雑居空間
趣味のあれこれを、やたらめったらフットスタンプ




 「Heroes of Might and Magic」のStandard Scenario、「Squirrel Lake」をプレイしました。



Squirrel Lake


Much to explore and many treasure. The greatest danger lies close to home.





 多くの探索範囲と、それに見合う多くの財宝があるというこのシナリオ。しかしながら、ものすごい危険が本拠地の近くに横たわっているとか。The greatest danger って、何でしょうかね? 強力な野良Creature とか?
 タイトルについているSquirrel というのも、普通はリスという意味ですが、変なヤツという意味も持っています。ここではまさかリスという意味ではないでしょうから、何かが湖に棲みついているんでしょうかね。

 Size はLarge、Difficulty はEasy。Game Difficulty はNormal、Opponents は3人ともGeniusで、King of the Hill はなし。Difficulty Rating は110%となります。

 まだ未プレイのSorceress が出るまでやり直して、プレイ開始です。





 こちらの本拠地はマップ東部。城のすぐ西には湖がありますが、これがタイトルにもなっている、Squirrel Lake でしょうか。

 Hero 2人で周囲を探索。近くにいる野良Creature が多くて、倒していくのもなかなか大変ですよ。
 Sorceress では、Druid、Unicorn、Phenix といった強いCreature を雇用する施設の建設にmercury やGem などが必要なので、それらの鉱山の前に強いCreature が鎮座していると、ちょっと辛いんですよね。

 西の湖上に、船に乗った他のHero が見え隠れします。なんだ、船作ってくるの、早いなぁ。
 こっちも負けずにShipyard を作ろうかと思いましたが、その前にRed のHero が船に乗って、こちらの本拠地付近に上陸してきました。そいつは何とか撃退しましたので、その船を分捕って使用することが出来そうです。
 しかし、そのまま他所に遠征しようかとも思ったのですが、その後も何人かが湖経由で本拠地に押し寄せてきます。城の防御効果もあってなんとか撃退し続けますが、なかなか他に進出する暇ができませんよ。主力軍も削られちゃいますしね。

 しばらく防戦一方だったのですが、どうやら敵の攻撃が少し止んだようなので、ようやく湖に漕ぎ出だすことにします。
 湖岸に沿って北の方へ行ってみると、湖のほとりにYellow のKnight の城がありました。多分ここが本拠地なんでしょうけど、思っていたよりも近くにあったなぁ。船の移動力にボーナスのあるSorceress なら、一日で着いちゃいますよ。ということは、敵からも攻められ易いということになりますので、乱戦模様になるかもしれませんね。

 とりあえずYellow を攻撃。敵はKnight なので、篭城戦ではあまり手を出してこないので、対処はやりやすいですね。とは言え、こちらもそれほどの大軍勢というわけでもないので、城壁が破れて乱戦になると、Druid やElf といったあたりはボコボコと倒されてしまいます。
 結局、Bress をかけたDwarf が獅子奮迅の働きをみせて何とか勝利。Dwarf って、結構頼りになるなぁ。
 この城はかなり開発が進んでいます。Knight の軍勢は安いので、ここを侵略の拠点にするのもいいかも知れません。
 湖にいたYellow のHero がこちらの本拠地に突撃してきましたが、残存部隊が頑張ってこれを撃退。Yellow はこれで滅亡かとも思いましたがそうではなかったので、他の場所にも城を持っているようですね。



 船で湖を巡回。西の方にはGreen のWarlock の城が、南部にはRed のBarbarian の城がありました。湖はあまり大きくないので、船を使えば相互に簡単にアクセスできます。ので、攻めるのは簡単そうです。機を見て攻撃することにしましょうか。

 マップ北部にあったShrine を覗いてみると、各国の状況を見ることができました。



 今一番勢力を伸ばしているのはRed のようですね。ウチの状況は城2、街0なので、Yellow はどこかに街を一つ持っているようですが、今のところ城は無いようです。当面はさしたる脅威にはならないでしょう。

 主力軍は陸を通って南方の探索に出ます。
 マップ南部にも湖を発見。そこから西へ進むとRed の領地に出そうなので、南東方面へと進んでみます。
 マップ南東で、中立のSorceress の街を発見したので、防備も薄そうなので、とりあえず攻略してみました。ただ、今のところはここを開発している余裕はなさそうですので、しばらくは放置ですね。
 主力軍はさらに南東からマップ南部まで移動。敵軍はいないので気楽ですけど、この偏狭のエリアには、Dragon だのPhenix だのといった最強クラスの連中が野良Creature として突っ立っています。ちょっと倒すのは難しいなぁ。ここいらで一旦引き返すことにしましょうか。

 一方、北部でも新たにKnight の軍を編成。マップ北部にあった中立のSorceress の町を攻略します。こっちも順調です。



 主力が留守にしている間に、Red のHero が本拠地を襲撃してきました。なけなしの残存部隊をかき集めたところ、ちょっと頼りないものの、城の防御効果を加えればなんとか守りきれるかなー、なんて考えていたのですが、いきなりArmageddon の呪文を喰らって守備軍は壊滅。ご無体なー。



 とは言え、Armageddon によって敵も大損害を受けているので、主力が引き返して再奪回することはできました。だけど、なんか、随分と酷い目に遭ったような気がする……。

 それはそれとして、湖北部で育成したKnight 軍を率いて、北周りで陸地を通ってGreen の領地に侵入。北西方面にはあまり進出せずに、湖のほとりにあるGreen の本拠地の襲撃を目論みます。しかしそこには先にRed のHero もやってきていて、こちらより先に城を落としてしまっていました。
 でもまあ、実はこれは好都合。Red とGreen が潰し合って軍勢が消耗していたので、大した苦労もせずにRed を蹴散らして、Green の本拠地だったWarlock の城を攻略することができましたよ。



 ここでもう一回、Shrine で各国の状況をチェックしてみます。



 あれ? Red の方が強いのかと思いきや、城の数はGreen の方が多いのか。本拠地も奪ったし、後は弱体化する一方だと思っていたんだけどなぁ。

 ついでに、普段あんまり使わないView Towns と、View Heroes の呪文も使ってみます。





 あ、Yellow の街は北東ですか。そっちへのルートは野良Creature でふさがれていたんだけどなぁ。ま、未だに城ではなく街のままなので、あとでゆっくりと倒しにいきましょう。



 マップ北西部からやってくるGreen の攻撃が、徐々に活発化してきました。湖のほとりのWarlock の城が最もよく狙われるのですが、北を経由してKnight の城にまで足を伸ばしてくるヤツもいたりします。この辺り、完全に防戦一方ですね。しかもこいつら、自爆覚悟のArmageddon をやたらに使ってくるんだよなぁ。こういう戦法を取られると、たとえ戦闘に勝ったとしても、こちらの損害もバカにならないんですよね。

 しかし、あちらで苦労しているときには、別なところで稼ぐのです。北方でのGreen からの攻撃をなんとかしのいでいる間に、こっそりと本拠地で力を蓄えていた主力部隊は、船で湖の南にあるRed のBarbarian の城を攻撃し、乗っ取ることに成功します。
 しかし、その後はRed の残存部隊が城を奪回すべく、このBarbarian の城を目指してやってきます。もう街1つしか残っていないはずなのに、なんでこんなに元気なんだろう? 

 しばらくはRed とGreen の攻撃を受け続けます。城の防御効果もあるので、普通に戦っていれば、とりあえず損はしなさそうですね。ただ、相変わらずArmageddon による特攻を仕掛けてくるので、こちらもなかなか攻めていけるような状況にはなりません。

 などとやっていたら、今度はどこからともなくYellow のHero が登場。あれ? どこから出てきた? 野良Creature も残っているし、北東からのルートは閉ざされているような気がするんだけどなぁ。見えないところにStone Liths でも有るのかしらん。
 まあ、そんなに強くないけど、うろちょろされるのは面倒なので、まずはYellow から叩きましょうか。Knight の軍勢を北東へ……と思ったら、Yellow はこちらの本拠地の方へ逃走。ああ、もう!
 とりあえず北東の町を攻略。そのままマップ東部へと移動して、敵が船に乗ったところで追いついて撃破。ようやくYellow を滅亡させることができました。やれやれ。

 いつの間にかRed のHero を見かけなくなったので、次のターゲットはGreen です。まずは軍勢を整理して、Sorceress とBarbarian の混成軍を組織して、主力Hero に率いさせます。まずは西部にあるGreen のWarlock の城を奪取。それでも執拗に押し寄せてくるGreen 軍には辟易させられましたが、北部からやって来たKnight の軍勢との2人がかりで徐々に北西部へと侵攻。北西にあったKnight の城を奪取した後も、残党に無駄に船で逃げられたりもしましたけど、敵が上陸した先にたまたま探索モードに入っていたKnight 軍がいたのでこれを

 残るRed はもう、ほとんど死に体ですね。Hero ももう残ってないんじゃないですかね。
 野良Creature をモリモリ倒しながら南西方面へと進軍。街を奪ってから、なんかフラフラしていたRed のHero を倒して、シナリオクリアとなりました。





 日数は109日、スコアは126点、Rank はCavalry でした。

 今回マップサイズはLarge だったんですけど、あんまり広いとは感じませんでしたね。それぞれの本拠地が割と近いこともあって、辺境の地はほとんど探索できませんでした。やっぱりこういうケースは、ちょっともったいないなぁという気になってしまいます。でも、わざわざ隅々まで探索するというのも、ゲームクリアを第一目的とするならば不必要な遠回りですしね。いつでもクリアできるのに、敵を生かさず殺さずの状態においてマップの探索を進めるというのも、何か変な感じです。

 Sorceress のCreature は、序盤は飛行のPixy、肉弾戦のDwarf、射撃のElf 、終盤は射撃のDruid、肉弾戦のUnicorn、飛行のPhenix と、かなりバランスが良いですね。コストもそこそこです。難点は施設を建設するのに、いろんな種類の資源が必要な点くらいですかね。普通に使う分には、欠点が少なく、最も使い易い軍勢かもしれません。

 コンピュータはやっぱりアホっぽいですね。よくあるのが、城を奪った後、軍勢を城の防御とHero に率いさせるのと、半分に分けてしまうところでしょうか。基本的に「Heroes of Might and Magic」シリーズは戦力を一極集中させるというのが鉄則で、戦力の分散は極力避けるべきなのですが、コンピュータは平気でそれをやってきます。
 アルゴリズムはもう最高にしているので、次に難易度を上げるとしたら、敵が全員同盟を組んでいる「King of the Hill」を選択するということになりますかね。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする


« ザ・プロ野球 「電脳コイルB... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。