tarpin翁のスローライフ

福井県奥越地方の季節たより、ガーディニングなど、
写真日記・・・そして・・・。

県下では比較的遅咲きの「勝山弁天桜」満開。

2019年04月15日 | 季節の便り(北陸、福井)

ようやく見ごろとなった「弁天桜」。

今、勝山市では一番の桜並木です・・・。

ところがその大半は60年以上は経った「ソメイヨシノさくら」、

本来50年と言われる寿命に達しているのでしょう。

日本の「さくら100選には漏れていますが」、

それなりの名所。

一目100本とはたくさんあるの意。

10年位前に市の観光課で聞いた時は650本だったのですが、

ここのところtv放送では400本とか。

いつの間にそんなに変化するのだろう、

担当部門では調査なんかした居ないのでは。

 

何処かの観光雑誌で、桜の名所の条件は、

滔々と流れる大河、借景に雪を冠った高山、堤防に連なる満開の桜、

願わくば木の根元や堤防に黄色い菜の花満開」だそうです。

ほぼ当地の桜もこの条件に合うのでは。

 

ここ10年来、両岸に作られた柱に

市民から寄贈された「鯉のぼり100頭」

が泳いでいます。

いい風情。

今、桜満開です、比較的気温が低いだけにまだまだ

見ごろは続きそうです。

『イベントニュース』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 「織田信長、祖先発祥地」探... | トップ | 私にとっては異次元の世界「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

季節の便り(北陸、福井)」カテゴリの最新記事