バングラデシュブログ/東京コンサルティンググループ

毎週水曜日更新
TCFのバングラデシュ駐在員より、現地から生の情報、声をお伝えします。

バングラデシュにおける銀行口座運用の方法 2

2018年02月14日 | バングラデシュの投資環境・経済

 銀行口座(小切手)署名権限者に外国人を設定しようとする場合、ワークパーミットの提示を求められることが良くあります。具体的に明文規定はありませんが、多くの行員が、外国人は全てワークパーミットを取得すべきとの認識があるためだと考えられます(バングラデシュでは、ワークパーミットの取得の有無で税金を納めるかどうか判断されるため、会社代表者(取締役等)でワークパーミットを取得すると、滞在していないにも関わらず(居住者でないにもかかわらず)、税金納付義務を負うことになります)。この場合は、会社状況を行員(もしくは銀行支店長)に説明する必要があります。

また、銀行口座を適正に運用していくために、銀行への四半期報告書(FDIレポート)の提出、営業許可証の更新や商業登記所への年次申告、税務申告等の会社コンプライアンスを遵守していく必要があります。直接、銀行とかかわりがあるのは四半期報告書の提出となりますが、その他の省庁が発行する許可更新やコンプライアンス遵守についても、銀行(中央銀行)から確認を求められる場合があります。

 

 

Tokyo Consulting Firm Limited

Tel: +88-017-9984-2931

E-mail watanabe.tadaoki@tokyoconsultinggroup.com


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バングラデシュにおける銀行... | トップ | 会計年度(事業年度)の変更... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

バングラデシュの投資環境・経済」カテゴリの最新記事