古今東西乙訓三島(ときどき伏見山城)

地元情報かき寄せブログ

立命館高生がバス停看板デザイン 阪急西山天王山駅前広場

2018-02-27 09:33:48 | 創 creation
 立命館高(京都府長岡京市)の3年生がデザインした京都縦貫自動車道「高速長岡京」バス停の案内看板が、阪急西山天王山駅前広場(同市友岡4丁目)に設置された。東改札口の正面に立ち、駅直結の高速バス停をアピールしている。

 案内看板は利用者の「分かりにくい」との要望を受け、関係者でつくる高速長岡京バスストップ機能向上検討会議が設置を検討。生徒が高速バスをPRするチラシを作っていた同高にデザインを依頼した。プロダクトデザインの授業で生徒5人が作成。西山の木々と特産の竹をイメージした緑色のアルミボード2枚(各縦120センチ、横60センチ)の上部にバスのイラストを入れ、上りと下りの「高速バスのりば」を示す矢印、行き先の地域を英語と中国語、韓国語で表示した。

 リーダー鈴木智貴さん(18)は「立派な出来栄えで驚いた。見やすくできて良かった」といい、岩永悠汰さん(18)は「住民として地域に恩返しができてうれしい」と話した。

【 2018年02月25日 11時38分 】
『京都府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« FMおとくに開局向け、PR... | トップ | 春の足音、梅ほころぶ 京都... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

創 creation」カテゴリの最新記事