かわずの呟き

ヒキガエルになるかアマガエルなるか、それは定かでないが、日々思いついたことを、書きつけてみようと思う

大晦日からのご報告二つ。

2012-12-30 | 気ままなる日々の記録

 今年は例年になく真面目に剪定作業を片づけてきました。一番厄介な松をもう2本も済ませたからです。松の剪定で大切なのは「足場造り」です。姿勢を崩しての作業はすぐに疲れるし、不安定な姿勢は大怪我のもとです。面倒でも知恵を絞って足場を造り、小まめに足場を作り変えて小刻みに作業を進めました。

         

         

  いずれも右が剪定前、左上は作業の途中で、左下は剪定終了の松です。残りの松は一本だけです。
  松は水分過多を嫌う植物で、どの松も周りに岩を並べて土盛りをして植えてあります。しかし、これが剪定の泣き所で、4本足の脚立は立たないのです。そこから先は知恵の見せ所で、あれやこれや足場を工夫して征服していきました。

 29日の夜、気象情報では30日は終日の雨とのこと。「明日はどうする? 立ち寄り湯にでも行くか?」と問えば、「OK」とのこと。友人が薦めていた「ササユリの湯」を検索したら30日、31日、元旦は休業と出て、迷った末、「恵那グランドホテル」へ行くことに決めました。

        

        

 雨の中のドライブが80分。思いのほか落ち着いた雰囲気の上に、ロビーからの展望が素敵なホテルに到着しました。入湯料は800円だそうですが、昼食を注文すると400円とか。もちろん雨の中を別の食堂へ行く気はなく、昼食もここで摂ることにして、思い切りの“のんびり”を決め込みました。湖の上の濃霧が格別の雰囲気を醸し出していて、2012年の疲れを癒すのにふさわしく、随分の長湯を楽しみました。

  

  写真は露天風呂からのワンっョット。裸体の男はお客さんで、お頼みしたら快く被写体を引き受けてくれ「これでいいかい?」とポーズまで作ってくれました。外は幻想的な濃霧に包まれたの風景。私の撮影力が貧弱で残念です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加