TCC・竹島クラフトセンター TAKE-LOG 竹ログ

愛知県の観光名所[竹島]の俊成苑に構える手織り工房
[竹島クラフトセンター]の主人が送る大きなひとりごと。

綿のタペストリーが出来た

2018年11月10日 | TCC手織り教室・作品

今日は生徒のAoyamaさんの先品が織り上がった

青い布と白い布が二枚に織れて一部は反転している

なんとも不思議な構造の織物である

右には青い布が一枚

中間は青い布と白い布が2重に織られ

左は白い布が一枚

の構造を織り出している

青い布を捲るとその下には白い布がある、

Aoyamaさんはテレビドラマの一シーンで風にひらめく布を見て

「先生、こんな布を織りたいので組織を組んでください」

の一言から始まった。

これを織り出す組織の原理から始まった授業が今日終わったが、

もっと作品としての完成度を高めたいともう一枚織る事となった。

難行苦行はつづく…、

 

 

『クラフト・ハンドメイド』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 太陽クラブの子供達が手織り... | トップ | 麻の薄布を織る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

TCC手織り教室・作品」カテゴリの最新記事