雑居空間
趣味のあれこれを、やたらめったらフットスタンプ




 今となっては一昨日の話ですが、日本シリーズ第6戦でカープがホークスに破れ、34年ぶりの日本一を成し遂げることはできませんでした。
 うーん、まあ、ホークス強かったなー、っていう印象が残るシリーズでしたね。全体的にミスが少なく、カープよりも一段質の高い野球をやっていたと思います。




チーム 123456789
ホークス
0
0
0
1
1
0
0
0
0
2
カープ
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0




 ジョンソン、一岡、フランスアの継投で、ホークスを3安打3四球に抑えたのですが、スクイズにホームランと、効率よく得点されて2失点。これに関しては、ジョンソンを責めるわけにはいきませんね。グラシアルに打たれたホームランも、けして悪い球じゃなかったですしね。

 それよりまずかったのは、4安打2四球で無得点に終わってしまった打線です。1回、2回と、先頭打者を出しながら、バント失敗とか盗塁失敗とか、まずい攻めで無得点に終わってしまったのが、最後まで響きました。序盤で先制できていれば、また違った展開もあったと思うのですが……。

 負けたら終わりの第6戦。開き直れれば良かったんでしょうけど、ちょっと固くなっちゃっていたようにも見えましたね。せめて福岡で1勝でもできていれば、もう少し楽に戦えたんでしょうけどね。



 シリーズ全体を眺めてみると、1勝4敗1分と、ちょっと対戦成績が開いてしまいました。ただ、試合ごとに見てみれば接戦が多く、ちょっとサイコロの目が変わっていれば、カープにも充分勝ち目はあったと思います。特に、1戦目、3戦目、5戦目辺りを勝ちきれていれば、シリーズの流れを掴むこともできたのになぁ……。

 それでも、試合内容を見れば、やっぱりホークスの強さが際立っていました。攻撃でも、守備でも、全体的にカープの方にミスが多かったし、ホークスはここぞと言う場面でしっかりとしたプレーが出来ていました。
 単純に、打つ力、投げる力でそれほど劣っていたとも思えませんが、そういう細かいミスの積み重ねが、結局は試合の行方を左右することになってしまいました。その辺りの試合運びのうまさでいえば、セ・リーグの中ではカープがダントツに上手いと思うのですが、上には上がいたわけです。いやー、まいった、まいった。



 残念、無念。今はそれくらいしか言葉が出てきません。今年こそはという思いで挑んだ日本シリーズで、面白い試合も多かったものの、やっぱり負けてしまうと結構ショックも大きいのです。あーあ。

 ただ、お気楽なファンとしては、早くも来年のリベンジを期待してしまうのです。来年は4連覇。そして35年ぶりの日本一へ。それが簡単な道のりでないことは百も承知ですが、カープならきっと成し遂げてくれると信じています。
 とりあえず、ドラフトで小園を指名することが出来たし、後はなんとしてでも丸を引きとめてもらわないと……。マジ、頼みますよ……。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 追いつ追われ... ふたりはプリ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。