おさびし日記

たのしい作文練習帳

おさびし十首選 塔5月号①

2018-05-22 22:12:32 | Weblog
5月22日(火)

【おさびし十首選 塔5月号①】

 やわらかいやわらかいねとやわらかさだけを言われて肉はさびしい(松村正直)

 目覚ましの機能は壊れ明日からはただの時計として生きてゆく(岡本幸緒)

 扇型【あふぎがた】のチーズを口へ運びつつ雪降り止まぬ鉄路に見入る(溝川清久)

 一生、と口にするとき現れる滝のきらめききらめくだけの(大森静佳)

 転生をするたび夫婦になるといふ映画見てをりこの世の夫と(広瀬明子)

 走りたいのに、走れないふりをして歩いてただろ、空に謝れ(吉岡昌俊)

 ふいに風ふいに青空ふいに花フィッシャーマンズセーターを脱いで(有櫛由之)

 時間から取り残された本棚の自由自在という参考書(田村龍平)

 花の名はてきたうだつた 春の影のあはさを書きとめようとするほどの(小田桐夕)

 遮断機の向こうで待っている人の大きなきっと、金管楽器(吉田恭大)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« warningそしてタイランド | トップ | 植物そして穂村さん »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事