鬼山竜也の住宅業界 商売の王道

良い家づくりに真剣に取り組んでいる方々が、お客様のためにより良い仕事が出来るようになるためのヒントになれば、嬉しいです。

【第2565回】 今後、マルタを旅する方へ(個人的忘備録も兼ねて)

2018年01月07日 | 住宅コンサルタントとして
今日、マルタを出て、ブリュッセル経由で日本に帰ります。

自宅に着くのは、予定どおり行くと8日の夜10時過ぎになると思います。

9日から仕事をビッチリ入れているので、
仕事の準備はここマルタとベルギーから日本への飛行機の中でやります。

さて、今回マルタ共和国に初めて来たのですが、
自分たちが足を運んで得た情報をまとめておきたいと思います。

今後、マルタに行かれる方の参考になれば、嬉しいです。

1.宿泊するなら・・・

私たちは、首都バレッタにホテルを取ってしまいましたが、
バレッタは泊まるよりも観光で訪れた方が良いです。
バレッタにもコゾ島にも行き易い、ウェスティン・ドラゴラーナ・リゾートなんかがオススメ。

このホテルの近くにショッピングセンターあり、フードコートありで、
食べたり買い物をしたりするのに困りません。

プールあり、プライベートビーチあり、
ここを拠点にすると良いかな、と感じました。


2.オススメスポット

時間の関係で私たちは行けなかったのですが、コゾ島、ブルーラグーンなど、
マルタの北部の方がキレイで楽しめるかと思います。

バレッタやスリーシティーズのエリアは、道路が狭くて汚い。
建物も傷んでいる。
今、建築ラッシュで粉塵とかも多いので、オススメしません。

ただ、2020年以降は劇的に変わっているかもしれません。


3.移動手段

とにかくバスのネットワークが島内に張り巡らされているので、どこに行くのも便利。
バスはどこまで乗っても1.5ユーロと激安。
後フェリーも非常に安いので、時間があれば、どこにでも行けます。
なので、島の中央付近のホテルとかも良いかもしれません。

レンタカーを借りずとも、全然大丈夫です。


4.治安

夜でも安心して歩けます。


5.物価

非常に安いので、値段を気にせず、外食ができます。
地元料理は若干スパイシーでクセがあるので、イタリアンや中華、和食のお店に行けば、
ストレスなく食事をいただくことができます。


6.ショッピング

服やバッグ、靴や貴金属を購入するのには向かないエリアです。

島内の工芸品などは充実していると思います。


7.気候

冬でも15℃~20℃の間で推移しているので、非常に快適でした。
夏は暑そうですが、プール付、プライベートビーチのあるホテルなら、
最高のバカンスが可能かと思います。


今回、いろいろと分かったので、
また近いうちに来たいと個人的に思っています。
コメント