バングラデシュブログ/東京コンサルティンググループ

毎週水曜日更新
TCFのバングラデシュ駐在員より、現地から生の情報、声をお伝えします。

車にかかる税金①

2017年04月26日 | バングラデシュの税務

バングラデシュでは、公共交通サービス(バス・電車)がまだまだ発展途上であるため、外国人は一般的に車での移動が多くなります。その際に、①車のレンタル、もしくは②購入が考えられますが、この①②に係る税金について知っておく必要があります。

 

①車のレンタル

TDS(Tax Deduction at Source):3%

VAT(Value Added Tax): 15%

 

例:車のレンタル代がTk.100の場合

TDS: Tk.3

VAT: Tk.15

 

レンタル代の支払いについては、TDS、VATを差し引き、レンタル会社へ支払います。

従って、上図の例では、Tk.115(VAT込みの価格)より、Tk.3(TDS)とTk.15を差し引いたTk.97を支払うことになります。

 

また、差し引いたTDS、VATについては、サービスの受益者に納税義務があるため、納付書(Challan)作成を作成し、納付することになります。

※なお、レンタル会社との契約書に、インボイス価格が外税になっている事、税負担者等が定められている場合があるため、確認しておく必要があります。これらについて規定されていない場合は、事前に両者で確認しておく必要がります。

 

②の車購入にかかる税金については、次回ご紹介します。

 

Tokyo Consulting Firm Limited

Tel: +88-017-9984-2931

E-mail watanbe.tadaoki@tokyoconsultinggroup.com


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ワークパーミットのキャンセ... | トップ | 車にかかる税金② »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

バングラデシュの税務」カテゴリの最新記事