黄昏のかりんとう

日々黄昏ていく自分と向き合う日記

北向観音

2022年05月12日 | 札所巡り

5月11日 お天気は予報通り晴れていました

今日は時間的に余裕があるので朝食後ホテルの周辺を散歩しました

宿泊は、戸倉上山田温泉です

千曲川に面して建つホテル

 

ホテルの外は広い公園と遊歩道になっています

千曲川はこの後、信濃川に合流し新潟の海へ

 

 

では、今日の目的地「北向観音」に向かいます

 

善光寺対の寺 北向観世音 長野・別所温泉

 

長い階段を下りて、また登って北向観音さまへ

 

 

平安時代初期の天長2年(825)比叡山延暦寺座主の慈覚大師円仁により創設され、

その際別所三楽寺(長楽、安楽、常楽)の一つとして建立されたのが常楽寺です。


本堂が北に向いているのは、わが国でもほとんど例がありません。

北向観音様は北向に建立され 千手観音様を御本尊として現世利益を願い、また善光寺様は南向きに建立され阿弥陀様を御本尊として未来往生を願います。

現在と未来の片方だけですと片詣りと言われおり、向き合ってる両方をお詣りしたほうが良いと言われるようになりました。

今の時代の幸せを願い極楽世界でも幸せであるようお詣りください。

HPより


 

 

私は5歳か6歳のころ善光寺をお参りしたことがあります

もう60年余り昔のことです

父方の祖母と母と妹と行きました

その時のことをあまり覚えていませんが

真っ暗な闇の中で大きい数珠に触れたことが記憶にあります(お戒壇巡り?)

他には数枚の写真が残っているだけです

おばあちゃんも母もとても若かったのねぇ

 

お寺参りはあまり年老いてからではできないと分かりました

階段が多くバリアフリーになっているところはほとんどありません

段差が大きいところや、石畳が変形しているところなど

私も手すりにつかまって登り降りしました

そんなことに気づける年齢になったのだと実感

 

 

 

 

 


コメント (2)    この記事についてブログを書く
« 善光寺参り | トップ | 六文銭 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
善光寺参り (ねこばす・オケイ)
2022-05-12 21:59:55
かりんとうさん、おかえりなさい。
お天気も良かったようで、善光寺参りの旅を楽しまれましたか。

私は善光寺なら数年前に社員旅行で行ったことがあるので、まだ記憶も新しいです。
かりんとうさんの写真も、どれにも見覚えがあって、懐かしい~。

北向観音は知りませんでした。
千手観音様が祀られているのですね。
どのお寺にも、ちゃ~んと由来やご利益があって、ちゃんと勉強してから参拝したら、もっと楽しめそうですね。
そっかー、高齢者になってからではキツイかぁ~。
たしかにお寺って、やたら階段が多いですよね~(笑)
ねこばすさま (かりんとう)
2022-05-12 23:41:13
はい、戻ってきました。
お天気が良くてよかったです。
実はお天気を気にしてホテルの予約は3日前にしたんです。
やはり晴れた日の参拝が気持ちいいですから。

数年前に行ったのならまだ記憶も確かでしょう。
懐かしく思い出していただいてよかった。
立派なお寺でした。
街もきれいで、夫も気に入ったようでした。
次の御開帳のときも行こう、ということになりました(元気だったらね)

北向観音を知らない人は多いかもしれません(私も知らなかった)
ちゃーんと勉強してもすぐ忘れちゃうから困るんですよ。

そう、高齢者には大変かもしれませんね。
元気なうちに、歩けるうちに行っておかないと、ネ。

コメントを投稿

札所巡り」カテゴリの最新記事