東京コンサルティンググループ・カンボジアブログ

毎週火曜日更新
カンボジアへの進出をコンサルティングしている駐在員が、カンボジアの旬な情報をお届けします。

Wiki-Investment

カンボジア企業経営への心得

2017年04月25日 15時00分01秒 | カンボジアの経営

皆様こんにちは、カンボジア駐在員の澤柳です。             

さて、今回のテーマは「貢献すべきこと」です。

 

教育水準が低いと言われるカンボジアでは、なおさら日本人スタッフとの前提条件に違いがあり、日本人スタッフがイメージする通りにカンボジア人ス タッフの実行力が上がらないことが問題となりました。

そして、実行力が上がらない理由は、長い間、「貢献すべきこと」は自分以外に決められていたことだとわかりました。

貢 献すべきことは、自ら考えることや悩むことはなく、季節、仕事、家族、住んでいる場所などによって決められています。彼らが考えることは「貢献す べきこと」ではなく、「したいこと」です。

その結果、仕事はやらさせるものになり、自己実現の手段にすぎないと考え、それが正しい考えであるかのように同じ職場の同僚の実行力をも下げるこ とになります。

カ ンボジア人スタッフの実行力を上げるには、まずこの意識を変えなければなりません。彼 らの仕事に対する意識は、何に貢献したいかではなく、何に貢献せよと言われたかでもなく、常に「何に貢献すべきか」でなければなりません。

貢献すべきことに貢献すべきであると、自らの手によって自分の中に規律を作らせることが必要です。

 

澤柳 匠


 

コメント

「私的有限責任会社」

2017年04月25日 14時56分26秒 | カンボジアの法務

皆様、こんにちは、カンボジア駐在員の公認会計士の熊谷です。今週もカンボジアの会社法について、皆様にわかりやすくご説明させていただきたいと思います。

 

パートナーシップ形態に関しては、実務上あまり適用されるケースも少ないことから、それに関する条文は省略しまして、会社法の第三章 私的公開有限責任会社、公開有限責任会社へのほうへと進ませていただきます。

 

第85条(適用範囲)  本法律は、カンボジア王国における企業活動のために、私的有限責任会社と公開有限責任会社の設立を認める。銀行、保険会社及び信販会社を業務の目的とする会社は、本法律によっては設立することができない。

 

まず、最初にこのように適用範囲が定められています。銀行、保険会社または信販会社に関しては、会社法は適用範囲外となります。

 

第86条(私的有限責任会社の性質)  私的有限責任会社とは、次に掲げる各条件を満たす有限責任会社をいう。 (a) 私的有限責任会社の株主数は2人から30人とする。ただし、1人の株主によっても私的有限責任会社を設立することができ、当該会社は単独株主有限会社と 称する。単独株主有限会社は、株主間の関係に関するものを除き、私的有限責任会社と同様に取り扱われるものとする。 (b) 私的有限責任会社は、株式及びその他の証券を公募することはできず、株主、 家族及び執行役員に対してのみこれを割り当てることができる。 (c) 会社は、各種類株式つき、1つ又は複数の譲渡制限に関する条件を付すること ができる。 (d) 私的有限責任会社は、商業省令が定める方式に従って登記された日に設立したものとする。

 

 

第86条では、私的有限責任会社の性質について定められています。私的有限責任株式会社の株主数に関しては2人から30人というように定められていますが、1人株主でも、単独株主有限会社として存続可能であることから、1人から30人と解釈することが可能です。私的有限責任会社は株式を公募するとはできず、上場することはできません。したがって、条文にあるように譲渡制限を付することが一般的です。

カンボジアでは上場している会社は4社程度しか現在のところはないため、それ以外の現地法人に関しては私的有限責任会社に該当すると考えられます。

 

 

 

 

上記の点でご質問ございましたら kumagai.keisuke@tokyoconsultinggroup.com

までお気軽にご連絡ください。   


 

コメント

カンボジア企業経営への心得

2017年04月18日 10時28分34秒 | カンボジアの経営

皆様こんにちは、カンボジア駐在員の澤柳です。             

さて、今回のテーマは「管理可能性」です。

 

我々は常に外部環境に身をさらしており、どんな能力のある人間でも自分の力で全く管理・コントロールできなかったという経験があることでしょう。
そもそも、管理ができることがうまく管理できなかったのであれば、それは管理者としての能力が問われる訳なのですが、その事象の「性質」として管 理ができないことが想定通り管理できなかったことに対しては、我々はどのように対処すべきなのでしょうか。

例えば、公共機関での手続きが公共機関スタッフの過失による手続き遅延やミス。
これらは、我々からすれば公共機関をコントロールできるはずがないので、管理不可能なのでどうしようもない、諦めるしかない、と考えることが一般 的でしょう。
実際に、多くのコンサル会社の顧客との契約書は、このような外的要因による責任範囲を明確に定め、コンサル会社が責任を取ることは出来ないとして います。

確かに管理が可能ではない事象に対して我々が責任を取る、評価を受けるということは理にかなっていません。
しかし、もし我々が管理不可能な事象に対するリスクマネジメントをしていなかったのであれば、この点に関しては我々の責任だと言えると私は思いま す。そもそも管理不可能であったということは、不確実性が高く損失リスクがあったということであり、その損失リスクをどのように対処したのかとい う点が本質的な議論の対象になります。

管理不可能であることに対し、リスクレベルを設定し、そのレベルに応じた事前の対策を考え、マネジメントを実行する。
リスクマネジメントの手法に関しての議論はここでしませんが、我々が焦点を当てるべきは、管理不可能性を正確に認識していたか、認識していたので あればそのリスクに対するマネジメントは行っていたのか、リスクマネジメントを行っていたのであればそれは適切なマネジメントであったのか、適切 でなければそれはなぜか、など、「リスク管理」という分野での管理可能性を議論しなければなりません。

これは仕事に限らず、人生の中でも様々な管理不可能な事象が身の回りに起こりますが、その時に感じる怒りや理不尽さなどを押し殺し、外ではなく内 側に合理的な意見を求める必要性があります。外側に意見を求めてもそこには単なる空虚があるだけです。

 

澤柳 匠


 

コメント

「カンボジアにおける会社法上での経営形態」

2017年04月18日 10時27分26秒 | カンボジアの法務

皆様、こんにちは、カンボジア駐在員の公認会計士の熊谷です。今週からはIFRSに変わりまして、カンボジアの会社法について、皆様にわかりやすくご説明させていただきたいと思います。

 

第1条 (適用範囲)  本法律は、カンボジア王国において事業を営むパートナーシップ及び会社に適用される。パートナーシップは、一般パートナーシップ及び限定パートナーシップからなる。 会社は、私的有限責任会社及び公開有限責任会社からなる。

 

パートナーシップ

会社法はこの条文にあるようにパートナーシップおよび会社に適用されることになります。パートナーシップは、一般パートナーシップおよび限定パートナーシップがあります。

 

 一般パートナーシップは2名以上の自然人もしくは会社が事業を営むために一般パートナーシップ契約を締結することにより成立します。各パートナーは、パートナーシップの債務について無限責任を負うことになり、共同出資者として利益を共有し、事業運営を実施することになります。

 

限定パートナーシップは、1名もしくは複数の無限責任パートナーと、1名もしくは複数の有限責任パートナーとの間に、パートナー契約を締結することにより成立します。有限責任パートナーは、資本の充実のみ拘束を受け、会社の運営には参加しません。

 

上記パートナーシップ形態は、法律上規定はされているのですが、実際に実務上利用されるケースはほとんどない状態といえます。

 

有限責任会社

 会社に関しては、私的有限責任会社及び公開有限責任会社が会社法上規定されています。

 

 公開有限責任会社に関しては上場会社が該当し、私的有限責任会社に関しては、株式譲渡制限があるそれ以外の会社が該当することになります。

 

他にも、「外国会社の支店」「外国会社の駐在員事務所」という規定も会社法上存在します。

また、会社法上の明文はないですが、個人事業での進出も可能です。

 

 

今週は以上です。

 

上記の点でご質問ございましたら kumagai.keisuke@tokyoconsultinggroup.com

までお気軽にご連絡ください。   


 

コメント

カンボジア企業経営への心得

2017年04月11日 13時15分55秒 | カンボジアの経営

皆様こんにちは、カンボジア駐在員の澤柳です。             

さて、今回のテーマは「真摯さ」です。

 

マネジメントにとって最も重要な要素は人格的な真摯さ(ドラッカーはIntegrityと表記)であることを当然としなくてはなりません。真摯さに欠如したマネジメントは、働く人の仕事への意欲を消滅させ、働く者も真摯さに欠如した行動へ引き込み、組織の中に真摯さの欠如した企業風土をつくることになります。そして、真摯さの欠如した概念を当たり前の環境にしていきます。

真摯さの欠如してる者は、いかに優秀であってもマネジメントにしてはなりません。 ドラッカーは、『真撃さに欠ける者は、(中略)、組織を腐敗させる。企業にとって最も価値ある資産たる人材を台無しにする。組織の文化を破壊する。業績を低下させる』と説いています。

さらにドラッカーは、マネジメントについて、真摯さを絶対の条件にしています。真摯さの欠如した人物をマネジメントにすることは、組織を堕落させると指摘しています。その著書で以下の通り述べています。

「リーダシップが発揮されるのは真摯さだからである。多くの人の模範となり、真似されるのも人格においてだからである。真摯さは修得できない。仕事についたときにもっていなければ、あとから、身につけることはできない。」

「真摯さはごまかしがきかない。一緒に働けば、特に部下にはその者が真摯であるかどうかは数週間でわかる。部下たちは、無能、無知、頼りなさ、不作法などほとんどのことは許す。しかし真摯さの欠如だけは許さない。そのような者を選ぶマネジメントは許さない」

誰でもが自らの上司に対し、精一杯貢献しようと考えています。上司とともに成果を作ることが自らの使命と心得ているでしょう。多少自らの考えにそぐわなくても上司の考えに合わせて成果を導くよう努力するのが人間にとってはむしろ普通のことなのです。

しかし、働く人も自らの判断基準を持っていて、マネジメントが部下を評価するように、働く人も上司であるマネジメントを評価しています。
マネジメントの考え方が自らの考え方に共感できれば、マネジメントの成果の実現に全力で尽くしますが、一方、マネジメントの考え方や行動に真摯さが見られなければ、働く人はマネジメントに合わすことはできても、共感することはできません。

 

澤柳 匠


 

コメント

マイクロファイナンスの金利条件の設定に関する通達

2017年04月11日 13時14分10秒 | カンボジアの投資環境・経済

皆様、こんにちは、カンボジア駐在員の公認会計士の熊谷です。

 

2017年3月13日、カンボジア国立銀行は、マイクロファイナンスにかかる金利に関する発表を行いました。その中には、2017年4月1日以降、マイクロファイナンスの金利の上限を18%とするという内容が定められています。この規定の背景には、高すぎる金利によって、借手を圧迫させることを防ぐことや、より利用しやすいマイクロファイナンスを担保したいということがあると考えられます。2017年4月1日以降、規定がかかる金融機関は年利18%を超えるローンを設定することができなくなります。この規定は、4月1日以降の新規のローン、ローンの再更新に適用されることになります。

 

今週は以上です。

 会計処理で不明点等ございましたら 

kumagai.keisuke@tokyoconsultinggroup.com

までお気軽にご連絡ください。


 

コメント

■カンボジア企業経営への心得

2017年04月04日 13時20分28秒 | カンボジアの経営

皆様こんにちは、カンボジア駐在員の澤柳です。             

さて、今回のテーマは「自分の成長に責任を持つ」です。

 

ドラッカーを見習い、コンサルタントとは何かを考えるためによくお医者さんの書く本を読むようになりました。全ての優れた医者に共通する点の1つとして、卓越性が挙げられます。そして、その卓越性の追求こそ、彼らを最前線のプロへと導いているのだとわかりました。

医者と我々の大きな違いは、失敗を糧に、と言えるか言えないかの違いでしょう。特に外科医にとっては少しの失敗でも死に直結します。失敗を糧にすることなどできません。
我々と違い、彼らは自分の成長のために何よりも卓越し、失敗をしないための努力を惜しみません。だからこそ、命を預けるに値する職業なのだと思います。

ドラッカーは、その著書で卓越性について以下のように述べています。
「自らの成長のために最も優先すべきは、卓越性の追求である。そこから充実と自信が生まれる。能力は仕事の質を変えるだけでなく、人間そのものを変えるが故に、重大な意味を持つ。」

我々には失敗することができる環境があり、むしろ失敗をして失敗から何かを学ぶことができると前向きな気持ちになることが多いようです。ドラッカーも、失敗をしたことのない人間を信用するなと話しています。しかし、ドラッカーもまた、失敗を容認している訳ではありません。ドラッカーは、「最初ダメでも何度でもやり直せという態度は誤りである」と著書で厳しく説いており、失敗を前提とした仕事に対する姿勢を否定しています。

何か仕事を始める時、お客さんは、我々の実験台ではないことをしっかり認識しておく必要があります。失敗してもいいや、という姿勢でサービスを提供するのは全くの誤りであり、まだ実力が追いついていないのであれば、今すぐ卓越性を追求する必要があります。
我々の仕事では、医者のように命を預けてもらうとは言わないまでも、顧客から会社の機能一部を預けてもらいます。だからこそ、自分の成長に責任を持ち、顧客への義務を全うしなければなりません。

 

澤柳 匠


 

コメント

 「株式報酬」

2017年04月04日 13時17分39秒 | カンボジアの会計

皆様、こんにちは、カンボジア駐在員の公認会計士の熊谷です。今週は株式報酬についてご説明をしたいと思います。

 

IFRS上の株式に基づく報酬契約には以下のような制度が含まれます。

・企業が従業員に株式を付与する株式制度

・ストック・オプションを付与するストック・オプション制度

 

株式に基づく報酬取引は次のような取引に分類することができます。

・持分決済型の株式に基づく報酬取引

・現金決済型の株式に基づく報酬取引

・現金選択権付きの株式に基づく報酬取引

 

 

l  持分決済型の株式に基づく報酬取引

 

(a)    自らの資本性金融商品を対価として、企業が財またはサービスを受け取ります。

(b)    企業が財またはサービスを受け取るが、それらの供給者との取引を決済する義務を負います。

処理方法

受け取った財、サービスを公正価値で測定し、それに対応する資本を増額します。ただし、従業員報酬の場合は、公正価値を直接測定することができないため、資本性金融商品の付与日の公正価値を参照して測定します。

Ⅱ  現金決済型の株式に基づく報酬取引

(a)       自らの資本性金融商品を対価として、企業が財またはサービスを受け取ります。

(b)       企業が財またはサービスを受け取り、それらの供給者との取引を決済する義務を負債として負う、または現金として支払います。

処理方法

受け取った財、サービスを公正価値で測定し、それに対応する負債の増額または、現金の減少として処理します。

Ⅲ  現金選択権付きの株式に基づく報酬取引

現金やその他の資産で決済するか、資本性金融商品の発行によって決済するかの選択権がある株式報酬取引について、取引もしくは取引の構成部分に関して次のように処理します。

   現金で決済するための負債が生じる場合・・負債が発生する範囲において、現金決済型の株式に基づく報酬取引として処理します。

現金で決済するための負債が生じない場合・・負債が発生しない範囲において、持分決済型の株式に基づく報酬取引として処理します。

 

 

今週は以上です。

 会計処理で不明点等ございましたら kumagai.keisuke@tokyoconsultinggroup.com

までお気軽にご連絡ください。   


 

コメント