草木と花の彩景

【立山の麓から】のガーデンフラワー紹介および自然とのふれあいによる山野草・樹木・風景等を綴っています。

早春の里山を訪れて

2008-03-31 22:48:13 | 登山・自然散策
昨日、雨の止み間に知人Hさんの案内で、残雪が少し残るものの、早春の芽吹きを観察しながら、里山に行ってきました。
雪解けとともに、春をつれてくる植物を観察しましたので掲載します。

【ダンコウバイ】・・・・アブラチャンと良く似ていますが、花茎がないのがダンコウバイです。 雌雄異株で写真は雄花です。


【キブシ】・・・・ 名前の通り、フジの花に似ています。


【フキノトウ】・・・・雄花

【フキノトウ】・・・・雌花


【白色キクザキイチゲ】・・・・紫色もあってキクザキイチリンソウとも言われます。


【スハマソウ】・・・・総称して雪割草です。


【フサザクラ】・・・・名前にサクラと付いていますが、サクラのイメージから程遠いフサザクラ属です。


【○○・・ネコヤナギ)・・・・なんと言うな名前のネオヤナギでしょうか?
ヤナギは種類が非常に多く、図鑑を見て調べているんですが・・・・。カワラヤナギかな。


今日も天気がよくなく寒も戻ったようで、天気の予報も暫くは雨・曇りの多い日が続いているようです。

今日は、立山・黒部アルペンルートの最新情報をいただいていますので、眠らずに?続いてブログを作ります。
ご期待を。
=herai=




コメント   この記事についてブログを書く
« 雪割草の開花 (続編) | トップ | 白銀の立山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

登山・自然散策」カテゴリの最新記事