かわずの呟き

ヒキガエルになるかアマガエルなるか、それは定かでないが、日々思いついたことを、書きつけてみようと思う

転んで。

2018-07-20 | 気ままなる日々の記録

  大雨が降り続いて、全国に被害が出る前のことだったとおもう。部屋で派手に転んだ。ひっくり返ったという方がいいかもしれない。ここ10年間には一度もないことである。 

 夕食後、デザートをを食べている時主人のためにタオルをとろうとした瞬間の出来事だった。右足のカガトがテーブルの脚にひっかかつた意識だけはあったが、あっという間に床に投げ出され

手も足も何の約にもたたなかった。気が付いたら横に倒れており左足の腰のあたりを強く打ったような気がする。

大変な事になったとまず手足、其れから体全体を動かしてみたら、それ以外の害は無いようである。 

 ホッとして起き上がり周囲を見渡すと、ひっくり返ったのは私だけではない。お膳の上にあったメインディッシュの皿はべッドの中央辺りまで飛び床はお茶や汁物でびしょ濡れ。ケアーさんに連絡するとシーツ変えより体が大切とばかり、血圧の測定。180以上あった。 

 シーツ変えに若い男のケアーさんが次に現れ「けがの様子が見たいのだけどご主人がおこるかなあ」と云われ、主人は「見るだけならいいよ」とこたえている。二人の会話をよそに私はトイレに入り下着を下げた。幸い打撲だけで怪我はない模様。

 今度は看護士さんまで現れ、いろいろ質問される。

 最後に「お家は近いですか?一人で帰れますか?」と云われる。質問の意味がよく分からなかったが「私のお家は隣の部屋です」と答えると苦笑してみえた。

この苦笑をどうとらえるか、3週間たった今も分からない。

      

                                                                 大雨の日に

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ハスの花 | トップ | 若きプラムの木の悩み。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
高齢者の転倒は危険 (ご主人の友人 T。S。)
2018-07-23 08:25:29
それは大変でしたね 体に異常がなくてよかったです。
高齢になると 何が原因となしに転ぶ事があるので
注意が肝心です。 私が工事現場で2階から階段を踏み外し真っ逆さまに落ちて行って 頭や顔に大けがを
したときも なぜ足を踏み外したのかよくわからないのです。ちゃんと足は階段についていたのに
体が突然前のみりになって 階段を2階の踊り場からまっさかさまに一階にむかっておちていきました。途中の階段で頭を打ったら ポンとはずんでもう一度落ちなおして顔から落ちてけがをしました。顔と頭が傷だらけ 血だらけで周囲の職人たりに心配をかけ迷惑をかけてしまいました。
奥さまも ご主人も車いすの事故など お気を付けください。

また
歳は取りたくない (齊藤直一)
2018-07-29 20:51:00
悦子様に 机の脚に引っかかって倒れられたと言うブログを読んで一筆書きました。小生昔から足腰は丈夫と思っていましたが。この猛暑 酷暑 異常です。朝の散歩 アピタ迄行って 帰って来ると汗びっしょり。その汗たるや普通なれば10分位で引くと言うか、汗が全部出て気分爽やかになるのが普通なれど、クーラーを25度に設定 上半身裸になって団扇で扇ぎますが、何時まで経っても汗が止まらない、漸く1時間経過して汗が引く、出なくなる。これまでにこんな経験はない、歳のセイだと思い7月26日(金)夕方18時30分に散歩に行こうと思い、部屋を出た。出た処で悦子さまに出会ったので、アピタ迄の散歩きついので今日からさくら病院を回ってかえります、ついては夕方の散歩で今から、さくら病院まっで行ってきますと言った処、飴を舐めて行きなさい、私持っているから上げます、と言われたので小生も持っていますと言って断り、さくら病院を回って帰ってきましたが、太陽の強い日差しでアスフアルトの活気の暑い事、温度計を持っていないので何度かわ不明だったが、兎に角 反射で暑い、でも散歩だと思い頑張って歩きました。処が 翌日目が明いた処、眼が思い、顔が火照ったようだ、でも朝の散歩は欠かしては閻魔さんに申し訳ないと思い決行したのが、悪かったのか朝ご飯を頂いて直ぐに寝台に横になった。これまでにない辛さ、血圧 体温は正常なので看護師を呼ぶほどではないと思い、夕方まで横臥しました。こんな辛さ90年生きて初めてだった。夕方の散歩が堪えたのだと思い、これからは日中 太陽の照る時には散歩は止めだと心に決めました。書いた書を壁に貼るのに、椅子の上に立つことが辛くなり、倒れないようにと何時も心がけて、椅子に乗っています。
これまでにない経験、シルバーカーを押して歩くのが精一杯です。
「いつまでも 若いと思うな この身体」7月29日 齊藤

コメントを投稿

気ままなる日々の記録」カテゴリの最新記事