電波犯罪と超科学

アベノミクスで上層と下層が潤った。これから中間層だ。よって、継続!!
野合になると円高、株安でデフレ深刻、景気悪化!!

日本共産党公約、全批判7 そのデタラメの数々--  共産党は自ら退場すべきである。共産党利権のための公約ばかり

2017-10-16 11:36:20 | 社会思想の終焉

 こんにちは

 総選挙、自民党の優勢が伝えられる。実は、モリカケを唱えるほどに魔法のように、自民への支持が集まる。そのからくりにサヨメディアがまだ気づかない。

 今日は、日本共産党の公約批判のラスト。朝に、共産党の政権放送を見たが、嘘くさい話ばかり。下に、その真実を説明した。もはや、「政権を批判するだけの政党」は、価値がない。そういう時代になった。そこが、全共闘などはわかってないようだ。

 

日本共産党公約、全批判7 そのデタラメの数々--  共産党は自ら退場すべきである。共産党利権のための公約ばかり
 
日本共産党は、2017年秋の衆議院選挙の公約 
 今日は7枚目。

前回、なぜか日本共産党は、一部、太陽光発電に投資した資本家の利益を守るべく、『電力会社による再生エネルギー「買い取り拒否」をやめさせます。』と珍しく、資本家側に立っていた。共産党は太陽光発電の利害関係者らしい。

志位は、アベ政権は1%の大企業と富裕層だけの政治をしているという。
誰も信じない。大企業だけが活躍して、他の中小はやや落ち目の国は韓国だ。サムスンなどは財閥は給料もよく、そこに就職したがる若者が多い。財閥とその他とでは圧倒的な格差がある。

それとは比べ、中小も活気がある日本。一昔は、大手企業に志願するのが、生活の安定、人生の勝利者みたいな空気があった。が、昨今、若者は大企業に就職することに、しだいにこだわらなくなった。あまり大企業とその他とは、格差はないからだ。

つまり、日本は1%の大企業や富裕層向き、99%を虐げるような政治をしてこなかったのである。こういうのは、ここに書かなくては、実感できることだ。そういう経済の当たり前の認識とは、かなりかけ離れたことを言う共産党には、庶民はあきれる。経済認識がそもそも間違っているが、それをくそまじめに言う。そんなに大企業が嫌いなのか? 実に、使えない政党だと。


 10、災害から国民のいのちと財産を守る政治に
 簡単には、親善災害の被災者、避難者、中小業者にバラマキをする、これまで以上に政府サービスをするという公約が並ぶ。しかし、よく考えると、自民党や国はこの面で力を入れている。共産党の出る幕はないようだ。

 ≪市民と野党の共闘の前進と日本共産党の躍進を≫
 共産党と一緒に活動するのは、反日市民、左翼市民、全共闘の60-80歳老人くらいだ。日本の治安を脅かす共犯関係にある者達だ。真実の市民は共産党にそっぽを向いている現実を知らないようだ。そういう暗いのが、日本で力を強めてゆくことには、危機感しか覚えない。
 市民と共闘するのは、自民党や維新である。希望の党は、連合などが入り、どうも怪しげな団体が影響を強めた。

 共闘の大義とは、これら秘密保護法、共謀罪などの組織犯罪法をつぶすことらしい。安保反対から、日本共産党はアングラな側に立つようだ。そういう地下の者達が結集することが、共闘らしい。日本国の治安と経済を破壊するという目標のようだ。その目標を共有する者達は、得たいが知れない。

 そもそも日本共産党という正体の知れない団体--まもなく解散すること必至の団体と、どこが手を結ぶのだろう。その余波を受けるリスクが怖くて、誰も共闘しないのではないか? 民進党もしだいに遠ざかっている。
 
安倍暴走政治に退場の審判をくだし、すべての国民が個人として尊重され、尊厳をもって生きていける日本を、ごいっしょにつくろうではありませんか。

 何を間違えているのだろう。『その暴走に退場の審判を下される』のは、自民党ではなく、影で何かやっている共産党だろう。私には、共産党は、個人を尊重しないで、隠れて貶め、傷つけ、その尊厳を奪うことをやっているようにしかみえない。共産党は、認識が現実と乖離してはいないか? 人権が守られた日本を作る方法は1つ、共産党に退場してもらうことしかない。

 『ごいっしょにつくろうではありませんか。』 結局、アベ首相のパクリで終わっていた。

 共産党はひどい。経済政策は民主党以下ですでに失敗したものを平気で掲げ、デタラメ。犯罪組織を野に放つべく刑法を変えようと狙う。大企業と金持ちから搾取することしか頭にない。

 しかも、一部(ジジババ農家、太陽光発電の投資家など、民医連)の利権は保護したい。こんな政策では、民主党よりもひどいことになり、もし政権交代して、日本共産党が政治をしたら、日本は暗黒化して、一気に転落するだろう。なにしろ日本の主要産業である大企業をつぶすことが、共産党のしたいことだからだ。とてもじゃないが、共産党に政治を任せる、委任する気にならない。

 

 つづきはまた

 みんなで広めよう。ネトウヨなら、私が書くくらいのことは軽く言えなくては、ネトウヨと名乗るのも恥ずかしいかもしれない。

  電波犯罪
 今日は、脳刺しがひどい。後頭部に何か熱を帯びる。昨日は、目の周辺さしがひどかった。

 川西と池田のアカはキチガイだ。私に何かすると党に迷惑になることがまだわかってない。もうすぐ捕まるのにまだ犯行を続ける。
『アカファイルで不倫の子が夫にバレた。夫にも外に作った子がいる。だから死ぬ必要はない。』http://blog.goo.ne.jp/tasuku44/e/55551d70f14aff5b2b47e20ed193777b

 今日も目を刺された。鼻から頭内も刺された。目に赤い傷が小さくある。ストーカーは毎日、大店などでみかける。歯削りがひどい。夜は噴霧剤と目への刺激電波だ。脳刺し。室内で座ると窓側の頭の部位が痛くなる。体が疲れやすい薬を睡眠中に飲まされるのは5月から。毎日、音声送信はある。

 では

コメント   この記事についてブログを書く
« 日本共産党公約、全批判6 そ... | トップ | 立憲民主党の公約---2/3はア... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会思想の終焉」カテゴリの最新記事