東京コンサルティンググループ・カンボジアブログ

毎週火曜日更新
カンボジアへの進出をコンサルティングしている駐在員が、カンボジアの旬な情報をお届けします。

Wiki-Investment

カンボジアの実務としての税務

2012年10月22日 11時16分17秒 | カンボジアの投資環境・経済
こんにちは、カンボジア駐在員の澤柳です。

今回は、カンボジアの税務での、少し変わった実務についてご紹介します。

カンボジアには月次申告という制度があり、毎月Profit tax、Salary tax、VAT、Withholding tax等の税金を納めます。
この際に税務申告書を作成し、その申告書にDirectorのサインと社印を押して税務局へ提出します。

通常、この申告書にサインができるのはDirectorのみですが、これには抜け道があります。
以下のクメール語(ジョー)を申告書のサイン欄に記載すると、誰でもサインが可能になります。これはクメール語で「代理」を意味するようです。



また、税務申告書は、各税金により書類が分かれていますが、その各書類へのサインが必ずしも同じ人のサインでなくても、税務局に提出することができます。

つまり、カンボジアの税務では実務上、申告書に必要なものは、Directorのサインというよりも、サインと社印両方であるようです。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ミャンマー・カンボジア・ラオスの投資・会社法・会計税務・労務』発売!

2012年10月12日 16時32分25秒 | お知らせ
海外直接投資の実務シリーズの最新刊、『ミャンマー・カンボジア・ラオスの投資・会社法・会計税務・労務』が完成しました。



ミャンマー・カンボジア・ラオスは未だインフラや法制度が未熟なため、進出に当たっては多くの課題に直面することになります。そこで必要なのが実務に基づいた最新の知識です。本著は多くの企業様の進出のサポートを行ってきた当社の実務を通して蓄積してきた知識や経験を集約した一冊です。

ミャンマー・カンボジア・ラオスの基礎知識や投資環境等の基本情報から、会社法、会計、税務、労務に至るまでミャンマー・カンボジア・ラオスでのビジネス展開に不可欠な情報を網羅した内容となっております。

進出のファーストステップとして、是非ご活用ください!

プレスリリースはこちら

弊社HPにて先行販売を開始しました。くわしくは下のバナーをクリックしてください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加