中央市立田富小学校

日常の様子や学校行事をお知らせします。

二学期が始まりました

2018年08月30日 | 日記
8月27日(月)に始業式が行われ、二学期がスタートしました。
始業式では、2,4,6年生の代表が夏休みの思い出と二学期に頑張りたいことを発表しました。
マイクを使わないでみんなの前でしっかり発表することができました。


二学期は運動会や音楽集会などたくさんの行事があります。
まだまだ暑い8月末からのスタートですが、充実した学校生活が送れるようにしたいですね。

夏休みまでもう少し

2018年07月19日 | 日記
夏休みももう少しとなり,各学級の授業も一学期のまとめになっています。

3年1組では粘土でお店づくりをしていました。ピザ屋さんのピザを作ったり,ペット屋さんの動物を粘土で作ったりと楽しく取り組んでいました。
 
二人で協力したり話し合ったりしながら工夫しているのかな?

3年2組ではテストの直しとドリルのまとめの問題に取り組んでいました。

「ここを見直せば分かったのに。」「これは難しいなあ。」など,しっかりふり返っての取り組みができました。

4年生は1組・2組ともプールでクロールと平泳ぎの練習に取り組んでいました。
 
クロールの息継ぎや平泳ぎの足のかき方など,正しい泳法になるように,1つ1つの動作を確認し合いながら練習をしていました。

一学期末に向かって ラストスパート

2018年07月13日 | 日記
7月ももうすぐ半分が過ぎ,一学期もラストスパートにはいってきています。

1年1組では絵日記のかき方の学習をしていました。先日行われた「ふれあいタイム」を題材にしながら,みんなで進めていきました。
これで夏休みの思い出をしっかり絵日記にかくことができますね。


1年2組では「大きなかぶ」の学習をしていました。登場人物を出てきた順に確認し,役割分担をしながら音読練習をしました。役を交代しながら練習すると,工夫の仕方がよく分かりますね。


2年2組では,「ミリーのふしぎなぼうし」のチェック問題(プレテスト)に取り組んでいました。お話が長いので大変ですが,これで自信を持って本番のテストに取り組むことができますね。


夏休みもいよいよ間近ですが,しっかりとまとめをして,楽しい夏休みを迎えられそうです。



学期末に向けて

2018年07月02日 | 日記
早いものでもう7月に入り,各学級とも学期末に向けてまとめの学習に取り組んできています。

5年1組では,国語で「千年の釘に挑む」の学習に取り組んでいました。
本文のまとまりごとに小見出しをつけていきます。自分の考えをノートに書いてから発表し合っていました。
 

6年2組は,算数で「分数のわり算」の学習でした。
数直線を書くことで関係を確認し,答えの見つけ方を検討していきます。検討の根拠となるのはここでも自分のノートです。ある数を□として分数倍の式を作って,そこからわり算を導き出していました。
 

6年1組は,理科で「生き物の暮らしと環境」の学習でした。
自分たちの食べ物からスタートして,食物連鎖について学びました。


一学期のまとめに向けてがんばっている子どもたちでした。

音楽集会と救急法講習会

2018年06月25日 | 日記
6月12日(火)の一日学校開放日には,音楽集会と救急法講習会も行われました。

音楽集会では,2,4,6年生の発表が行われました。
2年生の発表は鍵盤ハーモニカでの「かっこう」と元気な歌声での「青い空に絵をかこう」です。
指の使い方にも気をつけながら,しっかり吹いていました。また,「青い空に絵をかこう」の「エイ,ヤー」は力強かったですね。
 

4年生の発表は,「小さな世界」の合奏と「いつだって」の合唱でした。3年生から使うようになったリコーダーもとても上手でしたし,木琴,鉄琴,太鼓などとも息もぴったりでした。また,しっかり指揮に合わせて,きれいな歌声が響いていました。
 

6年生の発表は,国語で学習する谷川俊太郎さんの「生きる」のアレンジと「ラバーズコンチェルト」の合奏でした。呼びかけによる「生きる」は,本当に心に語りかけてくるものがありました。また,リコーダーをメインに据えての合奏は,まるでアーティストのライブのような発表でした。
 

田富小学校では6年生の保護者に夏休み期間中のプール当番に協力していただいているので,そのための緊急訓練の意味も含めて6年生の親子活動として救急法講習会に取り組みました。プールでおぼれてしまった人がいたとき,気を失ってしまって倒れている人に出会ったとき,どのように対応すればいいのか,またどんな緊張感があるのか,模擬体験ができました。