中国進出支援ブログ/東京コンサルティンググループ

毎週木曜日更新
中国ビジネスの“今”をお伝えします【中国進出支援は東京コンサルティンググループへ】

犯罪経歴証明書(渡航証明)について Q&A

2017年08月17日 10時26分10秒 | 中国の労務

こんにちは、中国・上海の田中竜一です。

 

Q, 就労ビザ取得のために犯罪経歴証明書(渡航証明)が必要なのですが、どのような手続きをすればよいでしょうか。

 

A,犯罪経歴証明書は、警視庁(警察庁)が発行しており、申請者の居住する都道府県の警視庁(警察庁)にて申請を行います。申請料は無料で、都道府県により異なりますが、通常2週間程度で手に入ります。

 

 中国の就労ビザを取得する際には犯罪経歴証明書の提出が求められ、取得するまでにある程度時間がかかるので、早めに申請をしておくことをおすすめしています。

 

 犯罪経歴証明書は封筒に入っており、開封厳禁となっています。認証を受ける段階で中国签证申请服务中心(中国VISAセンター)にて開封されるのですが、そのまま提出しても手続きをしてもらえません。この場合は外務省にて公印確認をしてもらう必要があり、公印確認後に提出することで正式に受理されることになります。公印確認も無料で、最短で申請日翌日に受け取り可能です。

 

 まとめると、以下のようになります。

 

【参照】

外務省「公印確認・アポスティーユとは」

http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/page22_000548.html

警視庁「渡航証明(犯罪経歴証明書)の申請について」

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/tetsuzuki/toko/toko.html

中国签证申请服务中心(中国VISAセンターのウェブサイト)

https://www.visaforchina.org/OSA_JP/

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 企業登記の電子化について ... | トップ | 董事、監事の報酬の所得区分... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

中国の労務」カテゴリの最新記事