東京コンサルティンググループ インド事業ブログ

毎週月曜日更新
インド駐在員から最新情報をお届けします。~グルガオン・バンガロール・チェンナイ・プネ・ムンバイ~

給与項目の紹介

2018年08月24日 | インドの労務

 

インド人従業員における給与項目で、手当の種類の多さが挙げられます。

 

日系企業においては、複雑な手当の盛り込みを避けようとする

考えをお持ちの会社様も多いかと存じますが、残業手当は一般的に基本給の2倍を支払わなければならないため、手当の多さは人件費に非常に影響を及ぼしていると言えます。

 

下記、手当を表にまとめましたので、ご参照下さい。

 

項目

概要

従業員満 足

Basic

残業代がBasicの2倍と法律で定められているため、35-50%が理想。

 

HRA

デリー、ムンバイ、チェンナイ、バンガロールなどの州では50%までが非課税

Leave Travel Allowance

必須ではないが、あるべき。8.33%が理想4年2回まで申請可能

Transport Allowance
Medical Allowance

二つの手当は、2017年4月に必須項目から外れたが、
年間で二つの項目の合計が40,000INR越えなければ非課税となる。

Education Allowance

子供のいる家庭は、一人につき月100INRを限度に非課税枠となる。
ただし対象は子供2名を有する家庭。

Hostel Allowance

子供のいる家庭は非課税

 

 

 

塚本 沙樹

 

 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 第28回GST審議会ハイライト③ | トップ | 個人所得税の確定申告後の還... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

インドの労務」カテゴリの最新記事