東京コンサルティンググループ インド事業ブログ

毎週月曜日更新
インド駐在員から最新情報をお届けします。~グルガオン・バンガロール・チェンナイ・プネ・ムンバイ~

GST導入以前の仕入はGST後相殺できる?

2017年11月10日 | インドの会計

皆様 こんにちは

インドムンバイ駐在員の谷川です。ディワリも明け、年末が近くなってまいりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?ムンバイは最近、気温が低くなり過ごしやすくなって嬉しいです!さて、今回も皆様から寄せられたご質問にお答えしていきます。

 

Q: GST以前に仕入れた在庫はGST後相殺できるのでしょうか?

 

A: はい、可能ですが、GST導入日から遡って1年間以内に仕入れたもののみ(つまり、2016年7月1日~2017年6月30日)、TRAN-1という申告を行う事により、GST導入後の販売時に仕入れた仮受GSTと相殺する事が可能です。

 TRAN-1の申告期日は11月30日(木)となっています。申告フォームには仕入先情報、取引価格、仕入先からの税額、受領者が物品あるいはサービスの受領を記帳した日等々を記載します。相殺可能とする在庫の購入時の証憑が必要となりますので、申告前にご準備しておくことをお勧めいたします。

 

 

 

今週は以上となります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

東京コンサルティングファーム

谷川 千裕

 

 


 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報を基に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び弊社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Private Limited, Tokyo Consulting Firm Human Resources Private Limited)は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ~Sexual Harassmentの対応方... | トップ | ~コンポジションスキームに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

インドの会計」カテゴリの最新記事