電波犯罪と超科学

アベノミクスで上層と下層が潤った。これから中間層だ。よって、継続!!
野合になると円高、株安でデフレ深刻、景気悪化!!

箕面の滝の前で、不審なおばさんが現れ、迷惑千万。

2017-09-25 11:53:32 | 社会思想の終焉

 こんにちは

昨日、箕面の滝に自転車で行って、長い長い上り坂にバテてた。滝もしょぼく、湿気もきつく、肝心な猿もいなかった。苦労していっても、がっくり。

 帰り際、自転車を押して帰ろうとすると、箕面の滝のすぐ前、目が黒く沈んだ太ったおばあさんが現れた。喫煙する男を注意したあと、私のほうを向いて、奇妙なことを言った。「国定公園の歩道では自転車に乗ることが禁止されている。降りて歩きや。」とそんなこと言ってから、自転車新法について、あれこれ早口で言い出した。変に高ぶった声で、わざわざ私に嘘の注意をしたのが気になった。

 地元の人間らしいが、どこのキチガイかと思った。相手をする気もなく、無視した。

 自転車の新法では、通れる道がそこしかない時、歩道を自転車で走るのは可。が、そもそも箕面の駅から滝までの道は業者の車も通り、ほぼ歩行者専用道路でも、歩道ではなく、車道だ。こんなこと地元の人にとっては常識だ。こんなわかりきったことを知らないこの婆さんは、恥ずかしくもないのか?

 念のため、帰りに確認した。途中の昆虫館あたりの掲示板に、箕面警察の注意書きがあったが、「ゆっくり自転車を走らせましょう。」とそんなことがあった。箕面の滝道までは、昔から警察も公認で、自転車は乗り入れできる。地元は皆知っている。現に、地元の若いのが自転車をこいで滝まで来ていた。この婆さんの言葉は明らかに箕面警察の指導にも反する。それをよくのたまうものだ。尻が赤い箕面の三下かと思った。

 新しい自転車の法律ができて、頭の悪いのは適当に自分に都合よく解釈して、人を騙して、やりたい放題しているのだろう。警察はこういう観光地で、ルールだとか嘘をついて、人を脅したりして、何か利益をあげようとする迷惑な輩を取り締まるべきでは? 箕面観光協会もこんな変なのを滝口あたりに、うろうろさせてはいけない。注意すべき相手は、私のようなルールを守ってる観光客ではなく、自分勝手な規律(ルール)をつくり、観光客に何か文句を言い、従わせようとするこんな婆さんだろう。

 その滝まで、電波がきつく、お腹と体がかなり傷みつつ、筋肉痛の電波で、苦しかった。やっと滝で落ち着いた帰りに、なんとかの手先みたいなのに出くわして、気分を害した。箕面の滝は、滝がイマイチで、観光地として、あまりよい場所ではない。昔からそうだ。人もそれなりの者がいるようである。

 猿のかわりなんだろうな。

 箕面で大雨災害で、警察署長が箕面の滝付近で殉職したという石碑もあった。大雨であのあたりは、ひどいことにいずれなるのだろう。それでもゆきたい人は、そこに行って、変な人間に関わるか、猿に食い物などを盗まれないように祈る。  

   電波犯罪
 9/22から口の中が痛み、傷もあった。歯もけずられていた。睡眠中にかなり傷つけられた。
 

 川西と池田のアカはキチガイだ。私に何かすると党に迷惑になることがまだわかってない。もうすぐ捕まるのにまだ犯行を続ける。
『アカファイルで不倫の子が夫にバレた。夫にも外に作った子がいる。だから死ぬ必要はない。』http://blog.goo.ne.jp/tasuku44/e/55551d70f14aff5b2b47e20ed193777b

 今日も目を刺された。鼻から頭内も刺された。目に赤い傷が小さくある。ストーカーは毎日、大店などでみかける。歯削りがひどい。夜は噴霧剤と目への刺激電波だ。脳刺し。室内で座ると窓側の頭の部位が痛くなる。体が疲れやすい薬を睡眠中に飲まされるのは5月から。毎日、音声送信はある。

 では

コメント   この記事についてブログを書く
« トランプ大統領、国連演説で... | トップ | 国難とは超高齢化社会による... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会思想の終焉」カテゴリの最新記事