電波犯罪と超科学

アベノミクスで上層と下層が潤った。これから中間層だ。よって、継続!!
野合になると円高、株安でデフレ深刻、景気悪化!!

義足の男は走り幅跳びで一般と同じくらい飛べたら、一般扱いになるか?

2016-07-26 11:53:14 | 社会思想の終焉

おはよう

 義足の男は走り幅跳びで一般と同じくらい飛べたら、一般になるか?
 NHKで義足の男が走り幅跳びで、いい成績を出して、世界のトップ選手に追ったから、健常者扱いするべきか? を問う内容があった。

 『ミラクルボディー  第3回 未知の能力を呼び覚ませ  義足のジャンパー マルクス・レーム

 参考『義足のレーム選手はリオ五輪断念』(アサヒ新聞 7/2)

 義足のドイツ選手マルクス・レームは8m飛んで、ドイツ国内では最高だった。オリンピックの参加資格がほしいと彼は求める。
 国際陸連は、義足が有利に働いていないことを完全に証明できたら、許可するという。
 私の考えは、明らかに義足のバネ、もしくは義足の力で飛んでいるので、一般と同じに扱うべきではない。
 その選手は片足が義足で、片足は使える。飛ぶ時は、使えるほうの足で飛ぶべきだった。義足で飛ぶからアウトである。ただ義足で驚異的に早く走るなら、それでアウトだ。
 彼は走る早さが走り幅跳びの世界トップよりかなり遅い。それでも義足を使うと飛距離で世界トップに迫れる。飛距離が出たのは義足の力だ。
 健常者でも、浮く水着を使って、早く泳ぐのはアウトだ。ドーピングもある。薬物もいけない。人間が道具を使って、運動能力を高めるのは、シビアに判定される。
 障害者だからといって、そこが緩くなるわけではない。彼は健常者に求められる厳しい基準をクリアしていない。

 パラリンピックに出る。それでいい。
 

    
 大野地震研究所 http://tasuku2013.web.fc2.com/world007.htm
 震災8/10説です。家に中で地震に襲われた。津波から逃げることを考えます。
   
 本日の被害
 昨日は、左目が痛む。

 今日も目を刺された。目に赤い傷が小さくたくさんある。ストーカーは毎日、大店などでみかける。夜は噴霧剤と目への刺激電波だ。睡眠中に目を刺された。音声送信はある。

コメント   この記事についてブログを書く
« 労組に課税しよう これから... | トップ | WILL9月号 『次に危ないのは... »

コメントを投稿

社会思想の終焉」カテゴリの最新記事