くわ仙のブログ

羽化情報・飼育情報を中心に不定期発信します。

オークション出品しました。

2018-11-10 20:41:30 | オークション

海南島ホペイの出品をしました。

出品個体の補足情報として紹介します。

まず、出品♂はコレです。71mm(頭幅25.1)※出品では24.9mmになっていますが、測り直すと25.1mmありました

ので補足させていただきます。

ご覧の通り私好みの小尻でバランス良い、非常にホペイらしい個体です。

しかし、今季の出品虫のなかで一番小さく、71mmの個体です。

Web画像上では、60mmでも80mmでも同じ様なスケールに見えますが

やはり77mm辺りの個体とは所有感は違うと思います。

受け取った時にギャップのない様、出来るだけフラットでリアルな状態での撮影を心掛けていますが

小さな個体は難しいですね。

ただ、この個体は秋採れのため小さいですが(私の環境下では大きくなりません)

77mmの血筋です。ご参考下さい。

 

 

コメント

オークション出品しました。

2018-10-07 12:18:39 | オークション

海南島ホペイの出品をしました。

出品個体の補足情報として紹介します。

まず、出品♂はコレです。75mm(頭幅26.5)

ご覧の通り良い個体です。が、私感としては頭幅がもっとほしいところです。

凄いバランスのご期待には添えないと思えます。

ですので、頭幅のある同腹49mmをペアにしました。

 

また、今回の同腹ペアの ♂親は上画像77mm、別腹♀の ♂親75mmは下画像になります。
 
別腹♀の兄弟♂がコチラ
 
 
コメント

今年の結果

2018-09-09 17:27:22 | 日記

カタチが好きでメインでブリードしている、海南島のhopei。

今年の結果は・・・

期待通りだった点

①少ないブリード数でも、好みのカタチが継承されている。

②羽化不全が皆無だった。羽化後★も無し(蛹化直後に数頭でた)

③全てが同レベル、とは言えないにしても極端な針金・ロケット個体の発現は無し。

期待ハズレだった点

④添加剤を前回より高添加したがサイズUPに繋がらず。

考察

①に関しては、今回 1♂×2♀/1♂×2♀ 2系統で合計30数頭でも好みのカタチが発現した。

 数を増やしたくない私にとっては重要事項。しかも♂♀数に偏りがなかった。

②に関しては、④との兼ね合いが大きく影響するはずだが、高添加による好影響・悪影響ともに受けにくいタイプなのかもしれない。

 但し、極小♂が1頭発現。次回のさらなる検証事項とする。

③に関しては①と同等重要で、手元にブリード用に数等しか残さない為 ショボイのが多いと出品グレードに適さず、出品しづらい。

以上が、ざっくりした所見です。

近々出品していきます。興味のある方はまた、ご覧ください。

来季の種親候補の画像を貼っておきます。

海南島 五指山産 F6 77mm 頭幅28.2mm

海南島 五指山産 F6 短歯強湾曲顎 69mm 頭幅25.3mm

 

コメント

求めるカタチ

2018-01-16 16:52:39 | 日記

この時期はなにもすることがなく、また菌糸ビン触れないで外から眺めています。

さて画像は種親の海南島五指山 77mm 頭幅28.4mm 。腹が小さい 見事な逆三角形。

現在求めるカタチその物です。あとは、このカタチのまま更に大きく出来る為の選別が上手くいくか・・・でしょう。

5~7月くらいに結果がでますが、昨年は試したことがあるので その辺り含めて楽しみではあります。

前回は不全皆無でした。ここが重要になります。もし不全率が上がればブリード方法を見直さなければなりません。

 

コメント

アーカイブ

2017-05-16 10:41:27 | 日記

画像の個体は7年前羽化の国産です。

以前の日記にも掲載しています。今のネット上の極太と較べても遜色ないと思いますがどうでしょうか。

当時は不全でも顎が厚ければさほど気になりませんでしたが

今は少し気持ち的に厳しいですね・・・修繕補修も下手ですし。

当時は若い頃のアーノルド・シュワルツェネッガー的な太さを求めていました。

なのでHPもそれに因んだ名前にしていました。

今現在は 大谷翔平 的スタイルに魅力を感じます。解りますか?

自分の中では大きさとスタイルの良さと厚みのバランスが高次元で取れていると感じるのです。

 

 

コメント