鬼山竜也の住宅業界 商売の王道

良い家づくりに真剣に取り組んでいる方々が、お客様のためにより良い仕事が出来るようになるためのヒントになれば、嬉しいです。

【第2418回】 ジュネーブ到着

2017年08月13日 | 住宅コンサルタントとして
ジュネーブに無事、到着しました。

伊丹⇒羽田⇒ミュンヘン⇒ジュネーブと移動しましたが、
ジュネーブの気温は到着時、何と13℃・・・。

ダウンジャケットを持ってきていて良かったです。

初日は移動でヘロヘロになっていたので、すぐに就寝し、
翌日から積極的に動きました。

到着した時は雨が降っていて、しかも2日目の朝も雨だったので、
ちょっとテンションが下がっていたのですが、お昼前から一気に青空が広がってきました。

もともと、レマン湖畔にそびえたつシオン城に行きたいと思っていて、
月曜日に行く予定だったのですが、天気が良い日にとっとと行こうと、
お昼前にジュネーブ駅に行き、切符を買ってシオン城まで行ってきました。

ジュネーブからモントルーまでの電車の車窓から見る景色は、絶景でした。



「世界の車窓から」の音楽と、森本レオさんの声が勝手に頭の中に流れてくるような感じでした。



で、シオン城を散策。
このお城は、要塞、武器庫、牢獄など、時代の変化と共にいろんな使われ方をしたお城だそうです。

天気も良く、お城から見たレマン湖はまた格別でした。



その後、ジュネーブまで戻って夕食に行きましたが、
スイスの物価の高さを目の当たりにしました。

予約したレストラン、確かに美味しかったのです。
でも、このボンゴレ、金額っていくらだと思います?



何と日本円に換算すると、4200円なんです。
盛りは普通の一人前、ですよ!
私たち夫婦は少食ですが、二人で14000円ほどかかりました。

イタリアだとおそらく二人で7000円くらいかな、と思います。

イタリアやスペインと比較すると、外食にかかるお金は倍ですね。

スイスの物価が高いのは、やはりスイスフランが強いからでしょう。

スイスの最低賃金は、日本円にすると月42万円。

どんな職業の人でも、正社員であれば、月額42万円が最低ラインだそうです。

しかも金融資産1億円以上の世帯が、何と10%もいる。

おそるべし、スイスでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【第2417回】 夏季休暇 | トップ | 【第2419回】 レマン湖... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

住宅コンサルタントとして」カテゴリの最新記事