心の奥にある神秘の力

この、心の力がどれだけ人生に影響を与えるか

親友 が 入院19日間の経過

2019-04-27 10:16:00 | HP
初めての人はプロローグから見てくださいね



4月1日に検査と治療のため日赤に入院することになる
その後
19日金曜日に退院したとの連絡が親友から入る
その19日間の経過を簡単に報告します

医師や看護婦さんたちは献身的に接してくれている
ありがたいことだ

2日に化学療法を受ける、

その後の経過・・・

1)抗がん剤を受けた翌日から体のだるさと食欲なし

2)日に日に体重が減少一週間で44.3キロ(3.5キロ落ちる)
   (入院前は47.8キロ 健康時は65キロ)

3)投与7日後
  歩くことも車イスでないと移動ができない状態になる

化学療法を受けると 「想いの力」 の影響力は極端に落ちます

それでも、何とか退院できるように送ってはいました
退院する前日、見舞いに行くと 
ベットに横になっていた親友がスーッと起きてきたのには驚きました

それまでは起きるのも、かなりの時間を要し難儀しながら起きたのが
その日はスーッと起きるんですからね
力がもどってきているのは間違いない
この調子ならすぐに退院できると親友と話した翌日退院ですからね

奥様の話では 退院したその日に仕事に行ったそうです

親友曰く
「抗がん剤がこれほどしんどいものとは思わんかった」

退院後 温泉に行きたいというので21日日曜日いつもの温泉に行く
そこで、驚いたことは 体重が46.3キロに戻ってました
そして・・・
風呂場の中も 一人で歩いているんです

抗がん剤の影響が切れるのが2週間ほど (担当医の話)
親友が元気を取り戻し始めたのが17日以降からです
とは言え
まだまだ、しんどい状態には変わりはありません
しかし、あれほど 腰と右肩の痛みを訴えていたのが
この最近は
腰の痛みと右肩の痛みは気にならないよにまで回復しているようです

4月24日 仕事場に電話する

>もしもし00か、腰と右肩の痛みはどうなんぞう

「おかげさまで、あれほど痛かった腰と右肩の痛みが気にならん
これはほんとに嬉しいことよ 酒井のおかげじゃ ありがたいと思うとる
ほやけんど・・・ 上体が前に倒れてくるけん 
これがなんとかならんかのう思うんじゃけど
ほんなに何もかも一片に言うわけには行かんわいのう 笑」


>そうやって仕事をがんばっておれば
 お腹もすいてくるし食欲も出てくるけん
 そしたら体重も増えるし筋肉もつく 腹筋もついてくる
 そうなったら自然に背筋が伸びて真っすぐになるけん 
 心配せんでもええ


「わしも病院では力を吸い取られるようで力が抜けてしもうたけど
今は、なんか力がついてきよる感じはするよ」

このように 余命2カ月と宣告された親友が4か月経ち
なんと
あと3日で 「 令 和 」 の時代を迎えようとしてます


追伸

26日(金曜日)電話があり 

「腰はほんとに痛みがなくなって来たんやけど
 今日は右の肩が痛くて電話したんやけど 酒井と話し始めたら
 痛みが消えたわい(笑)
 これは 何回体験しても不思議やな」



健康アドバイザー サカイ

コメント   この記事についてブログを書く
« 一生懸命に生きなくてもいい | トップ | 何の香り ? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

HP」カテゴリの最新記事