たろすけ大分・雑感日記

遠征中の花火画像は整理中です。
25日 はさま花火、26日 田主丸へいけるかな?
8/21 08:05 更新

北海道…番外編-2 宿泊ホテルについて

2005年06月20日 | 2005 北海道旅行
今回の北海道慰安旅行に際して2泊させてもらったホテル、北海道…4 でも書いたが、設備などについての感想です。

たろすけが宿泊したのはツインルーム。先輩と相部屋になったのだが、ベッド脇に2つあるスタンドのランプが切れていた。最初の夜、そのことに気がついたのだが特に差し障りがあるわけではないのでそのままにしておいた。ランプ切れというのは入室時、カードキーを差し込んだ時、部屋の電源が一斉に入った瞬間に起きることが多いからだ。2日目になってもそのままだったらフロントにクレームをつけるつもりでいた。
2日目の旅程が終わり帰ってみたら、ちゃんと電球が交換されていた(写真右上)。う~ン…。アタリマエと言えばそうだろうが、ちゃんとチェックしているものだと感心した。

最初の日、ホテルの夜景外観を撮った後、同室の先輩と遅くまで飲み、酔っぱらったこともあってそのまま寝てしまった。次の日の夜、寝間着を収納しているタンス?が、さりげなく半開きになっていた(写真右下)。収納している場所がわからないと思ってのホテル側の気遣いだろう…。一種の感動すら覚えた。

もう一つ、洗面設備について感心したことがある。それは洗面所にあるシャワールームだ。普通このテのホテルではバスタブに防水カーテンで仕切りってシャワーを利用する形式が一般的だ。しかしこのホテルではバスタブとは別にガラスドアで仕切られた独立したシャワールームがあったのだ(写真左)。透明なガラスで仕切られているから周囲の床は濡れないし開放的。油量も豊富で痛いくらいまでに強くできたほどだ。非常に実用的で便利に使わせてもらった。欲を言うならば湯の温度が自動で調整できるサーモ式の調節弁であったなら言うことなしだろう。

300室以上もあるというこのホテル、高い天井の芸術的とも言える落ち着いたエントランス、きちんとした対応の従業員、行き届いたメンテ、そのどれをとっても北海道旅行のよい思い出の助けになったことは間違いない。
関係者の皆様、ありがとうございました。

コメント (2)

北海道…番外編-1 ヨソ行きの服を新調!!

2005年06月20日 | 2005 北海道旅行
今回の慰安旅行に備えて何年ぶりかにヨソ行きの服を買った。

もうずいぶん前、熊本の姪ッ子が小さいころ『おじさん(たろすけ)は、いつ見ても同じ服…』と言われたことがある。その姪ッ子も中学生になって気を遣う?ように成長してからは、面と向かっては言わなくなったが、ココロの中ではそう思っていることだろう。そしてまわりにいる会社の仲間たちも・・

そうなんです。たろすけのヨソ行きはいつも作業着なのです。
慰安旅行だって会社の催しだってもう何年も同じ作業着で参加していた。フタのできる胸ポケットがある作業着は便利だし着やすいし動きやすいからです。
そんなたろすけが、ナニを思ったか今回の旅行を機にヨソ行きを新調した。… これはたろすけにとっつ“大事件” なのです。

たろすけが外出するとき、携帯、財布を兼ねたメモ帳、そしてペンは、どこに行くのにも必携品。だから必ずポケット、それもそれらが落ちないようにフタのあるポケット付きの作業着は必須なのです。
そういうわけでヨソ行きを“新調”するにあたり、やはり作業着。しかし作業着はいたく評判悪い。…んで、旅行1週間前の日曜日“作業着らしくない作業着”をさがして、作業着やさんを渡り歩いた。

そして行きつけの店に…。
店員さんに趣旨を告げると勧めてくれたのが黒の作業着! 『う~ン・・ 黒はねぇ』…と難色を示すたろすけに強く勧めてくれたのが写真の作業着。それでも黒に抵抗があり同じデザインの白系(薄いネズミ色)も買うことにした。

…で、ホンバン。…いや慰安旅行。
まず初日は無難?なねずみ色のヤツで・・ 特に周りの反応に変わりなし。
そして2日目。黒バージョンお披露目…。すると皆の反応が違う!! いたく評判がいい!!
ふだん知らん顔?の女子社員まで話しかけて来た!! 写真まで撮ってあげた!!

こうなれば今までのダサイ作業着は全部(数着だけど)捨てる~!
これからは黒を基調に着ようかなと思っているタンジュンなたろすけです。
もちろん作業着らしくない作業着で。

写真の女性は黒を勧めてくれた“陰の功労者”の店員さん、許可を得ての掲載です。
コメント

北海道…13 北海道場外市場

2005年06月20日 | 2005 北海道旅行
2泊3日の北海道旅行もいよいよ最後の行程となった。北海道の最後の土産物はここで間に合う! とばかり用意されている。右も左も北海道ならではの海の幸が満載だ。

写真上はバス駐車場から撮ったメインストリート。もちろんココだけではない。背後に市場があることもありひっきりなしに車がゆきかう活気あるところだった。下左の写真はどこを見てもカニ、カニ、カニ…。その物量にここが北海道であることを伺わせるに十分だ。

上左端の写真はたろすけたちが最初に立ち寄った店。たろすけもお世話になった。ちなみに下、右端の写真は市場の町らしく威勢のいいおばちゃん! 買い込んだ土産の配送手続きをしてもらいました。店長も撮らせてもらいましたがスペースの関係でボツ…ごめんなさい。

下、真ん中の写真はその代表的なタラバカニ。迷ったらコレ!…と言われてもこちらにも懐の都合がありまして…(^_^;) その下の青い甲羅のタラバガニは値段が付けられないほどの珍しいカニだそうで、もちろん非売品。快く撮らせてくださった店員さん。ありがとうございました。

この後、千歳空港から大分へ・・ 楽しい北海道旅行だった。

●番外編を追加するかも? 

コメント

北海道…12 大倉山ジャンプ台

2005年06月20日 | 2005 北海道旅行
北海道旅行最終日となり、あの長野オリンピックの感動の舞台となった大倉山ジャンプ台だ。早速リフトにてそのスタート地点まで上る。テレビで見るのとは大違い!! その高低差、急斜面のコースに驚く。

写真上はそのスタート地点を入れて札幌市内を望む。凡人にとってはこのすばらしい眺望を楽しむだけが精一杯、こんなところから滑降するなんてたろすけにとっては自殺行為に等しい!! かの選手たちの活躍の記憶がよみがえる…。

写真下左はリフトで上るところを上から撮影。これだけでも足がすくむ思い。命がけ?で撮影を敢行。その右の写真は降りるところ。オトコばかりとってもサマにならないので3人の女子社員をモデルに撮影を敢行したが…。アップの写真はHPへの許可が得られなかったのでこの写真を掲載。はて… みなさんわかりますかぁ?
コメント

北海道…11 JRタワー38からテレビ搭方向の夜景

2005年06月19日 | 2005 北海道旅行
前の北海道旅行報告で夜景写真が好評だったのことに気をよくしてもう一枚。
札幌テレビ搭方向の夜景写真です。
今回の旅行を機会に購入した超広角レンズ、そして汎用の中望遠レンズを使ってアップしたテレビ搭の夜景写真です。
やはり札幌テレビ搭は北都札幌のシンボルですよね。(^o^)
コメント