蓼科クラフトヴィレッジ 陶芸工房 陶仙房

私達は山の工房で、若手作家など個々で活動しているスタッフの視点で、その時に感じている事を声にしていきたいと思っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

陶仙房農業部

2020年10月12日 | 季節

秋になってきて、ほおずきの収穫が頻繁になってきた。
大根はいまいち出芽が悪く例年より収穫量が減りそうだ。
シミ大根も少なめで少し楽は出来そう。
今年から始めたエゴマも収穫時期になり刈り取りが始まる。
刈り取られたエゴマは古民家の軒下で干され脱穀して油を搾る。
自家製のエゴマ油だ。
カフェ部ではエゴマの葉さえ味噌にしていた。
美味。

山人

むにゃむにゃ

2020年10月07日 | 季節
陶仙房須栗平の陶仙房畑で、ほおずきの収穫に。
ジャングルの様なほおずきの枝を掻き分けながら、収穫していくと、うん?なぁに?わぁ!
よく見たらコウモリがほおずきの葉っぱに捕まりお昼寝?していた。むにゃむにゃしていて、
何だか可愛かったから起こさないように、そぉっとそこを行ったり来たり。
甘酸っぱいフルーツほおずき。
今年も美味しく出来ました!
ランチにも少しだけお裾分けに添えてます。

気まぐれマダム

お彼岸のころ。

2020年09月27日 | 日記
毎年、彼岸花が咲く。
その頃、必ず咲くのがすごい。


付けまつ毛のカールのように、
くっきりカールがとても印象的。


この夏は、一段と暑く、
うちのは、今年は珍しくその頃に咲かず、
一足遅く、やっと成長してきた。

きっと、時期を勘違いしているのだろう。


森へいくと、
偶然ポツリと咲いていた。

やっぱり、自然界はすごい。
季節を分かっている。
そして、その美しさに思わず、圧倒された。

葉っぱ


今も、昔も。

2020年09月16日 | 日記
 春はあけぼの
 
 夏は夜

 秋は夕暮れ

 冬はつとめて   
          枕草子


 秋の夕空が真っ赤に染まって
 哀愁があって
 何だか調べてみたくなった。

 清少納言をはじめ、
 様々な人々が秋の夕暮れに物想いにふけ
 詩を読んでいた。
 
 逢えないけれど、昔の人も、今も、
 同じ空を見上げて想いを馳せていたのは
 一緒なんだなぁと
 無性に逢ってみたくなった

 ゆ−みん


2020年09月06日 | 旅行記


今日は、暑さもおさまり
涼しい里。

外へ出てみると、
ほおずきが実ってたり
空の色や雲の形が
変化していたりと
小さな秋の気配を見つけることができ
て、それがちょっと
楽しみな今。

ねこじゃらし