喜色満面レポ★漫画・小説・TV

キットカット「脱プラゴミ」紙包装でブランド価値アップ?

紙包装に生まれ変わったキットカット。
脱プラゴミの紙包装でキットカットのブランド価値はアップするのだろうか?
と言うか今や企業は脱プラゴミへの努力をせずにはいられない時代。
頑張りたまえよ( ̄ー+ ̄)

キットカットの画像 tataraworks 喜色満面レポ



どーも、喜色満面レポのたたらです。
主力商品の「脱プラ」は国内のお菓子メーカーでは初の取組!
紙包装のキットカットはお菓子売場で目立ってたわ。
折り鶴のデザインもなかなか良い。
高級感が増した気がする。


しかーし、残念ながら中の個包装はプラのままなのだよ。
どうせなら個包装も紙にしてほしかった。
と、思ったらネスレグループではちゃんと目標設定してました(^O^)v
2022年までに小袋を含めた全キットカットの包装をリサイクル、リユースできるようにするんだとか。
そして、2025年までに全製品でリサイクル、リユース可能な包装に切換えるらしい。
(・・||||rパチパチパチ

キットカットの画像 tataraworks 喜色満面レポ



道のりはまだ遠い。
しかし、キットカットミニ等5種類の外袋を紙に変更するだけでもバカにできない。
なんと年間約380トンのプラスチック削減になるんだって。
うひょーっ、そんなに!?(゜ロ゜屮)屮


そして、この画期的な紙包装の取組に一役買っているのが京都のイシダ。
創業1893年(明治26年)で民間初のハカリメーカー。
イシダは食品や小売り向けの計量・包装関連機器のメーカーとして世界第2位。
縦ピロー包装機売上年間50億円規模で世界第1位の会社。


プラスチック包装材向けの従来機を大幅に改良。
その改良機を縦ピロー包装機「インスパイア」の標準品として国内外で展開しようとしている。
タッチパネルで簡単操作……
うむ、機械のことはよく分からんがなんだか凄いらしい(笑´∀`)
ちなみに私はイシダさんの回し者ではありません、と念のため言っとくね。

キットカットの画像 tataraworks 喜色満面レポ



世界190カ国で事業を展開するネスレの中でもキットカットは日本がダントツで売上トップ。
それゆえ「脱プラ」に真っ先に取り組んだことは素晴らしいわね。
企業は瞬発力大事よねd(^-^)


プラゴミはめぐりめぐって結局人間の口に入ってしまう。
海に流れ出たプラスチックを魚が食べて、その魚を人間が食べて……
そう思うと恐ろしい{{(@_@)}}
企業の知恵と努力に頼るばかりじゃダメ。
自分にできることを私たちもしなきゃ!
ゴミの分別くらいはちゃんとしようかね。

ご訪問ありがとうございました(人´∀`*)
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「気になるニュース」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事