大海の一針

命を活かして生命となす。人はこの生命を使う為に生を受けたと言う。それが自分の使命。今、その使命を果たしているだろうか。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

忘己利他

2016-06-21 11:58:34 | 日記

久々の更新になります。

タイトルの文字は「もうこりた」と読みます。瀬戸内寂聴さんが時折この言葉を引用されているようです。読んで字の如く「己(自分)を忘れ、他を利する」の意味です。

非常に意味深い言葉だと思いますが、実践は非常に難しい。自分の利益しか考えない会社はいつしか自滅の道へと進む。人もまた同じではないかとも思います。

自分の行いで、他の方が喜ぶ姿を見ると清々しさを覚えます。これが、人間本来の姿なのかもしれません。

自分が、自分が、という自分中心の生活・行動は「もうこりた」、これっきりにしよう。そんな言葉のようにも聞こえます。

 

「情けは人の為ならず」あるいは「受けた恩は石(胸?)に刻み、掛けた情けは水に流せ」との先人が残された言葉を今思いおこしています。

人生劇場の幕引きが徐々に近づいてきている今日この頃、「良き一生であった」と言える人生訓のように感じております。

(合掌)

コメント   この記事についてブログを書く
« 今思う | トップ |   

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事