心の奥にある神秘の力

この、心の力がどれだけ人生に影響を与えるか

不思議だな~

2020-05-25 18:51:23 | HP
初めての人はプロローグから見てくださいね

それは、 5月 23日 に起きた

心の母と慕った恩師が最後に治療を受けた病院が
「松山べテル病院」 と言って
キリスト教系のホスピス精神を基本とした病院です

恩師はこの病院で眠るように亡くなった・・・
と関係者から聞いてます

不思議に思ったのは

ぼくがバイトをしている高級老人ホームは
「松山エデンの園」 と言って
道後祝谷という松山市の山の手にあり
松山ぺテル病院と同じ敷地の中に存在しているんです
(二つの施設も検索すれば出てきます のどかな施設です)

ぼくは、毎朝べテル病院のすぐ側を通って職場に通っているんです
本来なら
その病院の側を通るたびに恩師のことを思い浮かべるのが普通です

「 00先生は この病院で亡くなったんだな 」 と

ましてや自分の子供のように接してくれた
心の母と慕う恩師である

不思議というのは

5月23日べテル病院のすぐそばを掃除しているとき
ハッと病院を見上げて 00先生がなくなったのはこの病院だ 
エッなんで、今まで気づかなかったのか

昨年の11月の末、求人情報紙でバイトを見つけてから
今年の5月23日まで
 6ヶ月 ・・・半年

まったく 気づかなかった
働き始めたのが今年の1月6日
その1月6日からも 4ヶ月 と17日 ・・・

まったく気付かなかった なんでだろう?
ほんとに不思議だ

それと不思議と言えば
このバイトは1ヶ月で辞める予定でした
が・・・
何となくズルズルと居続け
「ほんとの自分に戻る」 きっかけにもなった(ブログ参照)

もし、一ヶ月で辞めていれば
ほんとの自分に戻れる条件には気づくこともなかったろう

これも 生まれる前から決めていること
とは言え
なんで 今まで 気づかなかったのか


ぼくは 冷たい人間なのかなぁ~~
それだけ自分のことしか思っていなかったということか

この期に及んでも
これほどエゴの強い人間だったとは・・・

ハァーーー( ̄Ω ̄) 出るのは、ため息ばかり



健康アドバイザー サカイ
コメント   この記事についてブログを書く
« 第1部 恩師との対話 | トップ | 初めてのボランティア  »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

HP」カテゴリの最新記事