東京コンサルティンググループ・ブラジルブログ

毎週木曜日更新
ブラジルへの進出をコンサルティングしている駐在員が、ブラジルの旬な情報をお届けします。

試用期間について

2018年02月08日 | ブラジルの労務

こんにちは。

東京コンサルティングファームブラジルの濱咲克心です。

今週は試用期間について記載します。

 

 

ブラジルでは、雇用後最大90日間を試用期間(LIBERDADE CONDICIONAL E CONFIRMAÇÃO / PROBATION AND CONFIRMATION)として設けることが可能です。

当該規定はブラジル労働法(CLT)445条単項において明記されています。

 

また、90日間を45日間2回に分割することも可能なため、まずは45日間の試用期間を設け、更に45日間が必要かどうかを検討することができます。当該試用期間は、従業員においても会社を選別するための必要期間であり、会社側の一方的な権利ではない点に注意が必要です。

 

ブラジルでは労働訴訟が非常に多いため、正社員として雇用する際は、極めて慎重に対応する必要があります。一度正社員として雇用すると、従業員が自ら希望する場合や、正当な解雇事由に該当する場合を除いては、企業は解雇に際して多額の費用を支払う必要があり、また、更に訴訟のリスクが一定期間伴います。このような状況に陥らないためにも、試用期間は有効に活用し、人材の見極めを行うのが良いでしょう。(試用期間が終了し、本採用となった日から態度が激変したという事例も散見されますので、注意が必要です。)

 

 


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 中国国内への再投資について ... | トップ | 2018年最低賃金について »
最近の画像もっと見る

ブラジルの労務」カテゴリの最新記事