東京コンサルティンググループ・カンボジアブログ

毎週火曜日更新
カンボジアへの進出をコンサルティングしている駐在員が、カンボジアの旬な情報をお届けします。

カンボジアの公共料金

2018年05月29日 09時57分23秒 | カンボジアの投資環境・経済

皆様、こんにちは。

カンボジア駐在員安藤です。

 

今回は、ジェトロの2017年度 アジア・オセアニア投資関連コスト比較調査にて報告より、2017年度の「公共料金」について、お伝えいたします。

 

<電気料金>(1kWh当たり)

業務用          0.17ドル/685リエル

一般用          0.15〜0.19ドル/610〜770リエル

 

<水道料金>(1立方メートル当たり)

業務用          0.24〜0.36ドル/950〜1,450リエル

一般用          0.10〜0.32ドル/400〜1,270リエル

※使用量によって異なる。非課税。

 

<ガス料金>(1kg当たり)

業務用          1.06ドル/4,272リエル

一般用          1.06ドル/4,272リエル

※LPガス、VAT込み

 

昨年度は、以上のようになっております。

 

しかし、日々、変わりゆくカンボジアでは、公共料金も変わって来ています。

クメールタイムズより電力に関して、

今後、コッコン州に太陽光発電所が建設される予定や、今年の4月から電気料金の引き下げが行われていること、2018年末までに7つある水力発電所が完全に稼働する予定などが、今年に入って報告されています。

 

日々インフラ整備が進んでいるため、

今後ますます交通料金は引き下がっていく可能性があると考えられます。

 

 

今週は、以上とさせていただきます。

お読みいただき、ありがとうございます。

皆さまのカンボジア進出のサポートとなれば幸いです。

 

安藤 朋美


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« カンボジア移転価格税制 その5 | トップ | カンボジア移転価格税制 その6 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カンボジアの投資環境・経済」カテゴリの最新記事