シアーな瞳に恋してる

リネージュ10年越し復帰。アク鯖。目玉を愛する珠留の極貧リネ日記。

いるいるパーティにひとりはこういうヤツが

2019-06-20 20:09:46 | リネ日記




支配の塔のイベントが終わったと思ったら、
すぐに次のイベント『THE BOMBER IN SUMMER』がはじまりましたね。

ボンバーの夏バージョンです。
私はゲームでの虫は平気な方ですが、虫だらけのSSを貼るのはやめておこうかな。


すっごく目立つとこにある隠された箱を発見。
開けてみたら、うわっ、白い虫が出てきました…



これ、砂漠にいるやつね。



公式のイベントページで、イラストのコレ一体何かと思ってたのね。



ホワイトアントって小さなアリだったんですね。

でも箱を開けて虫が出てくるのはショッキング。
少しでもいいからアデナか、豆を数個ぐらいを入れて欲しかったなあ。
それからまだマヨさんには会えてません。



ボンバー、経験値は相変わらず美味しいです。

お金が300kぐらいしかないので、毎日実験場で明日の分の水風船代を稼ぎつつ、
爽やかにポンポン投げて、楽してLvUP作戦しようと思います。








新しいイベントの話はここまでで、ここからは先日のイベント『死神の逆襲』の話。


いつもより早くに入れた夜、イベントの最終日。
ログインしたら数分も経たずにwisとPTが飛んできました。


私がねこさんがすごいと思うのは、PTをガンガン誘えるってとこ。

私からは躊躇しちゃってなかなか誘えないんだよね。
今ほぼボスタイムばっかだし…
どこに行くかも迷ってしまうし。
ダメだダメ、戸惑ってる間にリネ終わっちゃうよ。

ペアでもPTでも楽しめて、交通費もお手頃で、
程よい難易度でそこそこドロップ良くて、レアもあり~のボスもいる~の狩場ないかな?





話を戻して、支配の塔の最上階へ、屋上へ行ってきました。

まずはねこさんから必要なものとか、事前の説明を受けて、
全員で傲慢の塔の10Fに飛びます。
支配の塔に行くのに、わざわざ傲慢の中央まで行かないといけないってのは面倒ですね。

「スタート地点から歩いて」 → 「傲慢10Fの中央ポータル」 → 「支配の塔10Fの待機場所」へ。
「支配の塔10Fの待機場所」 → 「ランテレ」 → 「中央辺りで皆と合流」
そしてそこから「支配の塔の屋上」へと。
道のりは遠い。



前回は沸き沸きで近づけなかった支配10Fの中央ポータルにやってきました。



ポータルをクリックすると、こんな画面が出ました。



支配の塔とグリムさんのイラスト付き。



皆が次々飛んで行く中、飛ぶ前に一応確認を入れてみた私。



説明は聞いていたけどもよ、念のため。



うわん、ちょっと聞いただけよん。何もそんなに青筋たてんでもええやねんのっ^^;;





ところが、あれ…
なんか全然画面が切り替わりません。

なんでなんだろう??



あー…


そういや最上階のスクを持ってきてないかもしれない、と気が付いたのと、
ねこさんが「ひーめー!」って叫ぶのとほぼ同時でした。


ボスタイム用に全部の階層スクを持ち歩いているから、最上階スクも持ってるもんだと思ってた。
もう屋上に行くことないと思って、倉庫に預けていたんだったわ。

あはは…





急いでアク鯖のギランまで戻って、出来る限りの猛ダッシュでここまで戻ってきました。
ポータルの前で待っていてくれたねこさんありがとう。
PTの皆さん、どうもすみません。



思ったより刑が軽かった^^;


いやあ、PTにひとりはいるよね。こうやって話を聞いてなかったり、準備不足で足を引っ張るヤツが。
って私だった(ノω・。)

事前の説明はちゃんと聞いてたんだよ。
最初のは確認しただけだし、スクは持ってると思い込んでいたんだ。
ほんと、ほんと。

すいません、ごめんなさい。






そこからNPCでスタート地点へ全員で飛んで、そこから狩りをスタートしました。
住民さんが今の傲慢ボスの姿になっているけれど、ほぼ前の屋上と変わらない気がします。

緑のシアーがいっぱい。



潰れたらモルボルみたいにも見えます。


そうですね、支配の塔2回目と初支配の塔の屋上の感想は、
やっぱり平和だった、てところかな。



ボスタイムで途中抜けしたけれど、スタート地点ならペア以上で普通に狩りできそうです。
少し進んで出てくるバルトさんのスタンが怖いぐらい。
またイベントがあれば、もしくは10Fコントロールができたら(永久にない!?)来ようと思います。


屋上での狩りとても楽しかったです。
貴重な体験できました。次回はしっかり持ち物を確認します。

ご一緒して下さった皆さん、ありがとうございました^^



たる
コメント   この記事についてブログを書く
« The first Tower of Domination | トップ | バースデープレゼントだよ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。