入手いただく必要があります。

貴社が工場から物品を購入する場合、IGST、若しくは、CGSTやSGST/UTGSTの対象となりますが、物品の購入や役務提供の対価に係る仮払GSTについては、会計上クレジットとして計上され、担保金(Bond)やLUT(Letter of Undertaking)と呼ばれる確約証をご準備いただくことによって国外への輸出免税取引を行うこととなります。

クレジットとして相殺利用できる仮受GSTがないなど、相殺する事ができなかった仮払GSTについては、還付金として後日請求していただければ、これまで同様免税措置と変わらない税制上の優遇措置を受けていただく事が可能かと思います。

 

弊社では、会計・税務、人事労務、行政の対応まで幅広くサポートを行っております。

個別のご相談等ございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

 

今週は、以上です。

 

東京コンサルティングファーム

坂本 佳代

 


 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報を基に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び弊社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Private Limited, Tokyo Consulting Firm Human Resources Private Limited)は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。

コメント