ウォーキングカメラマン

“お歩きさん”をした時に出くわした心に残った風景、光景、人物などを撮る!!

北前船で栄えた大河河口にある小さな過疎の街を歩く

2020-11-26 01:18:54 | 島根県

2020年9月23日(水)

江津市は、中国地方一の大河"江の川"の河口に位置し、かつては、北前船の寄港地として栄えたが、近年は過疎化が進み人口約23,000の小さな街である。

 

JR江津駅。山陰本線の駅。2018年に廃止されるまでは広島県三次との間を結ぶ三江線の起点駅でもあった。

駅周辺の観光案内所に展示されたいる石見神楽の大蛇。

駅前を通るメインストリートが中心部。

シャッターに石見神楽の大蛇が描かれている。

駅から東方面へまっすぐ行ったら中国地方最大で最長の江の川に出る。かつては、この川の流域の特産品のものが北前船で全国に運ばれた。

江の川沿いの土手から海の方を見るとパルプ工場がある。昭和に入ってから、江の川の水資源と河口の砂丘地を利用してパルプ工場を誘致した。

対岸(東)を見ると石州瓦の集落が見える。江津は石州瓦の産地でもある。

国道9号線沿いがもうひとつの中心街。

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 水墨画の巨匠ゆかりの神楽が... | トップ |  北前船で栄えた大河河口にあ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

島根県」カテゴリの最新記事