雑居空間
趣味のあれこれを、やたらめったらフットスタンプ




 二転三転した日本シリーズ第5戦は、ここまで苦労していたホークス柳田のサヨナラホームランで決着。試合としてはメチャクチャ面白い展開だったんですけど、応援しているチームが敗れたとなると、ガックリ度合いもハンパないですわー。




チーム 12345678910
カープ
0
1
0
0
2
1
0
0
0
0
4
ホークス
0
0
0
2
1
0
1
0
0
1x
5




 先発の大瀬良は4回1/3、79球を投げて、5安打3四球で3失点。3回まではすばらしいピッチングを披露したものの、4回5回に乱れてしまうという、九里、野村と同じような展開になってしまいましたね。今日は打線が先に点を取ってくれていたんだから、もう少し粘って欲しかったところですね。

 2番手のヘルウェグですが、今日は2死2、3塁のピンチで登板し、投ゴロの間に1点を奪われ同点に追いつかれはしましたが、なんとか傷口を広げずに住みました。
 これまであまり触れてこなかったんですけど、ヘルウェグってこれで4試合目の登板なんですけど、いずれもランナーを置いた場面で出てきて、ピンチをしのいでいるんですよね(今日は一人ランナーを返してますけど)。デッドボールは多いし、制球もあまり良くないし、正直投球内容を見ると危なっかしいことこの上ないんですけど、なんだかんだで良い働きをしているんですよね。短期決戦だと、総合力で勝負するまとまったピッチャーよりも、こういうとんがったピッチャーの方が活躍しやすいんですかね。

 さらに、今日は6回途中からフランスアを投入。そのまま9回途中まで引っ張り、ピンチで中崎にスイッチするという、勝負手を打ってきました。しかし結果は、フランスアが明石に本塁打を浴びて同点となると、延長に突入した10回裏には、中崎が柳田にサヨナラホームランを浴びる結果となってしまいました。
 まあ、カープとしては精一杯の継投だったんですよね。この二人がブルペンでは一番頼れる存在ですし、それだけ今日の試合が大事だったということなのです。結果的に敗れはしましたが、この二人で負けたなら仕方が無いと、今はそう言うしかありませんね。



 打線は8安打6四球で4得点。正直、今日はちょっと逸機が多かったですかね。
 特に終盤、7回、9回、10回と、得点圏にランナーを進めながら、後一本が出なかったことが響きました。フランスアが長いイニングを投げてがんばっていただけに、もう少し援護できていればと思います。

 そんな中、ここまで結果が出ていなかった丸が、2ランを含む2安打を放ったのが最大の収穫でしたね。凡退に終わった打席でも、良い感じでボールを捉えられていた感じでしたし、今日の調子なら、次戦以降も期待できそうです。



 これで敵地ヤフオクドームで3連敗。カープは1勝3敗1分と、後がなくなってしまいました。せめて1勝でも挙げていれば良かったのですが……。

 土曜日からは再び、マツダスタジアムに戻ります。地の利はこちらにあります。こうなったらもう、開き直って3連勝するしかありません。
 絶対勝つぞ、カープ! 絶対勝つぞ、カープ!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« カープ連敗 ... カープ日本一... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。