tarpin翁のスローライフ

福井県奥越地方の季節たより、ガーディニングなど、
写真日記・・・そして・・・。

市街地にも「カタクリ」群生地。

2019年04月10日 | 季節の便り(北陸、福井)

今朝から寒く強い雨降りの当地です。

昨日「うぐいすの初音」聞きました(すがたは見えず)。

 

さて、勝山市の市街地にも「カタクリの群生地」です。

 

場所は「エドヒガン桜」を紹介した「長山公園の入り口傾斜地」。

下にお墓が有るのですが、

どなたかが管理しているのでしょう。

公園は市役所かな?。

ほぼ手入れなしの自然体に見えますが、

今年も綺麗に咲き揃っています。

太陽を受けると「花びらを上にする」不思議な花「かたくり」。

「白色もまれにある」そうですが、

いまだ見たことありません。

借景は「エドヒガン桜」がまだ咲いています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ようやく満開の桜に一夜の雨... | トップ | 「勝山桜」近隣漫歩。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (優婆夷)
2019-04-10 19:39:22
こんばんは
白いカタクリは大野市宝慶寺の銀杏峰で見られます。
坐禅草もたくさん生える山なので見に行きたいですが、なかなかキツい山です。
ザゼンソウ見てみたい。 (tarpin)
2019-04-11 08:41:14
優婆夷様
毎々のご訪問ありがとうございます。
白いカタクリ・ザゼンソウも見てみたい花です。
銀杏峰、もう今の私には無理です。

写真ででも楽しんでみます。
勝山の向山にも白いカタクリわずか1本あると聞いていますが、行けない場所みたいです。

コメントを投稿

季節の便り(北陸、福井)」カテゴリの最新記事