IBUSHI GALLERY 瓦廊

兵庫県伝統的工芸品『淡路鬼瓦』指定窯元 株式会社タツミのブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

沼島でみた景色。

2008年07月29日 | 淡路島
先日沼島へ行ってきました。

沼島(ぬしま)とは、淡路島の南東約5キロにある、
面積2.5km²ほどの小さな島です。
私達と同じ南あわじ市に属しています。

詳しくはコチラを


沼島へ渡るのは実は初めて…。
瓦屋根の切符売り場で乗船券を買い出発!

  

港を出て驚いたのがこのテトラポット。
写真じゃ全く分かりませんがメチャメチャでっかいんです!
ビックリしました。



それはさておき約10分ほどで沼島に到着。

      

すぐ目の前に小さな港町が広がっていました。



  

  

        

  

  



何があるという訳ではないのですが、
どこか懐かしくゆっくりした時間が流れていました。
そんな町並みの一端を担うのはやはりいぶし瓦。
日本の町並みには欠かす事の出来ない資材です。

またここでは自動車がほとんど走っていません。
聞こえてくるのは風の音、波の音、人の声、
そして家屋から微かに聞こえるテレビの音…。
とてもノスタルジックな町並みです。

船で10分とは思えない、もっと遠いところへ来たような気がしました。

にほんブログ村 住まいブログへ
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 瓦廊、夏の彩り。 | トップ | 沼島でみた景色 ~上立神岩~ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お~島だ、島。 (瓦哲)
2008-07-30 21:40:00
私も、よく島に仕事をしに行きます。
車が通れない路地と、折り重なるような瓦屋根は、何処も一緒のようですね。
そして、島は、歩きに限ります。
淡路も… (瓦廊)
2008-07-30 22:20:57
淡路も島なんですが、完全に車社会です。
ここに帰ってきてから歩く事が少なくなってしまいました…。
ゆっくり歩くのもいいものですね~。