草木と花の彩景

【立山の麓から】のガーデンフラワー紹介および自然とのふれあいによる山野草・樹木・風景等を綴っています。

アズマシロカネソウを観に ~里山の早春の花々~

2009-03-29 23:55:53 | 登山・自然散策
 ボランティアガイド仲間で山の達人Kさんの『【アズマシロカネソウ】を観に行こう~』と言うお誘いにのり、総勢7人で身近な里山へ出かけました。
アズマシロカネソウは、見頃で、その他早春を飾ってくれる花々と出会いました。

           キンポウゲ科シロカネソウ属【アズマシロカネソウ】
          
          

          【チャルメルソウ】
          
          

          【キクザキイチゲ】
          

          【タチツボスミレ】

          

          【エンレイソウ】
          

          【ミヤマカタバミ】
          

          【ショウジョウバカマ】
          

          【フサザクラ】・・・・1科1属の植物でサクラとは言え、カツラに近い種です。
          

 久しぶりに植物観察に出かけましたが、天気も寒いながらもまあまあ。
早春のお花や木々の新芽を眺めて、春の訪れを実感し楽しいひと時でした。
                 【BY  立山の麓から】
よろしければ、ランキング【季節の花】をクリックして下さいね。
                        にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 小さくて可憐 ~トキワイカ... | トップ | 立山連峰・剱岳から日の出  »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
早春 (ミセスサニー)
2009-03-30 09:10:52
素晴らしい、可憐なお花たちですね。
それぞれの個性ある姿、ほれぼれします。
お仲間がたくさんで、たのしそうです。

ヒサカキ、雌雄別株だったのですね、
よくわかりました。
こんにちは (KYR)
2009-03-30 16:27:28
今日のお花もとても可憐で素敵なのばかりですね。
アズマシロカネソウは蘭に似ていますね。とても可愛い!
チャルメルソウも初めて見ました。小さいお花でしょうか?花びらが可憐ですね。
ミヤマカタバミは、普通見かけるのと違い、真っ白で素敵ですね。
こんなに沢山のお花、石川県の樹木公園にはないようなお花ばかりです。
アズマシロカネソウ (るな)
2009-03-30 17:40:47
すべて自然のままのお花なんですね。
すばらしい~。山の達人さんのご案内がないと
なかなかこんな姿を見ることが叶わないでしょうね。
アズマシロカネソウ、初めて拝見しました。
あんまりすてきなので、検索してみました。
う~ん、なかなか会えそうにないお花ですね。
どれもため息が出ます。
こんばんは (みどり虫)
2009-03-30 22:08:31
 本当に色んな山野草が見られるんですね、そこは保護区なんでしょうか??
いつまでも自然が残されると良いですね。
ミセスサニーさんへ (立山の麓から)
2009-03-30 23:46:58
今晩は。
コメント頂き有難うございます。
遠くへ行かなくても、身近な所で春を告げるお花を観察して来ました。
雪解けとともに、これから自然の植物を観るのが楽しみになりますね。

ヒサカキの匂い・・・・良いという人と嫌う人それぞれいるようですね。
雌雄別株ですが、まれに両性花もあるようです。
両性花・・・ヒサカキのお花を見る度にチェックしていますが、まだ見ていないです。
KYRさんへ (立山の麓から)
2009-03-30 23:59:02
今晩は。
アズマもチャルも、とても小さいお花です。
でもレンズを近づけて撮ると可愛いんですね。
チャルメルソウとは、チャルメラ(中国のラッパ)に似ているところからきているようです。
名づけた人・・・夜鳴キソバのラッパを想像したのでしょうか。
面白いですね。

樹木公園はどうかな。これらはどちらかと言えば、湿地帯に生えていました。
るなさんへ (立山の麓から)
2009-03-31 00:11:39
今晩は。
山好き(登山でなく)で里山自然観察に出かければ良く見かける花々たちばかりですよ。

自然に生えている植物は、自分にあった環境で育っているから、美しいですね。

みどり虫さんへ (立山の麓から)
2009-03-31 00:18:11
今晩は。
保護区でもなく、里山で近くには人の暮らしがあります。

早春を彩ってくれる、こういう何気ない植物も大切に残していきたいですね。

コメントを投稿

登山・自然散策」カテゴリの最新記事