東京コンサルティンググループ・カンボジアブログ

毎週火曜日更新
カンボジアへの進出をコンサルティングしている駐在員が、カンボジアの旬な情報をお届けします。

カンボジア企業経営への心得

2018年02月06日 10時20分02秒 | カンボジアの経営

皆様こんにちは、カンボジア駐在員の澤柳です。             

さて、今回は「誰が質を決めるか」についてお話しします。

事業の本質は、顧客の創造です。
顧客が創造できたときとは、自らの事業を自らの独自なフィールドに展開できたときとなります。この自らのフィールドに展開するために問うべき問い が、「我々の事業は何か」なのです。

「我々の事業は何か」を考えるとき問うべき質問は、「顧客はどこにいるか」、「顧客は何を買うか」、「顧客にとっての価値はなにか」です。当然、 事業の核となるべき顧客は、事業のあり方によって変わってきます。この顧客をいかに特定するかが、事業の成長、発展を決める鍵となるのです。

この事業の核となるべき顧客を特定するために、ドラッカーは、「質を決めるのは 企業ではない」を考えなければならないと、その著書にて次のように述べています。

「生産者が考える製品の質が、顧客にまったく意味がないことがある。メーカーは、製造する費用、使う技術の難しさから、価値を決める。顧客の関心 は『この製品は自分のために何をしてくれるか』で決まる」

 

澤柳 匠


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 旅行業者に対する行動・倫理... | トップ | 社会保障基金 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カンボジアの経営」カテゴリの最新記事