東京コンサルティンググループ・ブラジルブログ

毎週木曜日更新
ブラジルへの進出をコンサルティングしている駐在員が、ブラジルの旬な情報をお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

CSLL(CONTRIBUIÇÃO SOCIAL SOBRE O LUCRO LÍQUIDO)について

2017年06月01日 | ブラジルの税務

こんにちは。 東京コンサルティングファーム ブラジル駐在員の金内です。

今週はブラジル税務について記載いたします。

 

ブラジルには、日本ではなじみのない法人の利益に対する社会負担金(CSLL:CONTRIBUIÇÃO SOCIAL SOBRE O LUCRO LÍQUIDO)という制度があります。国民の年金や健康の保護を目的 とした社会保険の財源確保のために取り入れられた制度です。

この法人利益に対する社会負担金(CSLL)だけではなく、法人売上に対する社会負担金(COFINS)など、担税力に応じて財源の負担を求めるものとなっています。

 

福祉団体など一部の団体を除き、すべての法人及び事業者が納税義務を負います。法人税法上の法人税率(IRPJ率)は25%(基本税率15%+年額24万レアルを超える場合の追加分10%)ですが、法人の利益に対する社会負担金が、法人税と同様の課税所得に対して9%の税率(金融、保険業等は15%)で課税されるため、これを加味した実効税率は34%になります。CSLLの課税標準は、基本的に法人税の課税所得と一致します。所得の計算方法は、法人税の計算方法として選択した方法(実質利益法:Lucro Real、推定利益法:Lucro Presumidoのいずれか)により計算することになります。

※推定利益法を利用する場合には、推定利益率は、サービス業を除き一律12%となっています(サービス業に関しては32%が適用されます)。つまり、簡易的な算出としては、収益×推定利益率=課税所得となります。

利益計画などを作成する際は、法人所得税として区分されている25%のIRPJのみを考慮していると、思わぬ税額が利益に対して課されてしまうので、注意が必要です。

 

 

 

 

以上

 

 

 

Tokyo Consulting Firm Limitada

Av. Paulista, 2444 - 18° andar – 01310-300 – São Paulo – SP - BRASIL

Director Presidente

金内 陽

TEL +55-11-3218-7790 (KSI Brasil内線番号:213)

Mobile +(55)-(11)-9-4867-1316


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« Japan Houseの開設について | トップ | M&Aに関する税務について 1 »
最近の画像もっと見る

ブラジルの税務」カテゴリの最新記事