心の奥にある神秘の力

この、心の力がどれだけ人生に影響を与えるか

想いの力は、この世の常識です

2018-06-21 14:31:11 | HP

初めての人はプロローグから見てくださいね


想いの力を純粋に 「治療」 に関して言えば 
なんら不思議でもない 常識的な治療だとぼくは思ってます

では、個人的な見解ですが
想いの力が、この世の治療と比べてどこが常識なのか
これからご説明していきたいと思います

まず、最初にハッキリしておくことは
生命体には 「免疫力」 が備わっています
これは誰でも知っていますね

この免疫力に比例して 「復元力」 が発生するんです

この復元力が本来の力を発揮すれば病や怪我など恐るに足りません
現代の医学はその復元力をサポートすることです

そのうえで説明に入ります

確かに 「治療方法」 としてはこの世の常識ではありえません
しかし
想いの力の本質を知れば何の不思議もないことがわかります

その本質とは・・・
想いの力を、一言とで言うと 「意識であり気持ち」 のこと
ほんとに この気持ち意識と言うのは大事なんですよ
なんでか
この意識や気持ちが復元力と密接に関係しているからです
この気持ちを明るい方向に向けてやると

「本来備わっている自然治癒力をパワーアップ」 させることになる

それが  →  「想いの力」  の本質です

そこで、科学的にも医学的にもなるほどな・・・と理解してもらうために
ゆっくりと 解説していきます

ブログの中でも説明してきましたが
肉体に現れる様々な病であれ痛みであれ 

 95%は 「ストレス」 によって発生している
(それに伴って 免疫力が落ちるからです)

という事実が 「たっちゃん先生の治療の基本」 です

西洋医学や漢方薬や鍼治療などの東洋医学は
あくまでも肉体上に発生した直接の原因を取り除くことによって
病や痛みを治していく
この治療を

    「対症療法」 と いいます

この対症療法自体とても大切な治療です
たっちゃんの施設で歩いたり、筋トレしたりするのも対症療法です

では、想いの力を使った治療とは・・・

癌にしろ、風邪にしろ、痛みにしろ、そのような症状を発生させる
肉体上の原因はどうして起こるか
また
典型的に心の病である鬱やパニック障害という自律神経障害の原因も

先ほども説明した 「心のストレス」 です

このストレスは人類が誕生してから抱える問題であり最大の悩みでも
あります、しかも人類がどの様に研究しようとも

   ストレス自体は0にすることはできません

なぜか?この世、この世界はストレスの海だからです
人が、あ~なったらいいな、こうなったらいいなぁ・・・と思った瞬間に
ストレスは発生するからです
とは言え
そのストレスも人類の発展に貢献しているのも事実です
問題は 「レットライン」 を超えないことです

そして 0 にできないのであれば 「緩和」 してやればいいんです

   緩和 とは → 心を休ませること

ストレスが緩和すると 「免疫力が本来の力を発揮」 してきます
(現代医学界において実証済み)
そこで
たっちゃん先生の治療で一番大切にしているのが

      「 対 話 」 です

その対話中に 患者さんの心に安らぎが自然に感じてきます
すると同時に・・・
ぼくの心に 「治った」 という想いが浮かんでくるんです
その結果、痛みが消え病も快方に向かっていくという現実が発生します

なぜ、安らぎを感じるのか、なぜ浮かんでくるかと聞かれても 
答えは正直 「わかりません」

これだけは説明ができないのです 感覚の世界ですから
(もちろん 「治った」 という想いが浮かんでこない人もいます)

もちろん、このような内臓疾患の治療は病院と併用して行います
具体的には
病院での診断や検査したデーターを参考に進めていくというわけです
そして、想いの力で治療した結果を病院で診断し検査したデーターや
本人の回復状況などでを見て完治したか否か判断します

以上が 「想いの力」 を使っての治療です



            
松山市にありますカロス健康センター:腰痛 膝痛
心の悩み 腱鞘炎 肉離れ円形脱毛症 -->
ジャンル:
超常現象
コメント   この記事についてブログを書く
« 想いの力に限界なし | トップ | たっちゃん先生が 虫垂炎で?... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

HP」カテゴリの最新記事