バングラデシュブログ/東京コンサルティンググループ

毎週水曜日更新
TCFのバングラデシュ駐在員より、現地から生の情報、声をお伝えします。

会計年度について

2017年07月26日 | バングラデシュの税務

バングラデシュでは、外国企業の場合、親会社の事業年度に合わせて会計年度を変更することが出来ます。一度はバングラデシュの課税年度に合わせて7月から翌年の6月末までにする通達が出されましたが、2016年の6月末に「外国企業は親会社に会計年度をそろえることが出来る」とされました。

ただし、会計年度をそろえるには以下のステップを踏む必要があります。

 

1. RJSC(商業登記所)への事業報告の際に、会計年度を親会社とそろえる旨決議された取締役会議事録を提出する。

2. NBR(税務署)に会計年度を親会社とそろえる旨を報告(親会社の監査報告書添付)し、NBRからの証明書を発行してもらう。

 

 

Tokyo Consulting Firm Limited

Tel: +88-017-9984-2931

E-mail watanabe.tadaoki@tokyoconsultinggroup.com

(以上)


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 縫製産業に係る税金の動向 | トップ | 給与の損金不算入について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

バングラデシュの税務」カテゴリの最新記事