東京コンサルティンググループ・ブラジルブログ

毎週木曜日更新
ブラジルへの進出をコンサルティングしている駐在員が、ブラジルの旬な情報をお届けします。

2018年最低賃金について

2018年02月15日 | ブラジルの労務

こんにちは。

東京コンサルティングファームブラジルの濱咲克心です。

今週は2018年最低賃金について記載します。

 

2018年1月1日よりブラジルの最低賃金は月額R$954.00となります。2017年度はR$937.00でしたのでR$ 17上昇していますが、過去24年間で最も低い上昇率となっています。なお、日額はR$31.80、時給はR$4.34となっています。※大統領令(DECRETO Nº 9.255, DE 29 DE DEZEMBRO DE 2017)

 

ちなみに、過去の5年間の上昇率の推移を見てみると、2018年1.8%、2017年6.4%、2016年11.6%、2015年8.8%、2014年6.7%、と2018年は大幅に下降しています。

この背景にはINPC(全国消費者物価指数)の低下の影響が大きく、IBGEによると、2017年は2.07%まで低下しています。(2016年6.58%、2015年11.28%)

 

これによって、今年の賃上げ交渉にどのような影響が出るのか、またブラジル経済を支える国内消費も影響を受けるのか、今後の展開に注目したいと思います。

 


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 試用期間について | トップ | 土地所有の規制について »
最近の画像もっと見る

ブラジルの労務」カテゴリの最新記事