心の奥にある神秘の力

この、心の力がどれだけ人生に影響を与えるか

今回の虫垂炎で 思ったこと

2018-09-08 16:59:49 | HP
初めての人はプロローグから見てくださいね



今まで、ストレスによる病で医者のお世話になったのは
66年間で1度だけ
 
ブログにも載せていますが 
43歳の時にソフトボールの監督をしているときに肺炎になり
市民病院に1週間お世話になったぐらいです
しかし・・・
肩、首、腰、等に痛みは嫌というほどその後も体験させられました

その結果
ストレスは回避できないまでも
レットラインを超えるような生き方は今の自分にはないと確信してました

ところが 8月17日に起こった 「緊急性の虫垂炎」 

これには さすがのたっちゃん先生も 「これは、やばい」 と思いました
何がやばいと思ったのか?

手術そのものは大したことはないのですが
(とは言え、手術自体一度もない)

問題は
心をテーマに生きて居る自分が
こういう事態になったということ自体がものすごく ショックでした

ここ最近の状況を想うとき 
頭ではわかっていても 心に相当の負担をかけていたんでしょうね

その負担が 虫垂炎という形で肉体に出た
結果は、想いの力で完治したとしても・・・

  心 と言うものは ほんとに難しい 

  改めて つくづく思い知らされました



            
松山市にありますカロス健康センター:腰痛 膝痛
心の悩み 腱鞘炎 肉離れ円形脱毛症
ジャンル:
超常現象
コメント   この記事についてブログを書く
« 8月30日(木)検査日 青... | トップ | たっちゃん先生 運命の転換期 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

HP」カテゴリの最新記事