東京コンサルティンググループ・ブラジルブログ

毎週木曜日更新
ブラジルへの進出をコンサルティングしている駐在員が、ブラジルの旬な情報をお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NCMコードについて

2018年01月11日 | ブラジルの法務

こんにちは。

東京コンサルティングファームブラジルの濱咲克心です。

今週はNCMコードについて記載します。

 

質問)

ブラジルへの輸出を検討していますが、NCMコードとはどのような物ですか。

 

回答)

NCMコードとは、メルコスール内にて使用される品目分類番号のことであり、例えるなら、メルコスール版HSコードと呼ぶことが出来ると考えます。この番号によって、それぞれの輸入品の関税率が異なりますので、輸入の際にはまず、輸入品のNCMコードを確認する必要がございます。なお、NCMコードが間違えていた場合、罰金を課せられるケースがございますのでご留意ください。

 

 

ちなみに、メルコスール(MERCOSUR:Mercado Común del Sur/MERCOSUL:Mercado Comum do Sul)とは南米南部共同市場、1995年に発足した関税同盟であり、2017年現在の加盟国は、ブラジルをはじめ、アルゼンチン、ボリビア、パラグアイ、ウルグアイ、ベネズエラとなります。

(ボリビアは、2012年12月加盟議定書に署名し,各国議会の批准待ち)

 

 

 


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« IPTUについて | トップ | 登記後の定款変更について »
最近の画像もっと見る

ブラジルの法務」カテゴリの最新記事