広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

振興を図り、投資者を守る

2017-11-15 12:34:12 | 日記
【解説】外貨両替とは、例えば海外を旅行するときあるいは外貨を手元に置いておきたい場合に利用する商品。最近は円に対して不安を感じているためか、現金で外貨を保有する動きもある。為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでご注意を。
金融機関の格付けを利用する理由(魅力)は、膨大な財務資料を読む時間が無くても評価によって金融機関の財務に関する健全性が判断できる点にあります。ランキング表で2つ以上の金融機関を比較することまで可能です。
【用語】外貨MMFって何?現在、日本国内で売買することができる貴重な外貨建て商品の一つ。外貨預金に比べると利回りがずいぶん高いうえ、為替の変動による利益は非課税だというメリットがある。証券会社で誰でも購入できる。
つまりMMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債、短期金融資産で運用して利益を求める投資信託というものです。あまり知られていないが取得から30日未満という定められた期間に解約希望の場合、その手数料にはペナルティが課せられるのです。
MMF:公社債や短期金融資産(償還まで1年以内)で運用し利益を得る投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)というものである。万が一、取得後の定められた期間(30日未満)に解約の場合、実は手数料にペナルティ分も必要となることを忘れてはいけない。
ゆうちょ銀行(JPバンク)が実施しているサービス等は従前の郵便貯金法によって定められた「郵便貯金」とは異なり、民営化後は銀行法に基づいた「預貯金」が適用される商品ということ。
知ってますか?外貨預金とは?⇒銀行が扱うことができる資金運用商品のことで、米ドルなど外国通貨で預金をする事です。為替レートの変動によって発生した利益を得られる可能性がある反面、同じ原因で差損が発生するリスクもある(為替リスク)。
最近では我が国の金融・資本市場における競争力を強化する為に行われる規制緩和のほか、金融システムの更なる質的向上が目的とされている取組や業務をすすめる等、市場そして規制環境に関する整備がどんどん進められているのだ。
よく聞くコトバ、デリバティブの内容⇒伝統的なこれまでの金融取引または実物商品や債権取引の相場変動で生まれるリスクをかわすために生まれた金融商品の呼び名であって、とくに金融派生商品という名前を使うこともある。
一般的にペイオフとは何か?防ぐことができなかった金融機関の経営の破綻が起きた場合に、金融危機に対応するための法律、預金保険法の規定によって保護の対象となった預金者(自然人又は法人並びに権利能力なき社団・財団)の預金債権(預金保険法の用語)に対して、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う制度なのだ。
タンス預金の常識⇒物価が上昇している(いわゆるインフレと呼ばれる)局面では、物価が上がれば上がるほどその価値が目減りするということである。当面の暮らしに準備しておく必要のない資金は、損しないよう安全でわずかでも金利も付く商品で管理した方がよいだろう。
難しいけれど「ロイズ」というのは、イギリスのロンドンにある世界の中心ともいえる保険市場です。イギリスで議会制定法の規定によって法人化されている、ブローカー(保険契約仲介業者)そしてシンジケート(団体や組合)が会員である保険組合を指す場合もあります。
実は、第二種金融商品取引業者(第一種業者とは取り扱い内容が異なる)が独自にファンド(投資信託などの形態で、投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を作って、さらにうまく運営するためには、とんでもなく数の、業者が「やるべきこと」、さらに「やってはいけないこと」が規定されていることを忘れてはいけない。
簡単紹介。金融機関の(能力)格付けって何?信用格付機関が金融機関や社債などを発行している会社の持つ、真の債務の支払能力などを一定の基準に基づいて評価・公表しているのである。
【用語】ロイズって何?イギリスのロンドンの世界の中心ともいえる保険市場なのです。同時に制定法による法人化されている、ブローカー(保険契約仲介業者)とそのシンジケート(団体や組合)が会員の保険組合そのものを指す場合もある。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
   | トップ | これまでこの破綻によって、 »

日記」カテゴリの最新記事