電波犯罪と超科学

アベノミクスで上層と下層が潤った。これから中間層だ。よって、継続!!
野合になると円高、株安でデフレ深刻、景気悪化!!

本日は所用のため、休憩

2015-02-21 09:10:25 | 電波犯罪
こんにちは 大阪は晴れ

本日は所用のため、休憩



被害
 2/20に、夕食に食べたサラダがも、見た目すら、白い乳液のような光沢があり、薬物混入の感じがした。私は食べなくても、危険なものはある程度、見た目でわかるのである。が、我慢して食べる。しかし、案の定、ひどい代物だった。食べた後、腰から下が震える感じで、体も熱くなった。二時間それが続いている。7時前に食べて、現在9時前。いまだに腰から下がふるえる。電波で刺激している面はあるだろう。料理した人は何も知らない。それは当然だろう。アカが食材に薬物を混入したようだ。食用油は、焼くと異臭がしていたから、そこが混入原か。いつものアカの手口である。

 毒よりもましだが、かなり悪質な犯行である。食材の何に混ぜたのだろう。

 犯罪者は、この地域から出て行かねばならない。どこに住んでいようとも。もちろん私に対する被害補償を払わないと、家も売れないようにする。

 それにしても、私がネット上の被害について、1998年から2003年くらいまでは、詳細に情報提供したことを、新しい被害者は知らないのだろうか。「こおりやまだいと」は私のペンネームだぞ。それも知らないのが多い。
コメント

仏の新聞社銃撃は治安上の問題、名大の事件からみえてくること

2015-01-31 11:48:55 | 電波犯罪
こんにちは 大阪は曇り

 このところ、天気が悪く、多田ばかりゆく。つまらない。

 最近、長い。思いつくままに書き連ねたら長文に。整理して書いてみた。今日は、なんだか殺伐とした世の中の話。

 フランスの風刺漫画会社へのテロについて
 この件でジャーナリズムが言論の自由の侵害、と騒ぐ。それに市民があわせてよいか? と考えた。ジャーナリズムは過激なことを書いたら、とたんに襲われたらかなわない。それで揃ってメディアはあれは悪いことだ、と非難する。しかし、しつこい。何度も聞いているうちにどこかおかしい、と私は気づいた。

 言論の自由の侵害という名目で非難していた。この名目は、正しくはない。テロは、暴力で犯罪だ。テロは、治安問題である。だから悪い。こちらが妥当だ。

 あの漫画は下品で、預言者をしつように侮辱していた。左翼色ぷんぷんだ。しかし、言論だけは特別に守らなくてはいけない、というのはメディアに都合のよい論理である。

 表現の自由だけならば、中国で日本食を作る自由、フランスで左翼反日漫画に反論する自由、フランスでブルカを着る自由、自由に人々を写真で取る自由があってもよい。なぜ、出版メディアだけが、言論の自由として特別なのだろうか。言論の自由の侵害と、メディアの権利だけを過度に擁護するメディアの論調は、自己保身的で違和感がある。

 口げんかから、殴り合いに発展することも多い。暴力(運動)は人間の表現の一つである。踊り、プロレス、ボクシング、レスリング、剣闘士、さらには戦争、それは人間の表現である。文章も表現の一つだ。だから、あの新聞社襲撃事件は表現という観点からみると、暴力という表現が、紙の表現と戦った、ということになる。言論の自由だけが、特別ではない。

 では、なぜ暴力だけがいけないのか? それは人を殴ると捕まるからだ。人を殺すと悪いことだ。それは暴力がはびこる社会にしないための統治の知恵だ。暴力は治安上、よくないからだ。

 つまり、単に、新聞社が銃撃された。それが殺人事件であり、刑法で治安上、悪いことだった。だから、それは非難される。それだけのことだ。表現の自由という考え方と切り離して、フランスのテロ事件を考えると、すっきりする。

 道徳教育法 学力ある女学生が、「人を殺したくなる」理由
 名古屋大に入った女子大生が、宗教の勧誘を受けた。その勧誘者を下宿で殺害した。「人を殺したかった。」という。名古屋大に入れるのは、かなり学力は高い。
 佐世保女子高生殺人事件も進学校の生徒で、「人を殺したかった。」という。
 このところ、成績がよい女子学生が、人を殺したい衝動をおさえきれない事件が続く。

なぜ彼女達は倫理観を喪失したのか?
 2度も起きた。「人が殺したかった。」から行なったという殺人は、特異な事件と片付けられない。これは、日本社会の重大な問題だ。これは、一言でいえば、昭和・平成の人権教育、命を大切にする教育、心の教育はニセモノだった、ということだ。

 人権教育では、倫理や道徳は教えない。それをベースにした教育では、人としてのあり方は教わらない。日教組教師は言う。「道徳など価値観を教えるのは、本人の思想・信条の自由の侵害、押し付けである。」そうやって、子供は精神的空白になった。

 道徳は押し付けではなく、国民がもつべき精神としては、義務みたいなものだ。それがなければ、遵法精神もなく、己も律することができない無法者になり、秩序破壊者になるからだ。民主主義を維持する上では、治安上、国民に規律を与えることは必要不可欠なのだ。

 これらは、道徳排除の人権教育の結果生じた哀れな事件である。二度とこういう精神が希薄な者達による残虐な事件を起こさないためには、道徳ゼロの教育を改革するしかない。道徳をしっかりと教え込まなくてはなない。

 命の大切さだけ、部分的に教えても、それは基本ができてないのに、二階を増築したような建物だ。基礎がしっかりしてないから、すぐに上にとってつけたうな人権教育や心の教育は身につかないで、消えうせる。そういう繰り返された教育上のミスはしないようにしよう。心は基礎から充実させて、築こう。

 本日の被害
 顔が一部、かゆくなる。これは、刺激性の液体をにじませたホコリが侵入者によって室内に噴霧される。それが顔にかかる。それを電波で刺激すると、顔がかゆくなるしかけ。目や体の針刺しは同じ。室内の洗濯ものからは、異臭がする。
コメント

沖縄の左翼ナショナリズムの本質 道徳教育-素直

2015-01-30 11:51:24 | 電波犯罪
こんにちは 大阪は小雨

 雨が続いて、近場を出歩く。
 この時代を読み解く、新しい視点を提供している。どこの雑誌にもない新しい視点だ。この価値がわかる人は、まだ少ないだろう。

 左翼ナショナリズム 国家社会主義が台頭
 昨日、ナショナリズム、民族主義の発展を記した。現在は、沖縄の全島における左翼ナショナリズムが台頭している。前回の衆議院選挙で、沖縄は左翼の牙城となった。ギリシアでも、同じような左翼政党が躍進して、与党となった。つまり、現在は、ナショナリズムで左翼面が際立っている。

 この左翼ナショナリズムとはどういうものか?
 沖縄もギリシアの共通性は、どちらも国・県(地域)を守りたい、という態度がある。愛国主義運動といえる。だが、どちらの地域も左翼体質だっため、過激な左翼運動が台頭した。左翼はこの時期、より過激な形となる。

 また規模が小さい。ギリシアは島国の集まりで、沖縄も小国である。左翼ナショナリズムは2015年前半は小国で発展する。

 この愛国左翼は、過去にどんなものがあるか?
 忘れてはならないが、ヒトラー率いるナチスは、社会主義運動だった。国家社会主義運動と名乗っていた。彼が右というのは、あまり正しくはなく、彼は共産主義をまねて政党を作った。この愛国左翼は、やがてはヒトラーのような凶暴な国家社会主義運動になる危険性はある。

 では、愛国左翼の限界とは?
 左派政党が国をとったら、どうなるか? 民主党政権を思い出すと、過度な福祉政策と浪費が印象にある。それでしか人気は取れないためだ。つまり、すぐに財源は行き詰まる。

 保守は国家経営の視点があり、国を持続的に発展させることができる。が、愛国左翼は基本的に、ギリシアのように散財政党である。自らは何も生産せずに、福祉・福祉と言い立てる。しばらく放置しておくと、国はがたがたになる。時流による一時的な人気によって政策者になっても、すぐに支持率は凋落する。

 愛国左翼は、国を守るといいながら、国を破綻させ、つぶす。彼らはメディアの批判により、国家や地域の衰退を自覚する。彼らは焦る。そして、さらに過激な政策を主張する。この転落は、ヒトラーでも同じで、新しい敵を無理やりに作り出し、その殲滅をはじめる。

 沖縄は政府与党と敵対する。ギリシアはEUや移民と敵対する。中国は反日である。愛国左翼の危険性は、この時に大きくなる。左翼は小さく、町の片隅で反対運動を唱える分には、それに巻き込まれる被害者は少数ですむ。が、国家単位でその敵の撲滅運動をはじめると、大規模に国全体がそういう方向に進む。

 沖縄はもう一年以内に、すでにきつくなりはじめているが、さらに強く排外主義に覆われる。ギリシアがそうなり、移民排斥、反EUに進むのは時間の問題である。
 国家社会主義ほど危険な思想はない。沖縄やギリシアにはその萌芽がみられる。

 道徳教育法 素直
 素直な人間になるか、ひねくれた人間となるかは、教育にもかかっている。学校教育だけで、本人の性格全般を形成することはできない。が、学校で習ったことが精神的な指針になる人もいる。うっすらと社会全体に浸透する。素直になるこつを子供達に学校で教えておくと、少しは身につく。すると、日本人は全体的にそうなり、日本人の心は美しくなる。良い心になる。

 最近の子供は何かとよく知っていて、教師の言うことを素直に信じない。また違った受け取り方をする。物知りになったから、素直でなくなったのは一理ある。正しいことは素直に信じる。正しくないことは信じにくくなった。それがはっきりしただけである。要は、子供をだましにくくなった。子供はあいかわらず素直である。

 例えば、左派社会科教師の危険性を知る賢い子供は、社会科教師の嘘を見抜いて、信じない。特定の左翼思想を子供に教えることは、子供の思想信条の自由の侵害であるが、日教組は歴史教育の中にこっそり混ぜておけば、許容される、と思い込む。しかし、それも最近は発覚して、許されない。子供もわかるようになった。
 だが、「地域を大切にしよう。自分の育った町を大事にしよう。」、というスローガンは納得して、素直に実行してくれる。子供は素直でなくなったのではなく、賢くなったのである。

 「素直になる」とは、子供がそれを信じたということだ。子供は間違っているものは、素直に信じない。素直に言うことをきくも、同じだ。それをよいと思って、実行することにした、と子供が考えたのだ。泥棒の脅しには子供は従わない。親の納得できる言いつけならば、子供は従うだろう。素直は、簡単に信じるという態度ではない。

 素直とは、正しいものを信じる、そういう態度である。なぜなら、間違ったことを素直に信じるのはよくないからだ。子供はよくないことはしない。また、悪い人のたくらみを素直に行なうのはいけない。言いつけを子供に素直にきかせるには、その言いつけ(命令)が妥当でなくてはいけない。

 大人は子供に素直になりなさい、と言うことはできる。ただ、子供が素直になるかは、その命令、言葉が妥当か、もしくは正しいかにかかっている。よって無茶なことを要求して、それを子供が素直に受け入れるよう強制はできない。そういうのは会社でも家庭でも学校でもできない。なぜなら、無理な要求に対して子供は、まずできない、と思う。それをやることは、素直に応じない。

 子供が小さいうちは無理やりにやらせることはできても、大きくなるとまったくそのやり方では従わなくなる。しかし、子供が素直に従ったわけではない。子供なりの打算で「素直に従ったように」ふるまったのである。

 子供が大人の無理な要求に、素直に従った、と思うのは間違いである。子供は心の中では不平不満だらけだ。ただ強制されたときは、みかけ上、抵抗せずに従っただけである。素直には従ってはいない。反発しなかったからといって、素直に従ったわけではない。

 では、どんなときに素直になるか?
 それは正しいことを聞き入れるときだ。子供が納得することは素直に信じる。怪しいと思ったことは素直に信じない。子供が疑問に思うような言いつけは、子供が素直に行なわない。子供が納得しないことは、子供は素直に従わない。

 なお「素直に聞く。」と「黙って聞く。」とは違う。教師は新しい提案をすると、生徒がすぐに文句を言うのを嫌う。その反発を抑えるために、「素直に聞け。」大きな声で命令するのは適切ではない。「黙って聞け。」というのが正しい。子供は、聞いている間に、その新しい提案の善悪を考えているからだ。素直に受け入れてよいものかどうかを。

 子供に素直さが要求される前に、まずは大人が正しくなくてはいけない。犯罪者達に囲まれて、いつもずるをして、姑息なことをして人を騙すことしか考えてない大人の中に子供がいたら、当然、子供は素直にはならなくなる。素直さや正直さが、ルールの社会でなくては、子供は素直になろうとはしない。これは適応の問題である。


 先入観はある。あの教師はダメだよ、と地域で知られていると、その教師の言葉を、子供は従わない。子供は、地域の噂のほうを素直に信じてしまい、教師の言葉に疑いをもつからだ。
 親は(政治、世間)を語る才能がなく、めちゃくちゃなことを言う、と子供がわかってしまったら、その親のその面の話は、子供は信じない。話半分以下に聞く。これは、子供が素直なのではない。大人の見識が歪みすぎている。そのため、子供は大人の話を素直にきいてはいけない状況となっている。
 子供を素直にするには、大人はできるだけ正しい見識をもち、それを話さなくてはいけない。子供が素直に聞いてはいけないような話をしてはならない。子供が素直にきいてもよい話をしなくてはいけない。

 では、大人が正しいことを言っているのに、子供が素直に信じないときはどうするかか? それを教育しなくてはいけない。子供には素直にならないいくつかの理由がある。

 まずは先入観があって、それを信じない。知識(ある仮説や理論)を教えるとき、子供はそれを素直に信じるだろうか。子供がその話に対して、先入観をもっていたら、素直にきかないだろう。そのときは、子供の先入観を解いてやらなくてはいけない。

 またそのしゃべる大人が、悪人のケースもある。大人が嘘をついている、大人の言うことがおかしい。それを子供が察知すると、素直にきかない。大人は身の潔白を説明して、疑念を晴らす。それから、自分自身は信用のできる人と明らかにしなくてはならない。そうすると、子供は閉じていた心を開くだろう。
 
 では、素直にそれを信じる子供にするにはどうすればよいか?
 先入観でその真偽を判断しないことを教える。はじめから、他人の話を首を傾けて聞いていては、子供らしくない。あまりに先入観がある子供は、素直さから遠い。次に、相手の身なりや身分、評判、噂などで判断しないように教えること。彼の言葉そのものを純粋に考えて、それを信じるかどうかを決める、と教える。
 
 素直になるには、その言葉、命令そのものの善悪・真偽を先入観なく、見抜く知恵が必要だ。それを鍛えるよう指導する。

 知恵の少ない子供は、人や物事を信じやすく、疑うことを知らないから素直になる。またとても賢い子供は、すぐに善悪を見抜く。学校で大方は有益な知識を教えてもらうから、そんな子供は素直にきいている。彼は、善人の中では素直に振る舞い、悪人の中ではまったく素直さのかけらもみられなくなる。そして、小ざかしい子供や、小知恵をつけた子供は、素直さに欠ける傾向となる。

 子供を素直にしよう。そのためにはまず、大人が純粋でなくてはいけない。
 

本日の被害
 睡眠中に目を刺されたようだ。視野に横線が見える。
コメント

2015年はナショナリズム形成期、道徳教育法-教師は尊敬される?

2015-01-29 12:01:45 | 電波犯罪
こんにちは 大阪は曇り。

 病み上がりで、ほぼ完全に治った。今日は何か、目覚めたようで素晴らしいことがかけた。

 「WILL」という雑誌、「蒟蒻問答」は堤堯と久保紘之の対談。いつも楽しみに立ち読みする。三月号は、「パリのテロより日本のテロだ!」というお題目。
堤氏は文芸春秋の元編集長で、日本の言論界でかつて最高峰にいた人物。なかなか教養があり、安定している。
http://web-wac.co.jp/magazine/will/
彼は西洋の教養を、珍しく日本人の中で、間違いなく使っているように聞こえるが、本当に西洋人の使い方と一致しているかはよくわからない。

 戦後と最近の政治に詳しいが、今後を示すヒントはあまりない。日本の雑誌界でトップを目指すなら、彼らの品評に耐えるものを書けばよい、と思った。

 彼は、ピケティが"経済成長率<資本家の成長率"を長々説明しただけ、と言った。世相に惑わされず(左派・労働者団体のピケティの過度な持ち上げ、格差論を国民に納得させ、給料をあげようとする計略)に彼は理論もみぬける。なかなかである。

 私はピケティをジョークのネタにしたけどな。とるに足らない理論だから。

2015年はナショナリズムの形成期

 日本の言論人はナショナリズムの本質を語れない。その理論を知らないからだ。それを説明しよう。

 最近はナショナリズムが世界各地に。2014年には、香港で雨傘革命。台湾でも学生が反対運動で活躍した。韓国で日本文化の排斥が強くなった。中国は反日運動が盛んだ。日本でも、韓国や中国を遠ざける運動が目立つ。ヨーロッパでは民族主義が強くなっている。これらは民族主義である。

 現在は、世界的にナショナリズムの形成期とみなせる。2014年は小さな組織単位だった。それが、2015年には沖縄全土に広がるなど、より大規模になっている。

 このナショナリズムには3タイプある。右と左、イスラムなどである。右は韓国、日本、台湾、ヨーロッパの諸国でみられる。左は中国・沖縄・ギリシア・ロシアで生じている。イスラムは、イスラム国である。

 特色としては、現時点は規模は小さく人口1000-4000万以下の地域である。文化が独特な小地域で、一部ジャンルで発生する。2014年では小国家を除き、国家全体に広がらなかった。が、2015年にギリシアでは左翼が政権与党となっている。その地域で支配的な思想(右・左)が台頭する傾向がある。

 政権は、このナショナリズムをうまく取り込んだほうが支持率が高い。日本の安倍首相、韓国の李ウネ、ロシアのプーチン、中国の習近平。アメリカでは共和党。沖縄では左翼政党、左翼政治家である。ヨーロッパではギリシアの左翼政権などである。

 日本の左派メディアが、ヨーロッパのナショナリズムを「極右」と表現するが、現在強まっているナショナリズムには、左のものをいくつか散見する。ナショナリズム=右と考えるのは間違いである。左のナショナリズム(沖縄型左翼、ギリシア左翼、ロシア左)もいる。

 このナショナリズムは、個人主義的だ。自らのアイデンテティを確立する。日本では、自己の民族性を再構築する運動だ。自身の民族とは何かを純粋に見直す。そのため、その他の要素(異文化、外国の影響)を取り除く。それ自体は悪くない。

 この民族主義は、時間が進むほど、自覚する民族・文化が大きな単位となる。

 どういうことかといえば、人間は育ちで、自身のアイデンテティを規定できる。枚方育ちならば、まずは枚方人としての自己、大阪人としての自己、関西人の自己、日本人としての自己。このように、自己のアイデンテティは。地域が大きくなるほど、広い文化としての自己を認識する。

 この社会的な自己を再構築する期間は、自分自身の地域性を確立するため、その他の文化面は取り除く。初期は、自己の地域性の確立である。時間がたつと、日本人としての自己を確立する。ここまではナショナリズムの形成にみえる。

 それが完了すると、さらに広域の自己を認識する。それは中華文化圏の一人としての自己となる。こうなると自分の信条の中にある中国思想の影響を、理解しなくてはならない。そのため、中国思想や韓国文化に関心をもつ。周辺文化にも親しく感じる。日本、中国、韓国、台湾が仲間となる。

 この段階にいたると、嫌韓や嫌中、反日は魅力がなくなる。中華文化圏の同一者としてお互いを認め合う。外部は、西欧文化やイスラム、東南アジアとなる。この段階は大中華主義だ。

 中華主義の次は、東アジア主義となる。アジア圏での協同が模索される。アジア圏とは、中華圏と東南アジア、チベットである。この後に、人類としての自己を認識する段階になる。この頃には、人類としての目標などが語られることがブームとなる。

 つまり、アイデンテティの形成期間は時間がたつと、

地域主義 → 国家主義 → 地域文化主義(大中華主義) → 地域主義(アジア主義) → 文化の対立→ 地球共同体主義

 に広がる。2015年にやっと国家主義に入った。次のより広域文化主義になるのは、2016年くらいだろう。

 現在、国家意識、民族精神の勃興は、世界共通だ。それは人類の課題として起きている流れだ。それをナショナリズムとして否定するのは、おろかなことだ。現在、世界中で各民族は、自らのアイデンテティを確定させる作業中だからだ。それを暖かく見守ろう。
 
 今、左に歪んでしまえば、あなたの民族は、自己のアイデンテティを確立できない。右は、この流れを強く自覚する者達で、過激にならなければよい。右はより好ましく人類のこのテーマを解決している。彼らナショナリストこそが、今の社会を主導する原理となって、ひっぱっている。

 道徳教育法 教師への尊敬
 戦前は教師を尊敬した。皆さん生徒は、教師の言葉によく従った。が、戦後、教師はしだいに軽んじられるようになった。教師の言葉を聞かない子供が増えた。では、再び、子供が教師を尊敬するようにできるだろうか?

 私は無理だと思う。もう教師は尊敬の対象ではない。まず、私が教師を尊敬したことがない。一度も。敬意は払っても。
 なぜ、尊敬しないか? これは各自の子供時代を思い返してみよう。尊敬していた人物は誰だったか? 豊臣秀吉? 徳川家康、諸葛孔明? イエス・キリスト?

 私は枚方育ちで、西行はため池をたくさん作り、そのため池で水不足が生じない、と教えられた。空海は四国の土手工事、ため池作り、さらには寺(一派)を建てて高野山にこもった偉人。西行は空海に劣る、と思った。そう思うと、西行の価値は下がった。こういう人々は尊敬に値する人だ。人格的にも、功績でも。

 それと比べて、教師は? ただ教えるだけではないか。私は女性教師が多かった。男性もいたが、尊敬の対象ではなかった。人格は見劣りする。感情に任せて怒り出して、小人だ。単なる教師ではないか。社会貢献も皆が賞賛するほどのことはしてない。

 尊敬を受けるには、人格的が卓越して、性格だけでなく、能力、さらには社会的にも評価されているなど、総合的な優位性をもっていなくてはならない。今の子供は、テレビでいろんな人物を見ている。教師はそれらテレビの中の芸能人、評論家、キャスター、スポーツ選手と比較される。そして、それでも立派な教師だけが尊敬される。

 昔は、テレビがなく、田舎では子供は優れた人物となかなか会うことがなかった。学校の先生か、医者、お寺の僧侶くらいしか尊敬される人物はいなかった。が、今では、子供も多くの人間を知っている。そんじょそこらの平均的な教師は尊敬されない。よほど優れてないと。

 敬意を持たれる。これは、部分的な能力が優れるだけでもよい。将棋・囲碁がうまいだけで、その点にのみ尊敬される。人格ではない。教え方がうまい。歴史のことを教師としてよく知っている。スポーツのできる先生。そういう部分的なものだけで、敬意を受けることはできる。そのくらいで満足しよう。

 ただ囲碁がうまいなら、大阪府でナンバーワンになるくらいならば、それだけで尊敬される。過去に大会でよい成績を残したことがあるなら、それは生徒に伝えるべきである。あまり軽んじられなくなり、敬意を受けるようになるだろう。

 全面的に敬服されるのは、今の時代、校長先生でも無理だ。一介の教師が、まだ人格がそれほど立派でもないのに、社会的な評価もないのに、偶然担任になっただけで、教師として自負があるだけで、それを生徒全員から受けようなど、欲張ってはいけない。

 全ての面で尊敬されなくても、一定の敬意を子供から受けたら、それで授業は成り立つ。それで満足しよう。

コメント

安倍内閣は戦後政治の過ちを正す 道徳教育法-尊敬

2015-01-28 11:35:55 | 電波犯罪
こんにちは 大阪は晴れ。

 病み上がり。草の中毒からやや回復。まだ万全ではない。

 安倍政権の方針  -- 戦後政治の間違いを正す

 安倍政権の基本方針は知らない人が多い。それで、噂に惑わされ、不安になる人がいるようだ。しかし、それを知っていると、今後の動向がよくみえる。また彼らが行なおうとしていることも、大枠を理解できる。

 「日本を取り戻す」という標語は、民主党が歪めた日本の諸制度を元に戻し、よりよくすることだ。それは自民政権に戻って最初にした。現在はさらにその先を進んでいる。
 安倍政権の政策で、注目されているものは、何か。円高是正。農協改革。朝日新聞の影響を落としたこと。中国への投資の減少。最近では、身代金要求を退けたこと。これらは、一つの大きな枠組みの中におさまる。それは、戦後の政治の歪みを正すことだった。それはかっての自民党ではできなかった。が、ようやく彼はそれに大胆に挑む。

 一つずつみていこう。
 円高是正
 デフレ克服の名目で、量的緩和を行なった。政策でインフレを目指す。これは、そもそも1990年代に西洋各国が量的緩和を行い、各国通貨を引き下げた。そして、日本だけがそれを行なわずに、円高が進んだ。輸出苦境に陥り、最終的には円高不況に突入した。国内の工場は海外に移転して、日本国内の雇用は小さくなり、特に、電器産業が衰退の一途をたどった。
 この円高は、1990年に始まり、その後20数年も日本を苦しめた元凶である。安倍政権はこれをやっと修正した。西洋諸国のように、量的緩和を始めたのである。平成での経済政策の大失敗を安倍政権は修正した。

 農協改革
 日本の農業は高齢者が担う。これは異常だ。若い者が働けない。それは農業補助のバラマキで、小農家を保護したからだ。その旧態依然とした農業を維持する上で、農協は強い力を発揮している。このままでは日本の農業は、高齢者がいなくなるころに壊滅する。この危機感が強い。農業改革は、その最大の抵抗勢力である農協を変えるしかない。農協への過保護というかつての政策を改め、農業の活性化のために、やっと政権は圧力をかけ始めたのである。
 
 朝日新聞の影響の低下
 日本の全共闘新聞のような左翼メディア。自民党はかつてこの影響力をそぐことはできなかった。しかし、世論の適正化のためには、虚偽をまきちらすことは是正しなくてはいけない。やっと、それが政治的にもできた。日本のメディアは、左傾化しすぎている。それを修正するのは、全共闘世代が勃興した時の世代の責任である。政権はこの点にはよく、配慮している。

 日本がテロリストにお金と捕囚を差し出すという悪評の修正
 ダッカで日本赤軍が航空機をハイジャック。日本政府は、身代金と犯罪者の解放を要求され、政府は14億円を払い、6人の獄中犯を解放した。これで世界から、「日本はテロを輸出する。」と非難された。
 安倍政権はテロに屈しないと欧米と同じ姿勢である。そして、身代金要求は拒絶したようで、湯川氏がISISに殺された。これは、ダッカ事件の反省から、そういうテロリストの要求には応じない、と日本は方針を改めたことを世界に印象づけるため、と思える。当然 もう一つの要求、獄中犯の解放にも応じない、と予想できる。

 中共への資本投入を下げる
 過去、日本政府は中共の要求に応え、民間に中国への資本投下を推奨していた。が、中国内の日本店や日本の工場が焼き討ちにあい、やっとそれは是正された。中国にゆく企業は激減した。が、最近、安倍氏はトップセールスで、また中国との経済交流をはじめる、という不可解な動きもみられる。

 北朝鮮への対応
 小泉政権で朝銀の破綻処理のため、公的資金約2兆円を野中広努が与えた。拉致被害者はそれで戻ってきたにしても、北朝鮮の資金源を絶つアメリカは激怒した。現在は、朝鮮総連の本部ビルは土地が売却される。厳しい態度で臨んでいるようだ。

 みての通り、日本政府は戦後政治の過ちを正している。

 まだ直っていない戦後政治の歪み、過ちはある。例えば、戦後中国に与えた日本軍の毒ガス兵器の処理に中国に大金を渡している。慰安婦問題は、日本の外交官が無策のため、世界に拡散した。いまだにその日本の評判の悪さは消えてない。教育界の是正もある。左翼日教組は戦後長らく、放置されてきた。いつか解体しなくてはならない。共産犯罪の野放しもある。共産の地下犯罪は20年も続くが、いまだにメディアがまったく報じないばかりか、誰も捕まらない。共産そのものを解散して終結させなくてはいけない。上記の他にも、自衛隊の法整備は急務である。過度な人権教育で、日本人の倫理観は低下したことで、道徳の復活。たくさんある。

 安倍政権は戦後政治の過ちを一つずつ修正している。この大きな方針さえ把握したら、今後の動向もわかる。彼らは長年できなかったことを、一つずつ確実に達成する。現在は、新規のものに挑戦することがメインではなく、従来の失敗を正すことが中心の内閣である。

 道徳教育法 尊敬
 「尊敬」とは何か? 彼らがすばらしいから尊敬する。では何がすばらしいのか? 自分にできないことをする。偉大なことをする。自分より優れたことを行なう。全てそうだ。彼ら尊敬される人は"能力が卓越"している。"優れた技術を使える(技能をもつ)"。尊敬とは、能力が上の人にいだく感情だ。また自分ができない技能を使える人にもつ感情だ。

 教師や親を敬う。それができない子が増えた。しかし、原点にかえると、彼らは子供よりも能力がある。それで尊敬に値する。そのように尊敬する理由を合理的に教えられる。

 最近の悪い風潮だが、「上から目線」という物言いがある。しかし、より上の見地から物を言っていることは、それ自体は悪いことではない。優れた見地には、何か真理が含まれているからだ。上から目線に反発するならば、それは己が下の視点しかもてないことを恥じるべきである。

 理由がわからなくても、彼らが強い、そう感じるならば、そこに優れたものがある。尊敬しなくてはいけない。尊敬する気になれなければ、敬意を表することを覚えなくてはいけない。間違った力によって強いならば、警戒しなくてはいけない。

 何も尊敬できない子供には、それら大人や先生のもつ能力のすばらしさを教えるべきだ。技能工がすばらしい仕事をする。スポーツ選手が常人にはできない運動をする。大学の先生がすばらしい理論を発表する。

 世界中にある様々な尊敬すべきこと(技能や技術、秘められた能力)を子供に体験させる。そして、尊敬させる。すると、子供は自分もそんな立派な人物になろう、と励むようになるだろう。

 あなたは尊敬されなくなった? それはみじめではない。子供達が君を超えたからだ。それはうれしいことだ。

 尊敬できないことに、子供は関心をもたない。それを学ぼうとはしない。これは尊敬できない先生から学ばないということではない。尊敬できない先生に対しては、その先生の独自のやり方を子供は認めないだけだ。その先生が教えることは、その先生のものではなく、教科書のものならば、それを誰が教えるかに関係なく、学ぶ。
 生徒に尊敬されなくなったら、それは教え方ではなく、人格的なものだ。教育には直接は関係ないから、教え続けることはできる。上手に教えていたら、子供はついてくる。

 世界には、無数に尊敬できる人がいることを教えよう。すると、子供は追い求める多数の理想をもつ。それらたくさんの技能や能力を身に着けることを目指す。大きく伸びることができるだろう。

本日の被害
 睡眠中に何か飲まされる。喉が乾いた感じとなる。皮膚がややむくんでいる。音声送信は、「鎮痛剤。」という。草毒の症状は出ているが、鎮痛剤で痛みは出てない。左目は刺された。

コメント

テレビ・新聞だけでは賢くなれない 道徳教育法 - 遵法精神

2015-01-27 18:08:54 | 電波犯罪
こんにちは 大阪は曇り後晴れ。

 今日は、強い頭痛で寝込んでいた。中毒だ。起きたら午後5時。昼食もとってない。まだ完治してない。簡単に、世間の間違った見解に反論する。

明日までに強い地震が東北か長野である、と予知しているけど、どうかな?


間違い 
「インターネットばかりしても、賢くならない。本や新聞を読もう。」 

説明
 新聞でよくみかける標語。インターネットをはじめると、新聞をとらなくなる人が多い。それで新聞社は、そのインターネットの有用性を損ね、新聞の必要性を訴えている。彼らの底意は透けてみえる。

私はあえて言う。

 正しいもの
「テレビを見ても深く理解しない。新聞を読んでも賢くならない。浅薄な世論をなでるのみ。インターネット・雑誌では、あたり一辺倒な知識しか身につかない。本を読もう。特に、専門書をたっぷり読もう。それが本物の知識を知る唯一の方法だ。」

 説明
 図書館や本屋で専門書を入手して読まないと、その分野に詳しくなれない。


 情報機器の教育への活用の仕方

 間違い
 「パソコンを全面的に活用する。」

 説明
 確かスウェーデンがパソコンを使った授業の効果を調査した。NHKの7時半のクローズアップ現代でも識者がこのことについて語っていた。どの調査か今ここで明示したいが、私は覚えてなく、ネットでなかなかみつからない。
 その結果が面白い。モニター画面で文字などを見ても、あまり記憶しない。が、モニター画面の映像はよく覚えたそうだ。これは重要な発見である。
 教科書とノートを使った従来の学習法がよいか。それとも、パソコン学習がよいか。それを明らかにしたからだ。文字を記憶させる時は、パソコンは不可である。映像をうつすには、よい。
 よって、教科書をパソコンのものにすると、児童の学習は低下する。教科書は紙を使い続ける。ノートも同じである。それが現在の結論である。
 これはテレビを良く見た世代には理解できるだろう。テレビのドラマ・映画は鮮やかに思い出せる。が、そこに何が書かれていたか。文字はあまり覚えてないはずだ。

 正しいもの
 「パソコンは、映像をみせる時のみに使う。文字を読む学習は、紙の教科書、ノートは残す。」

 説明
 日本がパソコン学習に本格的に参入するなら、海外の調査に頼らないで、日本独自に同様の調査をして、パソコン学習の効果を詳細に明らかにすべきである。

 私の経験からは、日記はPCに書いてもあまり覚えない。だから、大事なものは紙に記録するのがよい。自分の思索を発展させるには、ノートがよい。それは私にとって真実だ。生徒達もよく学びたいなら紙のノートを使うべきである。
 私はどのペンがよいか。鉛筆がよいか。記憶するには、油性インクやノック式のペンもよくない、とつきとめている。
私は現時点、デジタル教科書、デジタルノートには、否定的である。



 道徳教育法 遵法精神
 これは国家教育(民主主義教育)の一つである。法律を守る。この当たり前のことが強く教えられていない。犯罪に走る子供があとを絶たない。そんな大人はすぐに犯罪に走る。
 国家の制度を理解させるものとして人権教育だけでなく、遵法精神はその半分くらいかけて教えるべきだ。人権教育をたくさんしても、犯罪はあまり減らなかったからだ。今度はそこに重点をおくべきである。すると、日本の犯罪はさらに減るだろう。

 窃盗の禁止。「他人のものをとってはいけない」、「万引き」、「コンビニ泥棒」。子供には多くの誘惑がある。学校で先に教えておくと、「友達同士で万引きしろ。お前の度胸を試す。」、と危ない時に抑止力となる。
 他人を傷つけない。心の問題が取りざたされるが、まずは身体への暴力を教える。けんかではどこまで相手を傷つけてよいか。議論させる。骨折はいけない、とか殴る程度ならよいとか。これで、どこまでやってもよくて、やりすぎなどを学べる。昔は、けんか慣れしないと、こういうことは覚えなかったが、授業でやると、賢い子供はすばやく理解して、手加減を知るだろう。いじめなどであまりにむごいことをしなくなる。
 また大人が他人を殴ったときに、どういう状況に陥るかを、具体的に体験させる。殴るとすぐに警察が来て、捕まる。相手が病院にゆく診断書をとってくる。それで警察で告訴され、暴行罪となる。慰謝料が10万円とられる。前科者となるし、指差されて暮らすことになり、つらい、と。

 また新しい犯罪ほど誘惑されやすい。しっかりと教える。例えば、俺々詐欺だけでなく、他人に電波を浴びせ、苦痛を与えることが大きな犯罪になることを。
 法律を守らなかったケースをいくつか教える。これらで、法律を守る大切さを具体的に理解させる。
 こういう教育を受けなくて大人になったら、すぐに犯罪に走る。特に、暴力的な家庭で育つと、遵法精神は希薄だ。そうならないように教育することは、平和と秩序の維持のためには、とても重要である。


本日の被害
今日は、寝込んでいた。中毒である。私は犯罪被害にあっている。数ヶ月に一度こうなる。起きたら午後5時。昼食もとってない。
私は、午後4時半まであまりの頭痛で寝込んでいた。きんぽうげの毒を睡眠中に盛られた。口の中に入れられた。いつもと同じ症状だ。対処法はわかっている。
 やっと、毒の効力が消えてきた。軽い頭痛は残っている。体調不良でも、がんばって起きて、予知は記す。私しかできない仕事なので。
 窓の南側から頭痛を引き起こす強い電波が飛んでくる。左側の窓を網戸にして、レースのカーテンをした。すると、頭痛かみるみるおさまった。およそ10m以上離れた所から電波が飛んでくるらしい。うっかりと、それをしてなかったから、余計に苦しんだ。
コメント

安倍政権についてこれない保守、道徳教育法-いじめ対策

2015-01-26 20:53:13 | 電波犯罪
こんにちは 大阪は曇り。

 私の専門は精神論、宗教、経済、地震予知。そちらならそこいらの専門家にひけをとらないものを書ける。一般的な社会問題は、私の論点では足りない時もある、と思う。私は独自性がウリだ。良識を形成するために、何が世論に欠けているか。それを提言する。がんばってみよう。

 ISIS人質 湯川氏殺される
 遺憾だ。この件で私は、解放される可能性も書いたから、そうならなくて落ち込んだ。解放のために、力を尽くしていた政権にとっては、さらに沈痛だろう。

 ISISは水面下の交渉で決裂したものを、ビデオにしてオレンジ服を着せて、公表する。そうなったら、手遅れだった。ISISは取引に、1億ドルやヨルダンの女性爆弾テロリストとか、提供不可能なものをあえてあげた。彼らに返還する意思がなかった。

 今となっては、誰が交渉しても、成功しないだろう。去年の間に、親族が払っていれば、なんとかなったのだろう。自己責任で、人質になったときの保険でもかけていたら・・・ 悲しいがこれが、圏内で捕らえた外国人に対する容赦のないISISのやり方である。

 そして、この結果からみえてくるものは、何だろう。日本は、邦人救出の体制が遅れていることが、判明した。何か専門部局を設けなくてはいけないだろう。それが今回の教訓である。

 まだ後藤氏が残る。が、交換条件は、ヨルダン人を多数殺した女性テロリストである。彼女を外に出したら、生きる意志がなく、同じようなテロを再び起こすだろう。30-50人が亡くなるような爆弾テロを。

 後藤氏は、ヨルダン人に知られていない。例えば、彼がイスラム世界の英雄で、何百人も救っていたならば、ヨルダンも考慮するだろう。しかし、彼はそんなヒーローではない。

 よって、取引は成立しない。悲しい予想となる。賊には、賊の論理がある。そういうところにゆくなら、それを考慮して、安全対策をすべきだったようだ。

 安倍政権についてこれない評論家
 最近、かの政権があまりに先進的。かつての保守もついてこれなくなったようだ。
 長谷川慶太郎氏は、米国から発信していると思っていたが、日本に住んでいるかもしない。韓国が中共の影響を強く受けていることをあまり理解してなく、中、韓という二カ国と和することを過度に強調する。
 副島隆彦氏は、怪しげな本を記すが、私が知る90-2010年は保守的な言動が多かった。最近は、反安倍に転落した。全共闘だったようだが、最近の変化の理由は不明だ。
 古賀茂明氏は、元官僚。維新の特別顧問だった。最近は、反安倍の急先鋒に立つ。彼も維新の顧問を務めるなど保守的で、官僚の内実に詳しいにも関わらず、反安倍を前面に出す。維新と自民はいつか連携するはずだ。顧問なら、多少は政権に理解を示さなくては。何が彼をそう政権に反発させているのだろう。これも謎である。

 これら保守の無理解は、一重に政権の方針について、説明や議論の数が少ないから起きる。自民政権は、それぞれの政策はどういう目標があり、どのような効果があるか。理論的な根拠は何か。それを身内に語らせることが、自民には必要である。
 もしくは、学者が今の日本の世相を十分に説明できてないからである。それが十分なら、政策が適切だ、と学者が説明する。これらで、政策について国民的な理解が伴うだろう。

 道徳教育法 いじめ対策
 いじめとは、友達どうしがけんかした時、そのけんか相手に、子供はどう対応するか? という状況で、『いじめ』という方法を選択した、といえる。いわゆる"制裁"の方法について、子供が選んだものである。
 口が汚い子、悪いことをする子、自分を傷つけたと思われるようなことをした子には、お返しに、『無視する』。 弱そうな子には、『何か恥ずかしいことをやらせる。』、『ぱしりにして、働かせる。』、『自分が番長役となって、言うことをきかせる。』、『できの悪い子分のように扱う。』。
 集団では、『子分に制裁を加える。』のがいじめの一つである。最近では、対等な関係で、集団で一人を『無視する』、『嫌がらせをする』、『暴力的なことをする』などもある。これも制裁である。
 この"制裁"とは何だろうか? 悪いことをした子に、もうそうしないように教育することである。もしくは、罰である。
 罰としての意味合いが強いならば、正しい罰を学校は教えなくてはいけない。先生が教室でふざける生徒に、『廊下に立たせる』、『長時間立たせる』なども罰である。子供も、自分なりに考えて、悪いことをした子には、罰を与える。それがいじめである。
 このタイプのいじめは、『正しい罰』を教えることで、解消する。無視するという罰、かつあげするという罰など。万引きさせるという罰。どれが正しくて、どれが悪いか。そういうのを細かく調べ、教える。すると、子は罰を合理的に理解して、あとくされないもの、非犯罪的なものにするだろう。陰湿な長期の罰(いじめ)をしなくなるだろう。
 悪いことをした子に、教育的な意味あいが強いいじめならば、それは、どうその子にそれは悪いことだ、と納得させたらよいか。その方法を教えればすむ。
 そして、仲直りを教える。すると、いじめがひどくならないうちに、解消するだろう。

 本日の被害
 昨日は、ひざが痛かった。家の前だけ。睡眠中に傷をつけられて、電波で刺激される。その症状。今日は目も違和感がある。
コメント

徹底して利率を低くする政府、道徳教育法 友情

2015-01-24 11:37:36 | 電波犯罪
こんにちは 大阪は晴れ。

 アジア杯サッカー。UAEに負けた。日本にファンタジスタがいない。彼でない。トリッキーなテクニックがないということ。つまらない。私はサッカーをしたかったが、できなかった。それで、ユーチューブを見ながら、40すぎで学びなおしているところ。『F2Freestylers - Ultimate Soccer Skills Channel 』は、技が派手で面白い。日本人もこのくらいできないと。

 ISIS人質解放の行方
 解放の期限になった。昨夜、ニュース23は、どうやら人質が解放されると安倍首相の支持率があがることに、気づいた。怪しげなものにかえてきた。

 人質は解放されない、日本は米英と同じでイスラム国の敵、というラッカ住民の声や、人質解放に否定的なイスラム識者の声、イスラムの掲示板『カウントダウンがはじまった。』、『敗者は日本だ。』、と流していた。さも、それがシリア周辺の大多数の見解であるような印象をかもしだして。

 これを見たら、親族は泣く。なぜ、そんな残酷で容赦がないISIS側の主張をあえて伝えるのか、と。ISISの圏内では、恐怖と暴力が支配する、という。市民は自由にものがいえない。ISISの主張をオウム返しにするしかない。それを承知で。

 ニュース23の報道が、ISISの掲示板に載ることもある、と一昨日彼らは言った。ISISが怖くて、つい彼らの代弁メディアになったのだろうか。政略をちらつかせると、すぐに報道がゆがむのはここの長年の性だ。が、さすがに同業ジャーナリスト(日本人)を見捨て、テロリスト側についたような報道は、いかがなものか。

 ニュース23はレバノンのイスラム過激派と共闘した日本赤軍重信房子の娘メイのインタビューを放送したこともある。ここはイスラム過激派と連携したがる左翼の性癖が残っている。

 国債の安定のために、安倍政権がしていること
 私は、日銀の国債の買い取りの仕組みがよくわかってない。日銀は、どこに資金があるのか? 貯金がなくても買えるのか? それなら無限に買取できるが。

 さて、安倍政権は、国債の安定のために、並々ならぬ努力をしている。その骨子を知っていると、今後を予想しやすい。彼らは、それは厳守している。

 一つは、国債は暴落させない。
 これは当然のこと。説明するまでもない。財政破綻は起こさない。

 二つは、利率は低くおさえる
 利率をあげると、国債の利率もあがる。すると、国が返す金額がふくらむ。使える国の予算が減る。彼らは政治家だ。予算を多く確保したい。そのため、利率はけっしてあげない。これは至上命題だ。インフレになってもあげないかもしれない。
 ここを押さえておくと、利率があがる、という経済学者の安易な予測に動揺しなくなる。利率は厳格にコントロールされている。

 三つは、日銀が買い取る国債は、増えるはず
 ユーロも、アメリカも行なっている。これは借金減らしの世界的なトレンドになったようだ。インフレの心配がある。が、インフレをコントロールできるようになったら、この手法は各国に広まるだろう。国家の財政はより安定する。この流れの先に、国の借金帳消しも考えられる。

 この三つを理解していたら、日本の今後を予想しやすい。すぐに利率があがることはない。だから、それを前提に思い切った投資も可能だ。利率は、安倍政権は低く抑えることを徹底している。政治家が経済をやると、特定の面にこだわるものだ。安易な経済学者の予想(利率はインフレで大きく上がる)というのは、信じないようにしたい。

 道徳教育法3 友情
 いじめが増えたのは、友人をうまくつくれないからだ。また友達とうまくつきあえないからだ。ふつうは学校や地域で、自然に覚える。しかし、友達いじめが日常化するようになったから、一から教えるべきである。

 まずは友達の作り方から。最初に、自分と話や気が合いそうな人を探す。次に、友達になりたい人を決める。それから、友達になろう、と誘う。OKをもらったら、友達だ。
 次に、友達とのすごし方。学校では遊び友達だ。一緒に遊ぶ。話すなどする。そして、友達の家にゆくこと。放課後、友達と遊ぶことを教える。
 友達と遊ぶときに生じた問題を解決する方法も教える。それを教えないと、けんかしたり、嫌いになったら、すぐにいじめるからだ。
 けんかしたら、仲直りすること。陰口を叩かないこと。信用されなくなる。友達を大切にすること。友達にプレゼントすること。いじめないこと。制裁の方法はいくつか教えておく。すると、『いじめ』以外の方法を使うようになる。すると、いじめは減る。友達の誕生日を祝うこと。
 また引っ越して、会えなくなったら、お別れする。文通することも教える。
 このように、様々なケースを想定して、どうするか教えよう。すると、子供達は多くの友達を作ることができ、子供時代、青少年期、さらには大人になってからも、友達とうまく交際することができ、幸せに暮らせるだろう。
 独り部屋に閉じこもったりすることや、ひきこもりにならないようにできる。
コメント

国内の雇用を増やす新しい潮流 新しい道徳教育-愛-

2015-01-23 11:37:11 | 電波犯罪
こんにちは 大阪は晴れ。
 大阪はだんだんと暖かくなる。いい感じ。

 ISISの人質解放はどうなりそうか?
 報道でわかったことは、ビデオで公開したオレンジ服の人質は過去、解放してない、ということ。成り行きを見守ろう。

 道徳の教育法 愛
 『愛する』ということも、教えるべきだろう。『両親を大事にしなさい。』とよく言われる。親への愛にはどんなものがあり、どう振舞うべきか。『家族愛』。家庭内暴力がよく起きるから、どうすればよいかを知らないで大人になった者が多い。『夫婦の愛』を学校で学ぶと、暴力的な家庭で育った子供が結婚してから行なうDVは減るだろう。
 地域愛は強くて、故郷を大事にしたくなる人は多い。が、愛国心はもてないのも歪みだ。左翼教師は否定するが、日本人の自覚とは自分の日本的な性質を受け入れる、それを愛することから始まる。愛国心をもたないと、日本的面で自己否定に陥る。
 以前は、恋愛至上主義で、恋愛さえしていれば幸せ、という風潮だった。が、恋愛で、異性を愛するにはどうするか? あまりに下手な人もいるから、学校で最低限の知識くらいは身につけさせたらよい。恋愛のおちこぼれが増加すると、結婚も遅れ、人口減少にいたる。
 愛も現代的な状況と絡めて、生活に即した場面を想定して、教えていけばよい。
 
 産業の国内回帰  国内の雇用を増やす新しい潮流
 失業率を下げるには、働く場を増やすこと、景気がよいことが大切だ。雇用を増やすには、円安にして、海外に移転した工場が日本に回帰させるようにさせることが、盛んに唱えられる。実は、もう一つある。会社は利益を減らして、国内に工場を作る、という方法だ。

 日本は円高時代に、利益の出せない会社、工場が海外に移転した。それによって、国内の空洞化が進んだ。それにより、雇用が減り、賃金も減った。失業率も高くなっていた。
 円安になると、海外に移転した工場を日本国内で作る。それによって、日本国内に雇用が生じる。失業が減る。賃金を引き上げるには、大切だ。これによって、大勢に、働く場を与えられる。

 もう一つ最近、唱えられた方法がある。
 APPLEの収益は非常に高かった。『海外の安い工場で作ったためだ。』 という批判が起きた。『材料費が多少高くついて、収益率が下がっても、アメリカ国内に工場をもて。』 と要求する人々が去年現れた。

 企業が利益率を下げて、それで中国などで生産しているものを、国内の工場にする。私は、これはよいと思う。儲かっている大企業は、利益が一割もあれば御の字。それなら材料費など多少高くついても、海外で生産するよりは、国内で生産したほうが、地域経済に貢献する。

 日本企業は、円安で国内に工場を作るという傾向が出てきた。他にも、利益が多い会社は、条件が似るなら、海外でなく、国内で作るべきである。多少の利益を削ってでも。そのほうが、地域に貢献する。政府が優遇政策を行なうことは大切である。それなどで、経営者が工場を地元に戻すようになると、地域経済が盛り上がる。

 国内の労働市場の回復は、このように円安と地元志向からくる。一つは、アベノミクスの恩恵。もう一つは、経営者の地元愛である。雇用確保、失業率の減少は、彼らに期待しよう。
コメント

月刊教職研修(道徳特集)の感想、ISIS誘拐 - 今後の予想

2015-01-22 11:22:25 | 電波犯罪
こんにちは 大阪は雨。

 大寒は1/20。大阪が一番寒かったのは1/18。一昨日から暖かい気がする。ここ数年、こんな気候だ。

 『月刊教職研修 2015年2月号』の感想
 それを立ち読みした。道徳の教育法について、論文があった。話に中身がなく、具体性はなく、わかりにくかった。

 私が思うに、道徳に寄せられる期待は大きい。例えば、『人を信じる』ということを教えることは急務だ。『町で見知らぬのおじさんの言葉を信じて、ついていったりしてはいけません。』、『両親のいいつけをききなさい(信じなさい)。』、『先生の教えることは、信じましょう。』、『政府のキャンペーンは、信じよう。(左派マスコミは政府の言うことは信用できない。)』、『詐欺電話は信じてはいけないよ。』という。

 子供は、何を信じて、何を信じてはいけないか。どう見極めていけばよいか? それを教えられてない。自分で体験から考えることが多い。こういう社会生活上、必要なことで、一般的なものは、学校でどんどん教えていかなくてはならない、と思う。

 道徳は、必要ないと思っている人は多いけど、本当は世を普通に生きる上で、知らなくてはいけない道徳の知識は多い。

 ISISの誘拐 今後のシナリオ
 昨日は、戻ってこないかな、と思ったが、ISISに誘拐された欧米人を思い出すと、戻ってくる可能性が高いことに気づいた。うっかりした。

 ニュース23では、誘拐されて、殺された英米人が5人。救出された外国人が16人以上いるという表を掲げていた。メディアは気づいたらしい。ISISは身代金さえ払うと助けられることを。だが、身代金は公にはされない。やっかいなことに、ISISは他のイスラム過激派よりも高額で、2-4億かかる、という噂がある。『紙の爆弾』かな。そんな左翼雑誌に書かれていた。

 ニュース23では、イスラムとパイプがある人物を登場させて、私に政府から依頼がない、みたいなことを言わせていた。でも、彼などを政府が使わないだろう。その道のプロではないからだ。政府は中東など多種多様なルートをもっている。そのための普段からの中東支援なのだ。

 日本人は金を積んだら助かる。特に、誘拐ビジネスに長けたISISは。だが、今回、彼らは欲張って1人1億ドルと破格の高値をふっかけてきた。日本からはかなりぶんどれる、と考えたらしい。このあたりが不安要素だ。彼らがビジネスライクに交渉してきたら、あまり手間取らずに解放できるが。

 さて、どうなることやら。フランスは3億くらい払ったという話だから、金持ち日本は上限の4億だ。2人で8億。それ以上は出さないとみて、日本政府が応じるか。そこがみものだ。

 交渉アプローチはいろいろある。ロシアから石油を買う話、イスラム教の情報を渡すという話、イスラム教の文化物を提供する話などする。それら物や情報で値引きする。交渉は金額だけではない。このあたりは政府はうまくやるだろう。

 今の安倍政権は、インドの現首相を大統領選挙前に把握して、アプローチしていた。プーチンともうまくやっている。イスラエルの顰蹙を買うと知りつつも、アッバス議長とも顔を合わせたのも、計算のうちだろう。

 安倍政権は、旧来とは比較にならないほど、諸外国の事情に通じる。今回、その情報力がいかんなく発揮されるか、どうか。ただ、ISISが欲張ると、それら救出作戦はご破算になる。

 ISISがビデオで強硬にきた。もし助け出せたら、政府の支持率はあがるだろう。失敗したら、今回はビデオがあまりに交渉の余地なし、と思わせたから、あきらめがつくのだ。支持率にはあまり低下しない。

 すると、日本人は中国、韓国だけでなく、中東も険しいことを身をもって知るだろう。国内テロの危険性を平和好きの日本人はおそれるだろう。より強い首相が求められる。政府としては、失敗しても成功しても、どちらも支持率がマイナスにならない。

 どちらになるのだろう。一般市民の私などは、事の成り行きを見守るしかない。私は、助かる確率のほうが高いと思うのだけど。政府はうまくやってほしい。

 本日の被害
 左目上が刺された。違和感が強い。またこめかみあたりに電波が飛んでくる。記憶力を低下させるみたいだ。そのあたりが熱く感じる。さらに、エアコンも異臭がした。
コメント

真の成長産業とは (福祉介護の増大は経済にマイナス)

2015-01-21 12:02:54 | 電波犯罪
こんにちは 大阪は晴れ。

 ついにISISが誘拐された日本人を人質としてビデオで公開して、身代金を要求した。軍事会社設立志望者と戦場カメラマン。誘拐ビジネスに慣れたISISは2-3億が相場。が、彼らは100億以上につりあげた。日本人と交渉する気はない、という意思表明らしい。安倍さんのテロリストへの対応に、注目が集まる。

 これだけ条件が揃うと、彼の返答は決まっているに等しい。テロリストは体面もあり、数億に引き下げない。彼らは譲歩しないだろう。日本はテロリストに譲歩しない。よって交渉の余地はない。

 戦場カメラマンが人質の中にいて、左派メディアが慌てた。安倍さんが何かできないか、とすがる思いになっているようだ。私は、危ない国(ISISやシリア)にいくのは危険と思った。

 成長産業とは?
 日本は、停滞している。それを打破するには、成長産業が日本経済を牽引するしかない。そういうものが自然発生するのを待っていては、いつになったらそういう大市場が新たに出現するか、景気がよくなるか、わからない。それで、政府は次代の中核産業になりそうなめぼしいものをみつけて支援する。我々も、そういうものに今のうちから注目したい。

 では、何が成長産業なのか?
 書店に、並んでいる経済本には、次のヒット商品や次のブーム、さらには成長産業が列挙される。
 農業が日本を救う。太陽光電池。かわりものでは右ハンドルを左にすると車が売れるという話。介護や福祉が成長産業、という民主党政権に流行ったものもある。原発輸出が大きい市場だ。遺伝子ビジネスだ。ロボット産業だ。いや、携帯の無線PCだ。いろいろある。

 どうやって、見分けよう?
 成長産業には法則がある。それを知らないと、本当はたいした市場にもならないのに、それが不況打開の救世主と思いがちになる。また市場は大きくても、成長産業ではないものがある。

 歴史を振り返ると、成長産業はわかりやすい。昭和は、電気機器が一大成長産業だった。冷蔵庫、テレビ、洗濯機という電化製品の三種の神器。電灯は、戦前のだったが、市場はそう大きくはなかった。

 それら三つは、それまで家になかったものだ。人間がやっていたもの。それが機械に置き換わった時に、その機械を買う。それは大金がかかる。しかも、日本の全家屋に必須である。よって、大きな産業となった。

 成長産業の条件は、1,それまで家にないもの、すなわち代替製品や旧式のものがないものである。 2,全家庭に必須なものだ。一部の人しか使わないものは、大市場にならない。他に数万円以上で高価であることも大切。これだけ押さえておけば、何が次代の主力産業になるかは、見分けられる。

 多くの経済学者が間違えやすいのは、単に大きな市場が期待できるものだ。実は、それは二種類ある。1,旧来からある市場が、時代の要請で大きな規模になるもの、もしくは2,新規の製品による市場だ。前者の従来からある市場が大きくなるものは、それがすでに成長産業とわかっているものならば、そうだ。

 が、後者は、大きな市場になっても、それが日本経済を牽引するものでないこともある。単に、時代の流れで市場規模は巨大になったが、それでは景気がよくならない。

 例えば、福祉・介護というぱっとしないものだ。なぜなら、それは負担である。生産性の低い職場が、増加したことになり、社会の効率は低下する。収益がなく、補助金が大量に必要になり、結局は、社会の負担なのだ。難民が突如、大量に増えたようなものだ。そういう社会的な負担は日本を救う成長産業ではない。

 補助金ビジネスでは、その負担は市場規模が大きくなるほど増すため、国を活気づけるものとはならない。これには太陽光電池、福祉介護がある。

 成長産業を見分けよう
 成長産業の候補に、福祉・介護、農林業、土木建築、

 福祉・介護は?
 これはいくら大きな市場となっても、収益はマイナスで、補助金が投入される。医療費も介護費もだ。増えれば増えるほど、社会はその重い負担に悲鳴をあげる。福祉・介護の巨大市場があるから、日本の産業はばら色の未来がある。そんな見当違いな夢を語った人は、愚かだった。現実は、その逆で、この市場を小さくすることが、国の成長課題である。

 農林水産業は?
 日本人は人口が減るから、食料の市場は減る。が、世界人口は増えるから当面は輸出すると、産業は発展する。この分野は個人農家など非効率極まりなく、改革は必要である。新規産業でないから、日本の成長の牽引車にならないが、事業をなす余地はあるだろう。

 車ハンドルを右から左に
 そうすると、日本の中古車が海外で売れる、という。その程度の市場は見込める。せいぜい百億円以内。

 太陽光電池
 電気の買取費用が高すぎる。まだまだ効率が悪く、火力や原子力に勝てない現状では、勝負できない。これも補助金がいるから、負担が重いため、社会を明るくする成長産業ではない。そもそも中国産の太陽電池が主流だから、日本の多くは撤退している。太陽電池のあわい夢は数年前についえた。

 原発輸出
 石油製品と同じく、これは成長産業だが、原発も限界にさしかかっており、いつ新しい発電法が登場して、このビジネスが終焉するかが気がかりな分野だ。あまり肩入れしないほうがよい。

 遺伝子ビジネス
 これは成長産業だ。万が一のとりかえのため、再生した歯や臓器があると、便利である。これは一家に一つ家の中に置くものではないが、いざとなったら必要だ。この研究は進めたほうがよい。まだ大きな実を結ばないが、いずれ医療再生は新規分野で、大きな市場となる。

 PCとロボット
 現在から次代への主力産業である。ロボットが家庭に一台という時代はいずれくるだろう。一つずつが高価だ。巨大な市場が見込める。生活の質もあがる。夢は大きい。現在、携帯電話が一大ブームだ。ここに力を入れておくと、日本は新たな時代についてゆける。

 土木と建築
 20世紀は社会制度を作る時代で、21世紀は社会空間を作る時代だ。それで、土木建築は、需要があるべきだ。日本の家は数十年で壊れるつくりをしている。建て直しはいつまでもある。だが、数百年もつ家を作るようになる頃は、内装しか変えなくなる。また車が浮上するようになると、道路作りも必要なくなる。そうなったら、土木建築は、市場が小さくなる。
 とはいえ、今年にでも起きる東京や東北の地震で、ビルや建物は崩れる。それらの建築需要は大きい。成長産業ではないが、今後10年くらいは衰えないだろう。

 観光
 これは円安になり、海外からの旅行者が増えるから、国内の旅館・観光地は潤う。

 まとめ
 PC モバイル、ロボット。それと遺伝子の産業が、今後は大きくなると私は予想する。特に、ロボットは関連技術もたくさんある。それで、大勢がロボット製造に従事して食べてゆけるだろう。なお、ソフトウエアは、コピーが簡単だから、優秀な人物が少数いればよい。そんなに大きな雇用は生み出せないだろう。

 今回、福祉介護は市場規模が大きくても、社会の負担になる、とわかった。『介護・福祉産業が大きくなるから、日本経済は活気づく』という間違った考えがあちこちで、きかれる。実はそれで潤うのは一部、業者。日本人の大多数はそのため、重たい負担を背負わされる、と思ってほしい。それで、福祉環境がよくなっても、経済の牽引にはならない。

 やさしく理解したいなら、『病人(介護対象者)が増えるのは、いやだ。病人が増えて、その介護施設がたくさん出来ても、あちこちで苦しんでいる老人が増えて、日本は活気づかないよ。』、と思おう。

 今回、福祉・介護の成長産業説という幻想は消した。また成長産業の条件もわかっていただけたら幸いである。

 本日の被害
 今日は、視界にうっすら横線が見えた。目の奥が少し痛みがある。それで網膜を切られたか、眼球を刺された疑いが強い。網膜が切られると、白いめやにが出る。それでわかる。悪質なのがきた。
 また昨日、川西の本屋で学校用の本を読んでいると、薄気味悪く、乞食すれすれの若者が現れた。前そこにいたら、寄ってきたのも浮浪者のような若者だ。しかもかなり汚いわけでないのに、浮浪者と同じ雰囲気だ。そこは、そんなストーカーが見張っている地点だったらしい。
 一昨日、いつまでもクーラーの暖房がつかなかった。アカをしかりつけたら、すぐについた。どうもファンの電気コードを抜かれたらしい。そうやって、暖房機をつくのをおくらせる。
 
コメント

里山資本主義に夢はない、ポスト資本主義も資本主義

2015-01-20 12:00:28 | 電波犯罪
こんにちは 大阪は晴れ。
昨日、残りのセンター入試もやろうとした。が、数学は2次方程式が思い出せないから2問目で挫折。ブランクが長すぎた。化学はやってみると、30点そこいら。忘れた知識が多い。

 資本主義は、終わっても資本主義

昨日、『新潮45 2015年2月号』(新潮社)を立ち読み。ここは、反アベノミクスのギルド。水野和夫に、藻谷浩介。経済学を使って攻めてくる。その反論。

中国バブル崩壊の日 資本主義の黄昏2/水野和夫
切り札は「参勤交代」と里山資本主義/養老孟司×藻谷浩介
を読んでみた。

 資本主義は終わらなくて、バージョンアップ
 彼らは、資本主義がドイツの重商主義政策で始まったものとし、市民や企業の自由活動からなる経済体制という。これは独占が生じて、個別企業の自由な活動ができなくなるから、独占禁止法を必要とする。

 また個人と企業活動だけでは、恐慌、格差の拡大が生じるから、それを国が是正して、貧者の救済、恐慌の防止などするのが、修正資本主義。

 経済成長がなくなって、資本主義は発展しなくなったから、終わっている、というのが水野氏の持論である。

 前に説明したが、彼は間違い。資本主義の反対語は、社会主義だ。社会主義とは統制経済をさす。資本主義では、個人や企業の自由活動が基本だ。社会主義は、それを奪って、国家のみが自由活動をする全体主義社会をさす。

 資本主義を終わると、社会主義になるしかない。。それは、個人や企業の自由活動を捨て、国家の命令に従うことだ。それは、人権に定められた集会結社の自由と個人の自由を捨てること。それら自由権をなくさないと、個人の自由な商業活動はおわらせることはできない。人類は今後、そんな人権の放棄はしない。よって、完全な社会主義にはけっしてならない。

 人権は剥奪しないのが、多くの人々がわかる未来である。よって、それを奪うことによる成立する完全な社会主義はけっしてこない、というのが正しい。つまり、個人や組織の自由は永遠に残るから、資本主義は終わらない。

 そもそも、人間は他人の意志で動くロボットではなく、自分自身の意思をもっている。社会主義のように国家の命令を聞くロボットに人間が完全になることは、不可能だ。人間個人の意思を排除しない限り、無理なのだ。社会主義は、ムーリーである。よって、資本主義=人間の個人の自由意思が集まって作られた社会なので、それは人類が存続する未来にまで永劫続く。

 単純な論理で、このように資本主義が終わらないことは証明した。

 では、水野氏が言う、資本主義の終わりとは何か?
 彼のいう、資本主義はいろいろあって、最初の資本主義、修正資本主義、新自由主義かもしれない。彼は、資本主義がポスト資本主義になる、という話を好む。彼は、資本主義の枠内で、特殊な資本主義は終わり、次のまた別のポスト資本主義になるだろう、と言う。

 どういうことか?
 広い意味での資本主義は終わらない。が、特殊な資本主義は終わる。そして、ポスト資本主義(資本主義ではない体制でなく、資本主義の一種)になる、といいたいのだろう。彼は社会主義になるとは言ってなかったはずなので。

 資本主義と社会主義とは、そもそも組織論上の区別だ。自由主義と全体主義と理解するのが正しい。全体主義に人類はならないから、社会主義にもならなくて、いつまでも資本主義のまま発展する。

 彼は今の資本主義が終わったら、どんな資本主義が次に登場すると考えているのか? 彼の言う、ポスト資本主義は、どんな資本主義なのだろうか? 彼はそれを描くことはできない。

 彼は、一方で、経済成長至上主義を批判している。経済成長は、日本が第一に目指すべきものかは、疑問という。経済を成長させなくても、日本がよくなる道がある、と彼は言いたいらしい。しかし、そんなものはない。

 彼は、経済を指標にして、その成長を目指す日本政府のやり方がおかしい、と言っているのだろう。が、社会は発展しなければ、停滞、もしくは退行する。それは不況を意味する。民主党時代にさんざん経験したあの先の見えない暗い時代だ。

 経済で発展を目指すこと。私には現時点はそれが一番正解と思える。不況がなくなり、好景気にするのが、首相の当面の課題だ。それを強力にすすめないと、日本は失業の増大や暮らしの低下から回復しない。

 彼は、アベノミクスの経済成長が第一主義を否定する。まさか彼は不況を目指すべきといいたいのだろうか? 経済、経済と政府が言うな、という意味だろうか。経済は聞き飽きたからか? 『福祉』という言葉がいいのか? 『日本農業の再興』か? 経済学者が世相に過剰に敏感反応して、政治スローガンにまで口を出すのは本分を超えている、と思う。

 ただ、社会の進歩を表す指標としては、マネー(経済学)は機能しなくなっている、というのは、確かにある。社会は発展しても、経済成長は達成できてない先進国は多々あるからだ。彼は、それを言いたいのかもしれない。それなら、アベノミクスとは関係のないところで、純粋にやればよい。アベノミクスと絡める必要はないだろう。

 アベノミクスは実は、その点でも、挑戦して、解決策を実施している。国家による意図的なインフレ政策という手法で。それをも、世界はみていることをお忘れなく。

藻谷浩介と養老孟司の対談の感想
 里山資本主義は、確か、まきを燃やすと燃料(石油)購入費が浮いて、その分、地域経済に回せる。薪をとるために企業活動が必要で、それら地域産業が地域活性化の切り札の一つ、という農村再興の話だった。これは小さい小さい夢。日本人はこれに希望をもてない。

 原子力発電に限界を感じ、再生エネルギーブームとなった。太陽光発電、藻から石油をとる、風力発電など、電気を起こすのが注目された。そんな代替エネルギーに脚光が浴びた時に、山のまきで発電して、地域の電気需要を満たす、というのが、里山資本主義のウリだった。しかも、里山の管理も出来るし、その雇用もあるし。地域が潤う、という。私はNHKの特集をちゃんと見た。

 正直、イスラエルの荒野、山林のないイギリス、砂漠が多いアフリカ地域など、里山がない地域ではできない。世界の問題を解決することはできなくて、日本限定のお話。山の林が多い日本、カナダ、シベリアくらいなら、一部でやれるかもしれないが・・・

 里山資本主義では、世界のエネルギー問題を何も解決できない。つまり、里山資本主義に世界進出はない。日本で小さく、ぼちぼちやるしかないのか?

 北海道では必要ない。なぜなら、ボタ山の石炭がまだ使えるからだ。山林を燃やすよりは、石炭のほうが効率がよい。地熱発電があるところも、電気があるからいらない。

 太陽電池が田畑におかれた地域も、もうそんなマキ発電はいらない。そこも進出できない。まきをとってくる手間も面倒だし、太陽電池で十分間に合う。

 山林が多く、山林組合がしっかりした所で、廃材が多く出る所でなら、なんとかなるかもしれない。まき燃料発電は、やっと活躍の場をみつけた。山林の近くの過疎村だ。大勢の人に回す分の電力は発生できないから、町は無理。村にこそ活躍の場が残されている。

 さて、過疎の山林でしかできない里山資本主義に夢がある? 

 実はない。代替エネルギーに未来がある、と思われた。が、太陽光発電は発電量が少なくて、そのままでは電力が不足するとしだいに現実が見えてきた。自然エネルギー先進国のドイツが電気を隣国からもらっていており、芳しくないからだ。風力発電も日本は設置場所が少ない。自然エネルギーの発電は、多くは望めないし、もう大きな期待はできない。

 自然エネルギー幻想はついえかけている。本質的には、里山資本主義=まき燃料発電だ。それも先行きが明るいわけではない。小さく細々と局地的にやっていけるかどうかだ。

 計算してみよう。
 確か、設備は5000万から1億。せいぜい2億以下だったと思う。確か、2000軒の電気需要は満たせなかった、と思う。多くて600軒くらいだったように思う。こういうものは元がとれるのは10年。自然エネルギーはそんなものだ。すると、年間500-1000万円くらの収入だ。二人分の雇用にしかならない。

 こういうのはどこかにあるはずだ。日本全国で500設置されたとしても、初期投資が1000億。その後は、毎年100億の電気代をとれるとして。100億の産業だ。これが、ばら色と思うか? 日本の未来の産業を救う"まき発電"だと思うか? 私は思わない。こういうのが現実なのだ。

 藻谷さんは経済学者だから、きっちりと計算できているのだろう。利益は十分とれないことを。

 そもそも、燃料革命では、未来は明るくない。石油。火力発電は最大規模だ。原子力発電も大きな市場がある。これらは20世紀の一大産業となった。が、代替エネルギーはそれらより市場規模が劣る。太陽光発電は最大の産業となったが、石油やガスに比べられないほど小さい。そのほか、水力は長くダムは建設費がたくさん使われた。が、風力の産業規模は小さい。まき発電(里山資本主義の根幹)は、全国展開は無理なので、さらにさらに小さな市場。そんなに小さな猫の額ほどの市場しかないものに、夢を託せと言われても・・・・

 薪だよ。薪。平安、江戸時代から続いている薪。再利用というか、見直しというか、そんな古くからあるものでは、いくら用法を少し変えたところで、社会は発展しない。シェールガス、シェール石油のシェール革命は、アメリカを元気づけた。しかし、所詮、石油にガスだ。生活は変わらない。薪がいくらがんばっても、国家を浮上させる力はない。村興し程度だ。

 この現実を見よう、と思った。里山資本主義に、村興しくらいの希望しかないのだ。そこには山林組合が寄ってくるだけだ。町や都市の人も近寄らない。それが限界なのだ。里山資本主義はそんなに夢がない。ムシの話ばかりしてないで。

 そもそも、山地で発電するなら、水車のほうがよっぽどいい。薪は発電のために燃やすよりも、暖をとるために、風呂を沸かすためで、十分だ。里山資本主義は、発電をするところで、私は耳を疑った。電気のために、そこまでするか、と。発電にそんなに夢はない、と思ったものだった。

 本日の被害
 一昨日、電灯の豆球が切れていた。これは壊されたのが正しい。何度もよくやられたからだ。それから、着た服に生ごみ臭がついていた。最近、お腹の調子を下げるのがたまにくる。おならが多い。
コメント

センター入試の日本史が大きく左がかっていた

2015-01-19 10:40:25 | 電波犯罪
こんにちは 大阪は晴れ

 昨日、2015年のセンター入試が新聞に掲載された。英語、世界史、日本史を昨夜やってみた。なんと英語は135点、世界史は53点、日本史は39点。国語はまだやっている最中。

 河合塾の予想平均点は英語116点、歴史は世界史、日本史63点。国語は123点。

 何も勉強しないで、英語は学生平均よりよいとは。私は実は26年前のセンター入試で偏差値53だった。大阪市立大学に現役合格したけど。当時よりも私の英語力は上がっていたようだ。驚き。

  英語は難しいと思っていたが、問題を見たら、単語がやさしい。最近、読もうと努力している英字の新聞はわからない単語が多い。だが、大学入試は知っている単語がほとんど。これでは、大学まで英語勉強しても、会話はろくにできないし、読書はなおさら。英語教育が実用的でない、と言われるけど、時間かけているわりにレベルが低い、と気づいた。

 近現代史の問題は唯物史観だらけ
 日本史は得意でないけど、知らないことばかり。半分は間違えた。近現代史は、社会主義活動家の話ばかりを問題に出す。実に公正中立を欠いており、偏向的だった。

「林芙美子」の活動から設問される。大正から昭和初期にかけての社会運動で、正しいものはあるか? とあり、「日本発のメーデーは集会条例により中止させられた」、「関東大震災の混乱の中で、無政府主義者の北一輝が憲兵に殺された」など4つから選ぶ。やたらと左の歴史ネタ。いびつだ。

 その頃の文学・出版で誤りを選べ、という設問には、「小林多喜二は社会主義思想の影響を受けて、『蟹工船』を著した」他、三つ「雑誌『太陽』が創刊され人気を博した」、「文学全集など一冊一円で売る円本が登場した」など選択項があった。

 私は迷わず、小林多喜二の二番を誤りと選んだ。当然だろ。彼がはまったのは、『社会主義』ではなく、『共産主義』だ。正確には、社会主義という統制経済を彼が信仰したというのは間違い。彼は共産主義を信じたアカだ。社会主義と共産主義は、厳密に北朝鮮とフランスほどに違う。また、彼は共産主義にはまっており、それは人間的に誤りだからだ。この文には二つも誤りがある。しかし、この答えは違って円本のほうらしい。この問題はひどい。

 全国の高校生が受けるセンター試験で、こんなに左がかると社会問題だ。それは徹底的に非難しなくてはいけない。ここを読んだ人は、この左翼の陰謀を告発して、教育問題にしてほしい。

 一つだけいいことはある。
 「1933年 訪ねてきた昔の友人に金を渡したことが、共産党への資金援助と疑われ、芙美子は警察に9日間拘留された。」 という問題文も読まなくてはいけないことだ。

 大学入学前の学生に、「共産党に関わったら、お金でも何か協力すると、警察に捕まるよ。」、と試験問題で釘をさしている。大学で左翼運動に勧誘される若者が多い。それに騙されないように、と試験監督が配慮したのかもしれない。共産党、左翼過激派は怖いよ、と。

 一般の高校生は、戦前の軍国主義が怖い、という左翼教官(問題作成者)が狙った印象をもつ。が、彼らは同時に、左翼運動も本来、悪しき運動なのだ、と歴史から学ぶ。言論の自由が過度に許されていないなら、しっかりとした秘密警察(FBI,CIAなどのような現代的なもの)が日本に機能すると、アカは徹底的に監視され、その隠された彼らの犯罪はみつけられ、刑務所にぶちこまれ、組織は解散する、と。一般人がそれに関わることもない、と。もし関われば、警察に目をつけられ、ひどい目にあう、と。それを入試問題で学生達は再認識できる。

 このイデオロギー的な問題の効果としては、こちらの面も強い。私は、保守側の人間なので、そうとしか理解しない。

 大学に入ったら、そんな左翼イデオロギー的なものを遠ざけて、明るく楽しく過ごそう、と思うだろう。受験が終わって、のんびりする頃に。結果的には、ノンポリかつ、嫌共産を増やす試験問題だと思う。

 しかし、こういう問題文を読ませて、"共産主義の危険性"を取り締まる日本人の歴史的な"努力"をいくら示しても、頭が弱い朝日新聞の読者のような浅薄な人物なら、軍国主義はいけない、とそちらを強く感じてしまう。

 そういう浅はかで流されやすい人々もいるから、こういうイデオロギー問題は、それそのものを受験問題からなくしてしまおう。公正な受験問題とはいえないだろうから。このために、大勢は努力しなくてはいけない。日本の教育の質が問われている。動こう。


 本日の被害
 左頭部に、電波が当たると痛くはないが、体の動きが止まる。痛いのである。目も痛い。口の中にが刺されて、歯茎から血が少々出る。アカが毎日やっている。



コメント

株価暴落した時、政府の適切な処置とは?

2015-01-17 12:12:56 | 電波犯罪
こんにちは 大阪は晴れ。

 昨夜、ピケティの白熱教室を見た。彼は頭が何かに押さえつけられているようで、動きがぎこちなかった。統計で、金持ちと中間層と貧困層の三つを分析していた。彼が統計好き、とはよくわかった。また彼は、数字を見ているが、その数字の意味、現実をよく説明できていなかった。彼は経済の分析法を提案したにすぎないようだった。

株価暴落した時、政府の適切な処置とは?
 昨日、世界大恐慌を予想した。アメリカ発になるだろう、と。その時、回復を早めるためには、政府は何をしなくてはいけないか? 考えた。国債は、今回考えない。

 株の世界的な大暴落。リーマンショックの何倍もの規模の混乱がおきた時、国家は何をすればよいか? 株が大きく値下がりして、マネーが消える。経済が打撃を受けるほどに。そうなったら、国はどんな経済政策を打てばよい?

 実に簡単だ。失った分を補充すればよい。500兆円消えたら、国が500兆円を市場に投入する。恐慌以前のマネー量に戻す。経済は元通り、活況を取り戻す。

 政府は資金の巨額投入をしたら具体的にどうなるか? 
 株式は紙くずにならない。企業は資金ショートしないから倒産しない。銀行は破綻しない。国民の貯金は守られる。資本家は、待ってましたとばかり大喜び。経済危機が回避される。国債も安泰だ。不況風もいずこに去る。

 当然、インフレにならないように、投入する資金量は計算される。失った分を補うなら、マネー量が増えないから、インフレにならない。国による巨額資金投入は、特効薬だ。

 だが、経済学者はこの前代未聞の政策に大反対するだろう。そもそも政府に何百兆もの資金がない。また極度のインフレを招く。また前例がない、ともいわれる。

 国家経済を救う政策はわかっていながら、現在の経済感覚では実行できない。それは世界中の不況を回避できる唯一の政策である。大勢が助かる政策である。そうと知りながら、誰も決断できない。

 なぜなら、これは実際、何千兆円もの巨額マネーを政府が無理に作り出すからだ。そんな途方もない大金を国家が作ってよい、と過去に、誰も言わなかった。誰もしなかった。これをしたら、国家経済は終わり、と言う経済学者も出てくるだろう。

 だが、これが許されると、永遠に国家は借金から解放される。国民が重税に苦しむこともなくなる。なんとすばらしいことか。

 この政策の問題点を書き出してみよう。

 政府が借金せずにお金を得ることは許されない、と思われている。本当だろうか? 

 徳政令で"お金をなくす"ことは、法律で可能だ。国家間でよく債務を消す。江戸時代は徳政令が行なわれた。株の暴落では、マネーが激減する。たんす預金も100年保管するため埋めたら、なくなったも同然。海賊は何百億という宝物を隠して、行方不明に。世界のあちこちで、歴史的にお金は消えている。

 このように、お金がなくなることは日常茶飯事だ。お金をなくすことは政策で可能だ。それは認められている。

 では、逆に、政府がお金を作ることは許されているのだろうか?

 お金を作ることはできる。例えば、金はお金の面が強い。幕府が金山を発掘。10年で400万両分の金をそこから産出したら、幕府はその額を作ったことになる。国債の日銀引き受けも行なわれるが、少なくない額を国は作った。また株式では、100円の株が500円になると、400円作ったことになる。土地も10年で倍の値段になったら、その分は作ったことになる。政策的にそれを行なえば、国は固定資産を増やすことになる。もちろん、製品を生産してもお金ができる。りんごを作ると、100円のものが出来たと考えられる。(後ろ3つは、純粋にマネーを作ったとは言わないが、似ている。)

 このように、お金はいろいろな方法で作れられている。これをコントロールすることで、GNPの成長が達成される。お金が作ることは正当化される。政府がお金を作ることは、少々の金額ならば、許される。それが現実である。

 (参考までに、お金は減っているより増える量が多いという話
 あちこちでお金がなくなっている。が、全体的には、経済は成長するから、お金は増えている。実際は、お金は消える量よりも作られる量のほうが多いからだ。)

 政府が純粋にマネーを大量に作り出すこと。それだけが禁じ手だ。それは過去に、貧窮した国、経済が混乱した国が行い、ハイパーインフレで経済が破壊されたからだ。それが敬遠されるのは、超インフレになって経済ががたがたになること。その一点に尽きる。

 この観点では、政府による超インフレはダメ。なら、インフレにさえしなければ、政府がお金を作っても許される。それでよいだろうか?

 国が大金を作ることが許されるには、インフレが起きないようにする条件をクリアする必要がある。そのために、インフレにならないように管理する手法(経済学による)を確立しなくてはいけない。そして、そんな金融実務能力者を育てなくてはいけない。するとインフレは起きないだろう。それが社会に認められてはじめて、国はこの新しい無借金資金調達法という金融政策を実行できる。

 そう私は考えた。

 お金を政府が作ることが認められたら、さらなるメリットがある。財政上の多くの問題(特に国の借金)が解決される。税金がとられなくてもよくなるなどある。ベーシックインカムの原資にも困らない。そんな時代がきたら、いいと思わないか?

 その経済理論を作る話は、また今度。

 本日の被害
 頭部がやや痛くなる。腰も痛くなるのは、電波が腰の筋肉を強く刺激するため。睡眠中針刺しは行なわれている。今朝、またTシャツに生ごみ臭がついていた。


コメント

国債暴落はアメリカ発、アベノミクスに関係ない

2015-01-16 11:34:19 | 電波犯罪
こんにちは 大阪は曇り。

 私は普段、世間の知らない精神論を考えている。たまに、道徳のようなありふれた話題をすると、反応がいい。驚いた。道徳教育論は一服。予算が発表された。それについての私の持論をお一つ。

 今年の予算は、老人福祉のためにある

 今年の予算で、福祉負担は31兆円。増えたのは、老人福祉だ。毎年一兆円ずつ増える。老人を養うため、日本は大金をつぎこむ。そのくせ、彼ら老人達は政治に文句ばかり言う。感謝が足りない。老人が、年金、介護や医療で高いお金を支払わなくて、安くすむ、楽できるのは政府のおかげだ。国は借金をして、それを維持している。それをよくかみしめてほしいものだ。

 借金が多いと、批判するけれども・・・国民はその分のサービスを受け取った

 政府は予算を引き締めないから、国の借金は増えるばかり。国が借金したといえば、政府が財政が不健全で、悪く見える。この本質を考えてみよう。

 それで誰が得をしている? 国民全体だ。一番、得をしたのは老人、高齢者。次が、土建屋。こういう直接の権益者だけでなく、日本人全体が、本来受ける政府サービス以上のものを、借金分だけ多く、毎年国から受ける。余分に、バラマキで小遣いをもらい、公共施設・道路を建設、年金をもらい、医療費を安くしてもらった。国民はその分、贅沢した。

 国は借金して、それら費用を捻出する。国の借金総額とは、国民が過分に受け取った政府サービスの総額なのだ。政府は国民の困窮を肩代わりした。お国様々である。

 国が借金できる間は、国は裕福な生活ができる。それがこの10-20年間だ。だが、やがて、この浪費はつけが回る。

 この虚栄は、借金が可能な期間はつづく。日本財政の安定はそれで成り立つ。アメリカは一部州は閑古鳥が鳴きつつあるが、全体的には景気がよい。だが、アメリカも借金大国だ。

 国が借金できなくなったときに、その繁栄は終わりを迎える。それは国債が売れなくなる時である。それまでは、余計な高速道路を作り、地方に過大な公共施設を建設でき、過剰な防波堤を作り、使いきれない沖縄振興予算3000億も投じられる。これは経済の論理では、過大。政府の国民への長年の大きな思いやりだ、と気づいてほしい。

 アベノミクスによる国債暴落はこない
 この借金づけ予算はいつ終わるか? リーマンショックを思い出そう。その不況はアメリカから始まった。大戦に至る原因となった昭和の大恐慌も、アメリカからだった。世界規模の大恐慌はたいていアメリカから起きる。それは、ドルが突出して、世界中で多く使用されているからだ。

 円やユーロは少ないから、その経済が悪化しても、局地的に混乱するのみ。が、ドルはそうではない。ドルに何かあると、世界全体に波及する。日本の国債が暴落するとしたら、それはドルが急減する時である。ドルは証券の形で、存在する。世界の資金の大半は、証券に回っている。その証券価格が大きく下落すると、ドルそのものが消失する。

 そうすると、資金が枯渇するか、資本ショートするから、倒産続出。経済は混乱するが、それが国債に波及すると、アウトである。まずは、アメリカの国債がやられる。しばらくして日本の国債だろう。

 というわけで、ドル圏でそういうことが起きると、日本の円も打撃を受ける。それはアベノミクスにはまったく関係ない。アベノミクスの可否、円の動向だけでは、世界経済の混乱は起きない。日本の国債は暴落しない。

 この経緯を理解すると、もう一つみえてくる。日本がいくら経済政策を完璧にしても、そのドル圏での特大の世界恐慌が日本を襲ったら、どうしようもない。国債の暴落は、そのときに、必ず起きる。アベノミクスは原因とならないから、そういう論調は間違いである。反自民のためのインチキ経済論の一つだ。

 国債暴落は、ドル圏の安定にかかっている。アメリカ発の金融破たんが原因となるからだ。アベノミクスとは関係がない。アベノミクスで国債が暴落するというのは、まやかしである。

 いずれ訪れる国債暴落と大恐慌

 それは借金国家、日本は避けがたい運命である。そのときがきたら、国家財政は数年は破産状態になる。返せないから、世界の借金大国はアメリカも日本も徳政令でチャラにする。1000兆、1200兆、1500兆だろうが、大差はない。みんな消えてしまう。

 政府として要は、それまで緊縮財政で切り詰め、困窮するか? 豊満財政で楽しく繁栄しつつ過ごすか? その選択となる。そして、日本は緊縮・困窮を選ばないで、ゆとり・好況を選んだ。これは正解である。

 なぜなら、今から借金を1000兆円を返すには、激烈な緊縮をしなくてはいけない。道路も作らず、補修もせず、医療費も値上げ、福祉も低下させる。そんな汲々とする不景気を国民に強いて、不況にして、国民は我慢を重ねなくてはならない。

 緊縮財政の利点は、国家破産した時にわずかに世間の批判が減ることだ。借金の額が100-500兆円ほど少ないから。しかし、それは借金が1000兆か14000兆円か、というあまり大きな違いでしかない。国は必ず破産する。借金は徳政令で消すのはかわりがない。ヨーロッパと違い、日本やアメリカはもう遅い。

 それなら、少しでも楽して、福祉もよくして、医療費も安くして、国家全員が20-30年よい暮らしをする。それのほうがよいに決まっている。破産後は回復に要する期間は、借金額にあまり差がないからだ。

 これらを見極めたか、知ってか知らずか、アメリカは政治当局者が、日本も財務省は知っているだろうが、それにつき進んでいる。これを計画的な国家破産という。

 破産後に数年から10年以内に立ち直る。それすら計画されている。それはまた調べて書くことにしよう。

 つまり、国家破産が不可避である。それはアメリカ金融破たんに端を発する。アベノミクスがきっかけではないと、理解していただければ幸いである。遠く外国からその災いはやってくる。

 では、国民はその時に備え、どうすればよいか?

 職業はよく選ぼう。公務員は貯めておくことだ。補助金で成り立つ職業には就かないことだ。公共工事の割合が大きい会社も、貯金はためておこう。国債は、恐慌前に売り抜けることも大事だ。資産防衛は、金など高騰中のものは下がる時目減りが大きいからやめておこう。現在、適正値より相場の低いものにしよう。土地は下がるが、価値は減らない。そんなことがよく投資雑誌に書かれている。

 まとめ
 アベノミクスでは、なお国が借金してまで国民に尽くしてくれている。ありがたいではないか。ご老人は、特に、無謀にも借金をして(財政の禁じ手を使って)まで老人や弱者を助けようとする保守政治家(自民)のその熱き志に、感謝しなくてはいけないだろう。

 なお、国債が暴落したときに、損をするのは、生活弱者ではなく、国債の買える資本家であることも、忘れてはいけない。よって、庶民が国債暴落を心配するのは、いただけない。あれは、資本家達の悩みなのであるから。

 今日はとりとめもなく、書いた。長くなったから、ここまで。

本日の被害
 朝、左目に打撲されたような感じがある。針刺し被害で、まぶたが赤みがかっている。気づいたが、網膜が切られた日は、涙の痕が白くなる。左目の網膜がきられたことも疑っている。目の奥は気づいている感触がある。
コメント