電波犯罪と超科学

アベノミクスで上層と下層が潤った。これから中間層だ。よって、継続!!
野合になると円高、株安でデフレ深刻、景気悪化!!

日本がすでにアジアの盟主である6つの理由

2017-03-11 11:01:22 | 社会思想の終焉

 こんにちは

 昨年秋から、私の頭の低下がみられたが、暖かくなって、活発に動くようになってきた。寒いと、何も考えられなくて、鈍くなる。

 晴れ
 
 日本がアジアの盟主である理由
 経済力第三位の日本が、アジアのリーダー、つまり盟主になれる、とする本をみかけた。日本はその地位をすでに実現している。盟主になることが課題ではなく、いかなる盟主になるかが、今後のテーマである。

 1 中国の横暴に対抗する周辺国の中では、日本はリーダーだ
 中国の脅威は増す。中国は南沙諸島に軍事基地を作り、尖閣諸島を中国公安の漁船でとりまき、ベトナムや韓国に領海侵入する中国漁船は暴れる。ネパール北部には領土侵攻する。インドとも衝突する。このように中国の軍事侵攻に周辺国は手を焼いており日本、インド、韓国、フィリピン、ベトナム、モンゴル、(ロシア)はまとまる。その中で、日本は対中国においては、率先して封じ込めをはかる。アメリカの民主党政権がチャイナマネーで取り込まれたためだ。

 2 経済では2位だが、産業構造が最も進む

 日本は経済が中国に抜かれアジア2位だ。世界の15%に達する経済規模の中国には勝てない。が、先進国として中国よりも産業形態などでリードする。中国に追い抜かれるのはそう遠くない未来だろう。だが、今は、経済の先進国として、アジアの経済システムの構築をリードする立場だ。日本は戦後70年、現在も日本はアジア経済のリーダーである。

 3 東アジアで唯一の国際政治のリーダーは日本

 日本は政治において優位な立ち位置にある。共産国など野蛮な国が、新しい秩序など作れるはずもなく(野蛮のシステムを拡大するが)、東アジアで唯一の先進国として君臨して、国際秩序の形成に力を注いできた日本には、その期待がかかる。

 4 情報産業でも、日本はアジア随一 

日本は文化的には、ゲーム、情報産業や新しい工業製品でリードする。が、こういう先端産業で、優位がいつまで続くのだろうか。それはともかく、日本は情報産業では、アジアで随一である。インドが台頭しつつあるものの、まだ抜かれてはいない。

 5 学問では、日本はアジアナンバーワン

文学、学問の優越性はどの程度か。確かにノーベル受賞者は日本がアジアで多い。中国の社会学は共産主義の制限を受けて、自由がなく、とても貧弱だ。中国の科学技術も、世界の先進国(米国、日本、ヨーロッパ)には追いついていない。アジアで科学でリードしているのは、日本である。が、さてさて、いつまでそれは続くのだろうか。中国が共産国の間は、技術や理論で追い抜かれる心配はない。それは民主化してからである。

 6 現代文化の生産量も、日本がアジアで先陣を走る

音楽、アニメ、テレビ、映画、スポーツは、今のところアジア諸国よりも日本は10-20年は進む。日本を真似する他のアジア諸国は少なく、とても日本はアジアの見本や模範ではない。ぴんぽん、バレーボールなどは中国に追い抜かれた。先進文化では、頭一つ抜けているものの、圧倒的なものではない。スポーツでは日本は中国に負けており、アジアのスポーツ大国ではない。

 7 ほぼすべての分野で日本は東アジアのトップだ。よって、アジアのリーダーは現在も日本である。

 盟主は、他国に優越しなくてはならない。日本は、アジア諸国の中で、現在は科学、文学、音楽、産業などでトップを走る。だから、その面でアジアを束ねることはでき。が、圧倒的な差ではなく、やがて追い抜かれるものもある。政治的な面では、日本は自由主義国として、70年以上の実績があり、共産中国には40-60年(民主化しても、政治家が共産主義を脱くまで1世代かかる。30-40年はかかる)は抜かれないだろう。

 アジアの盟主は、現在は日本である。それは野蛮な体制の中国でも、混乱をまきちらすロシアでも、技術がなく商売上手な韓国でも、台湾、フィリピンでもない。だが、これからも技術、理論、人材などで優れたものを輩出し続けなくては、その地位は脅かされる。それを高めることが大切である。


 大野地震研究所 http://tasuku2013.web.fc2.com/world007.htm
 3月公式予知
1, 3月10-13日 M7 NZ
2, 3月13-16日 M6 イタリアかアフガン
3, 3月2日 M7 パプアニューギニア → ほぼ的中 3月6日 M6.5 ニューギニア
   
 電波犯罪
 今日も、疑似花粉症で、鼻が痛くなる。鼻水が出て、強いかゆみがある。かなり悪質である。睡眠中に刺され、薬剤を鼻に入れられた。急所も何か傷つけられて、さえない。ヒノキ花粉症と思わせたいようだが、ムダである。私は一切の花粉症ではない。

  川西と池田のアカはキチガイだ。私に何かすると党に迷惑になることがまだわかってない。何があろうと、人を傷つける権利はアカ細胞にない。
 
 今日も目を刺された。目に赤い傷が小さくある。ストーカーは毎日、大店などでみかける。歯削りがひどい。夜は噴霧剤と目への刺激電波だ。睡眠中に目を刺された。毎日、音声送信はある。

 では

コメント   この記事についてブログを書く
« 新作本の半分は、日本の知性... | トップ | 園児や学生が首相を応援する... »

コメントを投稿

社会思想の終焉」カテゴリの最新記事